平野香奈絵の名言

平野香奈絵のプロフィール

平野香奈絵、ひらの・かなえ。日本の美容・医療専門美容家。「Mycell」代表。津田塾大学英文科卒業後、リクルート、トレンダーズなどを経てMycellを設立。

平野香奈絵の名言 一覧

大学卒業後はリクルートに入社しました。母が化粧品販売の会社を経営していた影響もあって、私は幼い頃から将来は独立して美容分野でビジネスをやりたいと考えていました。それで、独立のサポートをしてくれる会社が良いなと思って、リクルートへ入社したのです。


私は中学生まで地方の田舎で育ちました。転機となったのは14歳でオーストラリアに留学したことです。向こうで4年弱、ホームステイをしながら勉強したのですが、当初は文化の違いによる慣れない生活やコミュニケーションをとるのに苦労しました。


一言で美容と健康分野といっても、当社のクライアント様は化粧品メーカー、健康食品メーカー、製薬会社など、幅広い業種の方たちなんですね。ですから、様々なご依頼に対して、私たちが企画段階から入ることで、共により良いものをつくっていこうと考えています。


企業のある商品に対して複数の医師にサンプリング調査や評価をしたり、商品に対して医学的根拠を持って解説することで、より消費者に対して分かりやすくなり、商品の権威づけや裏付けにもつながります。また、情報が溢れる現代社会において、信憑性の向上につながるのです。


リクルートでの仕事は楽しかったし、本当にいい勉強をさせていただいたので、理想的といえば理想的だったのですが、あまりにも忙しくて……。3年半、営業でとにかく鍛えられました(笑)。


きれいになりたい、健康でいたいという願望は言葉の要らない世界共通の価値だと思います。女性だけでなく、男性も同様に思っている人は多いはずです。かつての私のように肌の悩みで困っている人は多いと思うので、私がそうした悩みを持つ人たちと、それを解決してくれる企業や先生をつなぐことで、一人でも多くの人たちのお役に立てたらと思っています。


当社は美容と健康分野に特化した医師のキャスティングサービスを行っています。たとえば、セミナーやイベントで登壇してくれるお医者さんを探している時、あるいは企業が開発した商品やコンテンツ、技術などへの監修やコメントでの解説提供を必要としている時、または、KOL(製薬企業の販売促進に影響力を持つ専門家)やインフルエンサー(ネット上で社会に大きな影響を及ぼす人)としてお医者さんに出演を頼みたい時など、クライアント様のご要望にあった最適なドクターをキャスティングしています。


私はお医者さんの中でも特に美容皮膚科の先生や美容外科の先生はすごいなと思っていましたから、先生方がメディアに出るお手伝いをするとか、企業と連携をサポートするとか、そういうお手伝い業としてのプラットフォームを構築することが使命ではないかと。誰もやっている人がいないのであれば、私がやろう。そう考えて、独立しました。


あの頃(リクルート時代)は仕事が忙しいので、不規則な生活が続き、にきびも出るし、肌荒れがすごくて悩んでいたんです。そこで美容クリニックを紹介してもらい、治療したら、見違えるほどツルツルのお肌になりました。肌の悩みは大学生くらいからずっとあったので、本当にすごいなと思いました。人生が変わったといっても過言ではないほどの衝撃でした。そこで思ったのが、同じような悩みを抱える女性は多いですから、美しくなりたいと願う多くの女性に私の経験を伝えることはできないかと。そう考えて、将来は美容業界でも、特に「美容医療」の世界に特化して携わろうと決意しました。


私は美容クリニックに出会ったことで、自分の肌の悩みが劇的に改善しました。ですが、ほんの10年くらい前の美容クリニックって、「私通ってます」ということが言えない世の中の風潮がありました。悪いことをしているわけではないのに、なぜか人に言えず、隠れて行動しているような空気があったんです。これは昔ほどではないにしろ、今も同じような空気はあると思うんです。私はそうした世の中の空気を変えたい。美容医療の世界は、昔から悩み、コンプレックスだったものを解決してくれる有難い存在です。困りごとを解決してくれて喜んでいる人がいるんですから、何でコソコソしなきゃいけないのかと思うんですね。でも、これは医師の方が言ってもあまり説得力はないのではないかと。あくまで患者目線・消費者目線で発信していかないと、説得力がなく、純粋に美容医療が飛躍的に広がらないのではないかと思ったのです。


約100名の方に所属してもらっています。具体的には、美容皮膚科医、美容外科医、歯科医師、内科医、医学博士の先生や学会理事長の先生などが所属しており、独自のネットワークを形成していること、また約7割以上が院長先生ということが強みです。テレビへの出演やセミナーの講演をお願いしようと思っても、どんなお医者さんがいて、どうやってお願いしていいのか分からない人って多いんですね。そういう時に企業やメディアへの橋渡しをするのが私の役目です。テレビ番組の企画段階から入って、番組の意向にあったお医者さんをキャスティングさせていただいたこともありました。


平野香奈絵の経歴・略歴

平野香奈絵、ひらの・かなえ。日本の美容・医療専門美容家。「Mycell」代表。津田塾大学英文科卒業後、リクルート、トレンダーズなどを経てMycellを設立。

他の記事も読んでみる

仲吉昭治

目標や夢を掲げましょう。そして、あとは「無の心」で突っ走ればいい。進んでいけば、横槍が入ってきますが、それを意識したら、目標を達成できない。


和田秀樹

途中で勉強を放り投げてしまえば、いままでやったことが無になってしまい、取り戻すためには休んでいた期間以上のリハビリが必要だ。はじめた以上は、毎日ちょっとずつでも続けることである。努力が実って成果を手にしても、そこで満足しないで次の目標を見つけてチャレンジすると言ったことが必要だ。


笑福亭笑瓶

人生間違いだらけ、間違いなし。人生なんて、間違いだらけなんです。でも、それが人生なんで、間違うために生きているというか、間違うことが人生で、そこから修正していくのも人生なんじゃないですか。


小倉昌男

成功するために必死に勉強したり、努力したりすることが大事。若い人は高い志を持って、一生懸命努力してほしい。


柴田和子(セールス)

「人にしてもらうときは八分(はちぶ)。人にしてあげるときは十二分に」という母の教えを胸に、人のためにできることは、どんな小さなことでも全力で取り組んできました。


サシン・シャー

鍵を握るのが、「サイエンス」の視点を重視した戦略。日本での営業開始以来培ってきた当社のノウハウをベースに、各種データやお客さまの声、行動をより徹底的に分析して、マーケットに即した革新的な価値を提供し続けていく必要がある。


安田佳生

先に高い給料を払えば社員のモチベーションが上がり、仕事も頑張ってくれると思ったのですが、理由もなく高すぎる給料を最初に払うと、人間ってダメになるんだと実感しました。すぐに高給に慣れて当たり前になってしまう。


中山幸市

問題は、名もない太平住宅に、果たして加入申込者が現れてくれるかどうかだった。事実、過去の実績を示そうにも、建築した家のサンプルがないし、客は「金を払っても、本当に家を建ててくれるのか」と二の足を踏むのが多かった。結局、それを打ち破ったのは、セールスと宣伝であった。はじめの1、2軒が建築されたところで、これを客に見せ、契約をとる。その契約で完成した家をまた次の客へ……。こうして、建築の実績と宣伝の循環方式で加入申込者を開発していった。


北尾吉孝

経営者に限らず、人の長たるものは徳性豊かである必要があります。徳を言い換えれば、人間的魅力と言ってもいいでしょう。徳の高い人のまわりには同じように徳の高い人が集まってきます。自分が必ずしも才溢れる必要はないのです。むしろ徳性を豊かにして、徳の面では人に勝っている方がいいと思います。


堀場雅夫

堀場製作所の社是は「おもしろおかしく」。人間、好きなことをやっていれば集中力は高まるし、そういう人が集まる会社は結果として皆が、仕事と休暇、メリハリのある生活が送れるようになる。


村田昭治

人間はマスであり、それが市場だと思いこんでおられる方も少なくない。そんなとき、一つひとつの個の集まりがマーケットを形成するのではないか、生活者である買い手と供給する側が一緒になって価値を創造していくことが大事ではないかと申しあげている。


清水喜彦

伸びる人材には絶対条件があると思っています。まず、好奇心が強いこと。大体、失敗は手抜きと思い込みでおかすもの。これをなくすには、これでいいのか、あのやり方は違ったなと、あれこれ好奇心のある人の存在が大事。


三木雄信

行動を起こせば、失敗のリスクも生まれます。失敗を恐れて行動しない人もいますが、行動することで「できること」を見つけ、それを積み重ねていくことでしか成功に近づくことはできないのです。


鈴木義幸

人間が変化を遂げる動機のもとには、「何かを手に入れたい」とか、「何かを失いたくない」という強烈な欲求があります。別の表現をすれば「ポジティブ追求型」か「ネガティブ回避型」のどちらかですが、すべての動機の源泉は欲求にあります。この源泉を大切に扱うことが、将来的なビジョンを描くためには必要です。


吉田松陰

何もせずに機会を失ってしまうのは、人の罪である。


ページの先頭へ