広瀬経一の名言

広瀬経一のプロフィール

広瀬経一、ひろせ・けいいち。日本の銀行家、官僚。「北海道拓殖銀行」頭取・会長。香川県出身。京都帝国大学卒業後、大蔵省に入省。神戸税関長などを務めたのち、拓殖銀行に移る。副頭取を経て頭取・会長を務めた。そのほか、札幌商工会議所会頭、北海道商工会議所連合会会頭などを務めた。

広瀬経一の名言 一覧

私の考える頭取の三つの条件とは、第一に私欲がないこと。第二に内剛外柔の人であること。そして第三に最低十年以上頭取を務められる若い人であることである。【覚書き:頭取辞任にあたって後継者の条件を語った言葉】


広瀬経一の経歴・略歴

広瀬経一、ひろせ・けいいち。日本の銀行家、官僚。「北海道拓殖銀行」頭取・会長。香川県出身。京都帝国大学卒業後、大蔵省に入省。神戸税関長などを務めたのち、拓殖銀行に移る。副頭取を経て頭取・会長を務めた。そのほか、札幌商工会議所会頭、北海道商工会議所連合会会頭などを務めた。

他の記事も読んでみる

山田邦雄

既に競合がひしめいている国に出ていくことはしません。まだ日本の製品がほとんど出回っていない市場では、スタートラインはほかの大企業と同じですから、ロートが活躍できる場もたくさんあると考えています。


リンダ・グラットン

私は社会学、心理学、人類学、経済学など幅広いジャンルの本を1年間におよそ100冊読んでいます。本選びの基本は、「書評を読んで興味の湧く本」「本に出ている面白そうな参考文献」「世界中の友人から聞いて興味を持った本」の3つです。関心を持っている著者の本はすべて読むようにしています。


小山昇

残業を削減すれば、賞与が増える仕組みを取り入れました。すると、社員たちはこぞってみずから業務改善を図るようになりました。当初、月に平均76時間あった残業時間は、現在17時間。コールセンターは残業ゼロです。成果が出ていないのなら、出るような仕組みに変える。至ってシンプルですが、それが社長の仕事です。


池上遼一

自分の亜流が出てくるということは、それだけ自分の作品が認知されて有名になったということ。


仲代達矢

教育って、とても素晴らしいですね。難しいから今もやっていられるのかもしれませんね。植木鉢にタネを入れて芽が出てくるのを待つようなものです。3年間教えたけれどなかなか成長しない。ところがある瞬間にぱっと芽が出ると、すごくうれしいんです。


松田譲

社外からの指摘に耳を傾ける姿勢の重要性は、現場組織でも同じです。閉塞感にさいなまれ、ややもすれば企業組織は内に閉じこもりがちです。耳の痛い意見はできるだけ排除しようとするし、文字通り聞く耳を持たない社員が増えてしまう。けれども、それでは組織は成長しないし、活力も生まれません。


江上治

真面目な人は、すべての仕事に全力投球し、疲弊してしまい、結局、大事な仕事も疎かになってしまう。悪循環にはまってしまうことが多い。要は、人生にメリハリが効いていないのである。


藤田晋

批評家の立場に回れば、相手の事情を鑑みずに、「正しさ」だけを一方的に主張して相手をねじ伏せられるので、とても気分がよくなります。そうして得た自己陶酔感は、歪んだプライドを生み、麻薬のように人を狂わせていきます。人は、楽な逃げ道を覚えてしまうと、厳しい現実に向き合うことができなくなります。そうなると、困難に立ち向かわなくなり、ビジネスパーソンとして終わりを迎えます。


佐藤康博

1日の中で非常に大事にしているのは、通勤のクルマの中での時間です。行き帰りの約3時間は思索の時間です。行きはシミュレーション、帰りはレビューの時間と位置付けています。行きはマクロ、ミクロを含めてケースを想定し、大きなテーマについては頭の中にデシジョン・ツリーを描き、「このケースはこう、あのケースならこう」と思索を深めます。帰りは1日の仕事を振り返り、新たに入手した情報やそこから浮かび上がってきた課題を整理します。


麻野進

酒の席でのグチやクダ巻きは要注意です。昔と違ってアルコールを無理に勧めるようなことがなくなったので、出席者の2割ぐらいは素面と思っていい。そんな場所でうっかり失言をした場合、昔のように「あれは酒の席のことだから」と流してもらえなくなっているのです。


フィリップ・チェスターフィールド

相手の本心を知りたければ、相手の顔をじっと見つめることだ。表情を見ていると、言葉の意味がつかみやすくなる。


林浩喜

ありがたいことに多くの人に出資してもらったんですが、その分、出資者の間で利害がぶつかるケースも多かった。出店を計画するときも、Aさんはコスト優先、Bさんは立地優先、Cさんは工事優先のようになかなかまとまらない。社内の意思決定の場で、社長の僕がひたすら調整役に回る。そんな会議が続く中で、ふと、なんのために起業したんだろうって考えたんです。僕はベーグルを日本中に広めたくて起業したんです。それなのに、夢をかなえる選択肢よりも、みんなの落とし所を探す毎日……。もう自分の意見を言おうと腹をくくりました。ベーグルを1番わかっているのは僕なんだから、自分の思う方向に進もうと決めたんです。迷いが消えたら、言葉にも説得力が出て、相手も納得してくれました。


城繁幸

今後、働く個人が持つべきものの第一は、「明確なキャリアデザイン」だ。「何でもやります」はダメ。「こういうキャリアにしたいからこの仕事に手を挙げます」というビジョンが必要になる。


吉田松陰

同じではない人を同じにしようなどとせず、いわゆる、その人の優れた才能を育てることに努めるべきである。


田中良和(GREE)

アップルを見ていつも思うことがあります。彼らは突然、「iPod」のようなイノベーティブな製品を生み出せたわけではありません。パソコンを作り、OSを作り、ブランドのイメージを作り、サプライチェーンがあって、それらを支える優秀なエンジニアがいる。過去の蓄積があって、初めてiPodや「iPhone」というアイデアを生かせる時代を迎えたと思います。


ページの先頭へ