名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

広中平祐の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

広中平祐のプロフィール

広中平祐、廣中平祐、ひろなか・へいすけ。日本の数学者。数学の世界的賞フィールズ賞を日本で2番目に受賞した人物。京都大学理学部で修士号取得、ハーバード大学で博士号取得。特異点解消の研究でフィールズ賞受賞。コロンビア大学教授、ハーバード大学教授、京都大学教授。数理科学振興会理事長。富士フィルム、日興証券のCMに出演した

広中平祐の名言 一覧

知識とか経験の蓄積というのは怖いものです。発想の壁を作ってしまい、自由な考え方ができなくなってしまう。自分でも気づかないうちにだんだん周りが見えなくなっていき、若い芽を摘んでしまう。ベテランが絶対にやってはいけないことです。


出身地である山口に「やんがやあ」という言葉があります。どんな失敗や不幸に遭っても、済んでしまったことはあとで地団駄踏んでも仕方がない。悲嘆に暮れず、前に進めというような意味です。ド田舎から出てきた私に根性を与えてくれた言葉です。


コロンビア大学にいたころ、メキシコ出身の数学者がいました。とても真面目な人物でしたが、お世辞にも数学のレベルが高いとは言えません。ところが、あるとき、一流の数学者が束になっても解けなかった超難問を簡単に解いてしまったのです。皆、びっくり。ベテランが気付かなかった盲点を突く見事な着想でした。


私自身、ベテランの仲間入りをして見えなくなったものがたくさんあるでしょう。肝に銘じているのは、後輩をディスカレッジ(意欲を削ぐことを)するようなベテランにはなるまいということです。「面白いじゃないか、やってみろよ」と言えるポジティブなベテランであり続けたいと思っています。


数学の世界でもビジネスの世界でも、秀才ばかりでは成り立ちません。元気のいい「落ちこぼれ」が時々思いもよらない大きな仕事をなし遂げることがあるんです。


当時、ハーバード大の担当教授からは「歯を大事にしておけ」とよく言われたものです。歯を食いしばって頑張っても、簡単には解けないよという意味です。でも、自分なりにいろんな道具を作って何とか解いてやろうと。熱意だけが私の頼りでした。


独創のコツは第一に結果がどう出るかわからないのにコツコツ努力を続けること。第二はここ一番という時に打って出ていく勇気、博打根性といってもよい。この両方がないとせっかく持っている力も出し切れない。


広中平祐の経歴・略歴

広中平祐、廣中平祐、ひろなか・へいすけ。日本の数学者。数学の世界的賞フィールズ賞を日本で2番目に受賞した人物。京都大学理学部で修士号取得、ハーバード大学で博士号取得。特異点解消の研究でフィールズ賞受賞。コロンビア大学教授、ハーバード大学教授、京都大学教授。数理科学振興会理事長。富士フィルム、日興証券のCMに出演した

他の記事も読んでみる

宇都出雅巳

お金に対する嫌悪感や恐怖心を持っている人は、お金が貯まると不安になります。無意識のうちに散財して、手元のお金をなくしてしまう。そのからくりに本人はまったく気づいていません。


海老一宏

中高年の転職市場では「書類さえも通らない」という声をよく聞きます。その多くは、案件ごとに書き換えていないのが原因。応募するのがどんな会社で何を求めているのかにより、書類は調整する必要があるのです。


鈴木貴博(コンサルタント)

知識の幅を広げるポイントとしては、他業種の事例、エンターテイメントやスポーツなどビジネスとは別の世界の事例、外国の事例にアンテナを張ることです。とくに、ヨーロッパや新興国について知っておくのがお勧めです。日本と米国のことはよく知っている人が多いのですが、ヨーロッパや新興国についてよく知っている人は少ないからです。


山本大介(経営者)

それまでは商品カタログを持って「有田焼はいかがですか」と声をかける営業方法でした。そんな私の姿を見て、ある方が「あなたはモノづくりの営業をやっていない」とおっしゃった。商品その物には自信がある。でも、思うような成果が出ない。それならば、商品や会社の差別化を図るだけでなく、営業スタイルも競合に対して差別化しなくてはいけないことに気づかされました。


宇佐美進典

私は経営者としてもまだまだ未熟。周りを見渡せば力のある経営者は沢山います。常に自分の課題を認識して、努力しなければ成長できない。社長である私が成長しなければ、企業の成長もない。そう肝に銘じています。


福井威夫

創業者本田宗一郎の時代から「現場・現物・現実」の三現主義に徹してきたホンダでは、現場で仕事を通して学ぶことが求められます。私も入社したときからその洗礼を受けました。社長職にあった本田さんは毎日のように現場にやってきては問題点を見つけ、我々に宿題を出していきました。「こんなの可能なのか」と思えるような難題です。次の日もやってきて、解決できていないと、「まだやっているのか、バカ野郎」と怒鳴られる。毎日が必死でした。


サラ・カサノバ

「ボードルーム(役員室)からクルールームヘ」を合言葉に、経営幹部の思う戦略や理念をお客様と直接触れ合うクルーにまで伝え、浸透させていくことに力を注ぐ。


香山誠

上場後も成長できる素地をしっかり作らないと、上場してから身動きが取れなくなる。


若林久

駅の開発や連続立体交差事業を契機とした沿線のまちづくりなど、沿線の魅力向上は鉄道会社だけでやるには限界があり、地域のみなさんとの連携、地域との共生が大事だと思っています。そういう思いに至ったのは、4年以上前ですが、サーベラスとの一時的な対立がきっかけです。路線の維持存続などが俎上にあがり、緊張関係が高まった時期がありました。あの時、ご利用いただいている皆さんや、沿線自治体や関係機関にものすごく応援していただき、あの難局を乗り越えることができました。その時、あらためて鉄道会社にとっては、地域との連携、地域との共生が一番大切だという思いを強くしました。


上西京一郎

ほかのテーマパークと競合し、お客様を取り合うことはない。むしろ、上海圏の3億人にディズニーの魅力を感じてもらうことは、我々に対しての興味関心にもつながる。マーケットが広がることは歓迎だ。

【覚え書き|USJや上海ディズニーランドについて】


北條真之

自分の夢に対する渇望があったからこそ、いろんなアイデアが生まれてきました。頭の中に思い描けたことはすでに実現に向かって動き出しているんです。するといろんなチャンスが自然に自分の周りに現れて来るんです。


池本慶且

水に関する素人だからよかったのかもしれません。慣例にとらわれることなく、安心で安全な水、命や環境を守るための水、つまり、人助けになるような「世界になくてはならない水を創る」その一心で商品の開発、改良を重ねました。