名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

広瀬経一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

広瀬経一のプロフィール

広瀬経一、ひろせ・けいいち。日本の銀行家、官僚。「北海道拓殖銀行」頭取・会長。香川県出身。京都帝国大学卒業後、大蔵省に入省。神戸税関長などを務めたのち、拓殖銀行に移る。副頭取を経て頭取・会長を務めた。そのほか、札幌商工会議所会頭、北海道商工会議所連合会会頭などを務めた。

広瀬経一の名言 一覧

私の考える頭取の三つの条件とは、第一に私欲がないこと。第二に内剛外柔の人であること。そして第三に最低十年以上頭取を務められる若い人であることである。【覚書き:頭取辞任にあたって後継者の条件を語った言葉】


広瀬経一の経歴・略歴

広瀬経一、ひろせ・けいいち。日本の銀行家、官僚。「北海道拓殖銀行」頭取・会長。香川県出身。京都帝国大学卒業後、大蔵省に入省。神戸税関長などを務めたのち、拓殖銀行に移る。副頭取を経て頭取・会長を務めた。そのほか、札幌商工会議所会頭、北海道商工会議所連合会会頭などを務めた。

他の記事も読んでみる

高橋重幸(経営者)

ワンフロアで私も含めた全スタッフの作業が出来る環境に変えました。社長室をガラス張りにしたので、全スタッフの作業が見渡せて、全スタッフからも社長室が丸見えです。会議室もガラス張りで通路から丸見えになっています。その結果、社内全体の規律が統一され、ムリ・ムダ・ムラも一掃することができました。


月岡隆

バブル崩壊後、有利子負債が2兆円を超え、大手自動車、流通と共に「2兆円クラブ」と呼ばれながら、出光だけが自力再生したのは、バランスシートに表れない人の力による。


島田荘司

『ギリシャの犬』にある「結婚するなら犬の方がいい」っていう御手洗のセリフは、女性ファンにずいぶん受けましたね(笑)。同人誌にもよく取り上げられていました。こちらの考えでは吉敷シリーズは女性向け、御手洗シリーズは男性のマニア向けだと思っていたんだけど、蓋を開けてみるとまるで正反対で、分からないものだと思いました。


出口治明

真のリーダーとは、「志」「共感力」「統率力」の3つがある人。一言で言えば、自然に人がついていきたい気持ちになるような人。それが、リーダーの条件。


八木洋介

LIXILグループ社長の藤森義明は、さまざまな案件をあっという間に処理していく。「待ってくれ」といわれたためしはない。その域に達するには、若い頃から「自分が立つ!」という覚悟で前のめりに仕事に取り組んでいなければならない。いくら一生懸命にやりましたといっても、命じられたことや、与えられた仕事をその通りにこなしているうちはダメである。社長になりたいなら、「私の会社」「私のLIXIL」という強い当事者意識を持ち、ときに上司に意見しながら、失敗を恐れず判断力を磨いていくしかないのである。


古森重隆

社長就任後、2年ほどかけて技術部門のトップ数人と技術の棚卸しをやりました。当社が持っている技術のうち競争力のあるシーズ(種)は何か、それをどんな市場や商品に応用すべきなのかを洗い出しました。その中から医薬や化粧品といった考えが生まれました。


武野龍

一番大事なことは「継続」。継続していくためには、今やっていることをどう受け継ぎ、どう形を変えていくのか。これからどういうお客さまと結び付いていくのか。


福澤武

20世紀の後半、日本は経済的に成功して、日本的システムが構築されました。それでいい気になってしまいました。バブルがはじけ、グローバリゼーションの波が押し寄せて初めて「世界」に気が付いたのではないでしょうか。それまでありえなかった金融機関の破たんが起きた1997年秋を機に、社会的大変動が起こったと見ています。このときに日本の戦後体制が決定的に崩壊したのだと思います。


菅野智之

試合前は常にプレッシャーを感じますよ。シーズン中に好成績を残しても、大事な舞台で試合を壊してしまえば、悪い印象が残る怖さもありますから。


荒濱一

「稼げる脳」の持ち主は、時間ではなくアイデアを売ってお金を得ています。そのために、人に任せられる仕事は任せて、事業を考え出す時間を確保するのです。また、ある業界で成功した事業を他業界でも応用するなどしてビジネスを増殖させ、「収入の複線化」を図るケースも多いですね。


金田一秀穂

自分を「頑張れる奴」と定義して歯を食いしばるか。それとも「バカ」と定義して甘えるか。どちらが人を伸ばすかは明らか。だから、言葉を発する時は、それが「プラスになるのかマイナスになるのか」と、一歩引いて見る目を養うことが、とても大切。


仲村トオル

いつも、まず台本をいただいたら「こういう人物で演じたらどうだろう」とキャラクターをイメージして読み進めます。途中で「このキャラクターではこれ以上進めない」と感じたら、また別の人物を思い浮かべ、最初から台本を読み直す。一回でキャラクターを掴めることもあれば、なかなかスムーズにいかないときもあります。