名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

平野香奈絵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

平野香奈絵のプロフィール

平野香奈絵、ひらの・かなえ。日本の美容・医療専門美容家。「Mycell」代表。津田塾大学英文科卒業後、リクルート、トレンダーズなどを経てMycellを設立。

平野香奈絵の名言 一覧

大学卒業後はリクルートに入社しました。母が化粧品販売の会社を経営していた影響もあって、私は幼い頃から将来は独立して美容分野でビジネスをやりたいと考えていました。それで、独立のサポートをしてくれる会社が良いなと思って、リクルートへ入社したのです。


私は中学生まで地方の田舎で育ちました。転機となったのは14歳でオーストラリアに留学したことです。向こうで4年弱、ホームステイをしながら勉強したのですが、当初は文化の違いによる慣れない生活やコミュニケーションをとるのに苦労しました。


一言で美容と健康分野といっても、当社のクライアント様は化粧品メーカー、健康食品メーカー、製薬会社など、幅広い業種の方たちなんですね。ですから、様々なご依頼に対して、私たちが企画段階から入ることで、共により良いものをつくっていこうと考えています。


企業のある商品に対して複数の医師にサンプリング調査や評価をしたり、商品に対して医学的根拠を持って解説することで、より消費者に対して分かりやすくなり、商品の権威づけや裏付けにもつながります。また、情報が溢れる現代社会において、信憑性の向上につながるのです。


リクルートでの仕事は楽しかったし、本当にいい勉強をさせていただいたので、理想的といえば理想的だったのですが、あまりにも忙しくて……。3年半、営業でとにかく鍛えられました(笑)。


きれいになりたい、健康でいたいという願望は言葉の要らない世界共通の価値だと思います。女性だけでなく、男性も同様に思っている人は多いはずです。かつての私のように肌の悩みで困っている人は多いと思うので、私がそうした悩みを持つ人たちと、それを解決してくれる企業や先生をつなぐことで、一人でも多くの人たちのお役に立てたらと思っています。


私はお医者さんの中でも特に美容皮膚科の先生や美容外科の先生はすごいなと思っていましたから、先生方がメディアに出るお手伝いをするとか、企業と連携をサポートするとか、そういうお手伝い業としてのプラットフォームを構築することが使命ではないかと。誰もやっている人がいないのであれば、私がやろう。そう考えて、独立しました。


あの頃(リクルート時代)は仕事が忙しいので、不規則な生活が続き、にきびも出るし、肌荒れがすごくて悩んでいたんです。そこで美容クリニックを紹介してもらい、治療したら、見違えるほどツルツルのお肌になりました。肌の悩みは大学生くらいからずっとあったので、本当にすごいなと思いました。人生が変わったといっても過言ではないほどの衝撃でした。そこで思ったのが、同じような悩みを抱える女性は多いですから、美しくなりたいと願う多くの女性に私の経験を伝えることはできないかと。そう考えて、将来は美容業界でも、特に「美容医療」の世界に特化して携わろうと決意しました。


当社は美容と健康分野に特化した医師のキャスティングサービスを行っています。たとえば、セミナーやイベントで登壇してくれるお医者さんを探している時、あるいは企業が開発した商品やコンテンツ、技術などへの監修やコメントでの解説提供を必要としている時、または、KOL(製薬企業の販売促進に影響力を持つ専門家)やインフルエンサー(ネット上で社会に大きな影響を及ぼす人)としてお医者さんに出演を頼みたい時など、クライアント様のご要望にあった最適なドクターをキャスティングしています。


私は美容クリニックに出会ったことで、自分の肌の悩みが劇的に改善しました。ですが、ほんの10年くらい前の美容クリニックって、「私通ってます」ということが言えない世の中の風潮がありました。悪いことをしているわけではないのに、なぜか人に言えず、隠れて行動しているような空気があったんです。これは昔ほどではないにしろ、今も同じような空気はあると思うんです。私はそうした世の中の空気を変えたい。美容医療の世界は、昔から悩み、コンプレックスだったものを解決してくれる有難い存在です。困りごとを解決してくれて喜んでいる人がいるんですから、何でコソコソしなきゃいけないのかと思うんですね。でも、これは医師の方が言ってもあまり説得力はないのではないかと。あくまで患者目線・消費者目線で発信していかないと、説得力がなく、純粋に美容医療が飛躍的に広がらないのではないかと思ったのです。


約100名の方に所属してもらっています。具体的には、美容皮膚科医、美容外科医、歯科医師、内科医、医学博士の先生や学会理事長の先生などが所属しており、独自のネットワークを形成していること、また約7割以上が院長先生ということが強みです。テレビへの出演やセミナーの講演をお願いしようと思っても、どんなお医者さんがいて、どうやってお願いしていいのか分からない人って多いんですね。そういう時に企業やメディアへの橋渡しをするのが私の役目です。テレビ番組の企画段階から入って、番組の意向にあったお医者さんをキャスティングさせていただいたこともありました。


平野香奈絵の経歴・略歴

平野香奈絵、ひらの・かなえ。日本の美容・医療専門美容家。「Mycell」代表。津田塾大学英文科卒業後、リクルート、トレンダーズなどを経てMycellを設立。

他の記事も読んでみる

アンドリュー・カーネギー

人間は、優れた仕事をするためには、自分一人でやるよりも、他人の助けを借りるほうが良いものだと悟ったとき、その人は偉大なる成長を遂げるのである。


山口純史

リーダーシップとは、自分でこうするんだという意志力だと思っています。だから、あとはブレないことです。夢を語り、正直であり、みんなの前で逃げない。逃げないで、つらいことをどんどん決めていくのがマネジメントです。もう僕自身はすごく腹をくくれているので、全然気にしないでやっています。


森川亮

失敗したから今がある。失敗したからこそ、チャレンジできた。


野口功司

顧客志向のサービスを提供しながら、教育の振興に寄与したい。民間企業の立場から国力強化を推進することが私の夢です。


村上恭和

低迷が続いていた日本の卓球界には、世界で戦える選手の育成が必要でした。大きなきっかけとなったのは、小学生の全国大会を作り、小さいうちから各都道府県の代表として競い合うようにしたことです。この階段を一歩ずつ上ってきたのが福原(愛)で、「次は自分だ」という選手が後に続きました。


アルバート・アインシュタイン

昨日から学び、今日を懸命に生き、明日への希望を持て。大切なことは問うことをやめないことだ。


沼田博和

「業務スーパー」でフランチャイズの仕組みを利用したのは、自社製品や安く大量に仕入れた商品を捌くための売り場を素早く確保するのと、購買力を高めて、さらに仕入れコストを引き下げるためです。これを直営展開だと資金や人手の問題からスピード出店がなかなかできませんが、フランチャイズであればこれが可能になります。在庫に合わせて売り場を増やす、これが我々の事業戦略というわけです。


保木将夫

会社の運営に関して、私は直接費と間接費の割合は9:1が適正だと考えています。業種に関わらず、普通は7:3が一般的です。私の計算では、7:3と9:1では30数%も利益が違ってくる。要するに原価が3割安くなる。これだけ違うとかなり優位に立てます。


名越康文

心の浮き沈みは多かれ少なかれ、誰もが経験すること。しかし、それが仕事に支障を来すほどになれば問題。こじれる前に自分でケアすることが大切。


西山知義

実は創業当時と比べると、客層が変わってきたんです。当初は若者や女性が主なターゲットでしたが、チェーン展開後は、家族のお客様が増加しました。そうなると、特定部位のこだわり肉など、スパイクの立ったメニューだけではインパクトを出しづらい。それぞれの客層のニーズに合わせたメニューをきめ細かく開発していかないと、外食産業では生き残れなくなっています。


鈴木茂晴

今の時代に、「女性が戦力でない」という会社はないはずだ。母親が保育園に間に合わないような働き方は持続的ではない。時間内に必ず仕事を終えなければいけないのだ。そこからはみ出して業務を続けることは、不正をしているも同然だ。


小西利行

デジタル化が進み、紙とデジタル、どちらにするか悩んでいる人もいると思います。私はデジタルのメモよりも、紙のメモのほうが優れていると思っています。なぜなら手書きにすると、労力を避けようと無意識のうちに情報を凝縮しようとするので、自然と精度の高い情報を残すことができるから。またグラフなど、視覚的なイメージもパワーポイントなどでつくろうとすると手間がかかりますが、簡単なグラフや人型に吹き出しをつけるのは、手書きならすぐだし、誰が見てもわかりやすいのです。