平野友朗の名言

平野友朗のプロフィール

平野友朗、ひらの・ともあき。日本のメールコンサルタント。北海道出身。筑波大学人間学類で認知心理学を専攻。卒業後は広告代理店勤務を経て、コンサルティング会社アイ・コミュニケーションを設立。主にメールやメールマガジンに関する書籍を多数執筆している。また、メールマガジンのコンサルティングなどを行っている。ビジネスメールマナー推進協議会会長。

平野友朗の名言 一覧

効率的に大量のメールを処理するポイントは、「読む回数」と「書く時間」を減らすこと。


SNSでの書き方について、私は「満員電車の中で話せる内容にとどめてください」とアドバイスをしています。ネット上も公共空間です。大きな声で、他人の悪口を言うことは控えましょう。


メールのマナーという観点では、返信のタイミングも重要。すぐに結論が出せない場合でも、何らかの返信を24時間以内に出しておいたほうが、相手は安心します。


誤解を避けつつ、できるだけわかりやすい書き方を考える。それは、あらゆる仕事に求められる能力です。しっかりしたメールを書ける人は、仕事の段取りもしっかりしているはず。


メールを会話をするように使いこなすためには、メリットとデメリットを知っておくことが不可欠です。
メールのメリット

  1. 送信ボタンを押したらすぐに届けることができる。
  2. コストがかからない。
  3. 複数名に同時に送れる。
  4. 時間と場所を選ばず利用できる。
  5. デジタルデータなので、別の書類への二次利用がしやすく、保存も簡単にできる。
  6. 履歴が追えるため「言った」「言わない」の水かけ論になりにくい。
  7. 対面ではないので、相手の時間を拘束しない。

メールのデメリット

  1. 送ったものは消せないため、そこに起因するトラブルが多い。
  2. 文字情報のみで構成されるため、感情が伝わりづらく、表現が無機質になりがちである。
  3. 表現力に乏しいと、微妙なニュアンスが伝わらない。
  4. 時間と空間の共有ができないため理解が促進されず、親密度が上がりにくい。
  5. 相手の反応がわからない。そもそも読まれていない場合もある。
  6. メールが苦手などの理由で使えない相手もいる。

件名はメールの命。メールを開かなくても何の用件かわかるように、簡潔に、かつ具体的に書きます。「お知らせ」「こんにちは」など抽象的だと、処理を後回しにされてしまうこともあります。5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように)を意識するといいでしょう。


原則として、メールでは叱らない方がいいでしょう。一方、メールで褒める効果は大変高いです。


メールは「読むもの」というより「見るもの」です。本や雑誌のような印刷物ならしっかりと読むことができますが、メールはPCや携帯電話の画面で読みますから、1回スクロールするくらいで瞬時に目に飛び込んでくるようでないといけません。報告の場合、分量は短く、できれば個条書きを使うようにしたいですね。


催促のメールで強く出過ぎると、相手は大概すぐには返事をくれません。「すぐに対応できるくせに、いままで放っておいたのか?」と責められるのを恐れ、場合によっては「怒りがおさまるまで待とう」と考えるかもしれないからです。すると、なるべく早い返答が欲しいのに、さらに遅れてしまい、結局は非効率になってしまいます。


催促メールのポイントは、自分の非を疑いつつ催促することです。送ったはずのメールが届いていないとか、送られてきた返事を自分が見逃しているという可能性もあるわけです。きつく催促してしまうと命取りになりかねません。こういう場合は基本的に下手に出るのです。


依頼メールは「お手数ですが」のひと言が大事です。メールの最初にそういったクッション言葉がないと、受け取った相手は嫌な気持ちになるものです。自覚はなくても「職務上当たり前のことを頼んでいるんだ!」という居丈高な態度にうつってしまいます。


長文で趣旨のはっきりしないメールを自分の方が受け取ってしまった場合は、一度「お聞きになりたいのは○○と○○ですよね?」と相手のメールの内容を整理して確認すると、そのあとのやり取りがスムーズになります。


相手に何かを尋ねるメールでは、聞きたいことを整理して相手が答えやすくすることも大切です。返事を急ぐときはとくに、イエス・ノーで答えられる質問にすることです。自由記述式の答えを求める場合も「○○のサイトについてアドバイスをお願いします」といった大づかみな質問よりは「サイトの色使いについて意見をください」や、「文字の見やすさについてアドバイス願います」とポイントを絞り込んだ質問の方が、相手も返事をしやすくなります。


アポイントの日時を決めるメールで「○月○日中でご都合をお聞かせ願います」ではなく、「○月○日(月)の10時ではいかがでしょうか」と、日時を点で指定して相手の都合を確認する文面にすれば、決定が早くなります。ただし、初めてコンタクトをとる相手の場合は例外で、いきなり日時を点で指定するのは失礼な印象を与えかねません。メールでは、常に相手との距離感や相手が置かれている状況を意識し、それに沿った文面にすることが重要なのです。


自分が受け取ったメールで「これは」と思うものがあれば、積極的に真似ていくのもいいでしょう。とくにお詫びのメールは難しいので、自分が受け手として納得のいくお詫びをしてもらったと思うメールがあれば、それを参考にするのもひとつの方法です。


メール処理でぜひ勧めたいのが、テンプレートを活用することです。手紙を書くときに文例集を参考にするように、それをテンプレートとして保存しておき、場面に応じて修正を加えて使うのです。基本のテンプレートを見直すことによって急いでいるときでも用件の漏れを防ぐことができますし、メールの処理時間を短縮することができます。


わかりにくいメールを書く人はコミュニケーション力全般が弱いことが往々にしてあるものですが、メールで相手に何を伝えるかを熟慮し、的確に表現する努力を積み重ねれば、それがコミュニケーション力を高める訓練になり、結果的に仕事力もアップするはずです。


スケジュールを決めるとき、周囲に褒めてもらえる「賞賛ライン」を意識したい。「締め切り」とされている日にはじめてその仕事をスタートさせるという経験を持つ人は多いが、それでは駄目。多くの場合、締め切りより2、3日くらい前倒しをすると周囲から賞賛される。突発的なトラブルが起きても、スケジュールを組み直せばすべて期限内に収められる可能性も高まるだろう。


メールでのコミュニケーションが上手い人は、「どんな件名をつけたら相手が優先順位を上げて開いてくれるか」を常に考えています。そして、読み手のことを考えて件名をつけています。


良いメールかどうかを判断するのは書いた本人ではなく、受信した相手です。少しでも不愉快に思う人がいることはやらない方がよいでしょう。


仕事中、無意識にメールフォルダを開くクセがついていませんか。そのたびに業務が中断され、集中力が削がれます。無意識のメールチェックは、業務の効率を著しく下げる要因です。解決策は、「1時間に1回」などとルールを決めて、意識的にコントロールすること。


受信したメールを細かくフォルダに分けている人がいますが、一般的に「仕分けるほど効率が悪くなる」傾向にあります。フォルダを開く手間が増えるうえに、フォルダが増えるほど見落としのリスクが高まるからです。処理が必要な仕事のメールはすべて「受信トレイ」にまとめます。


メールをコミュニケーションツールとして使うということは、会話する時と同様に礼儀と相手への配慮や心遣いが必要になるということ。ビジネスメールであっても、単に情報を伝えるだけではなく、「心が伝わる」書き方が求められるのです。


打ち合わせや会議のとき、A4サイズのコピー用紙にメモをしています。手で書いたほうがイメージが膨らむし、相手とイメージを共有しながら話を進めるのにも好都合。メモをした情報のうち必要なものだけをグーグルカレンダーのメモ欄に入力(転記)。必要な情報だけがそこにあり、検索も容易に行えるメリットは大きく、その手間をかけるだけの価値がある。「メモはノートに取り、保管しておくもの」という習慣を思い切って見直したことで、仕事の効率が大きく改善した。


平野友朗の経歴・略歴

平野友朗、ひらの・ともあき。日本のメールコンサルタント。北海道出身。筑波大学人間学類で認知心理学を専攻。卒業後は広告代理店勤務を経て、コンサルティング会社アイ・コミュニケーションを設立。主にメールやメールマガジンに関する書籍を多数執筆している。また、メールマガジンのコンサルティングなどを行っている。ビジネスメールマナー推進協議会会長。

他の記事も読んでみる

大橋未歩

食べるものが今の自分の身体を作っていると考えれば、口にするものにもっと意識を向ける必要があると思うようになりました。この点、以前は認識が甘かったと自分でも思いますね。


大平喜信

自己理解力が大事です。自分の長所、短所をわかっている人は意外に少ない。会社として期待しているのは潜在能力を活かすことです。やる気があれば何でもできます。ほとんどの人に大きな潜在能力があるのに、自分で自分の限界をつくってしまう人も多いのです。


小池恒

基本的に私はマスコミには登場しません。まれに、きちんと私の主張を伝えてくれそうな取材のみ対応することはあります。しかし、現場の社員でも十分答えられるようなインタビューはすべてお断りしています。無論、株主に対して説明責任が生じる株主総会などには、私が出ていくべきだと考えます。しかし、社業のための「発信」と、マスメディアに出る「露出」とは異なる性質のものです。


岡本行夫

真のグローバル人材になるために一番大事なことは、人に優しくするということ。つまり、自分のコミュニティー以外のところへリーチアウトする。要するに開放性ということですね。企業のレベルではオープンに物事を取り入れる開放化が、非常に重要だと思います。


椎名保

住友商事を完全に辞めるのは重い決断でしたが、必要なことでした。2足のわらじでは社長は務まりませんし、そこで働く社員も納得しません。これからは戻るところはない、前に進むしかない、と決心した。

【覚え書き|アスミック・エースエンタテインメント社長就任時を振り返って】


澤田道隆

社内に向けて話をするとき、私は3つのことを意識しています。

  1. 自分の言葉でしゃべること。
  2. 相手の表情から納得しているのかどうかを確認して、話す内容を変えること。
  3. 過去のことではなく将来のことを話す。将来の糧にするために、今リアルに起きていることを話題にする。

北条司

主人公と作者を重ねる方が結構いるんです。単純に作品を見てほしいんだけど、作家に興味を向けられるとちょっと困るなって。だからあんまりメディアには露出しないようにしてるんですよね。がっかりさせても悪いなと思うんです。「『シティーハンター』を描いた人ってこんなやつなの?」みたいな。


アレン・アイバーソン

大切なのは身体の大きさではなく、ハートの大きさだ。


ビリー・ジーン・キング

チャンピオンは責任を背負っている。ボールがネットを越えて来るとき、私がそのボールを必ず取るつもりだということを、誰もが信じてくれていい。


早河洋

これまで、テレビの世界はモノクロからカラーへ、フィルムからVTRへ、あるいはENG(電子的ニュース取材)、SNG(人工衛星を使った放送番組素材収集システム)の導入、デジタル化など、技術革新を克服してきました。ところが、インターネットというものは社会構造のようなものなので、克服できるようなものではない。住んでいる世界が変わっていく、というように捉えなければいけない。それにともなって、経営も、企業も、コンテンツもすべて変わっていく。自分たちだけで解決できるものではないので、パートナーをどう探して提携していくかが重要になっています。そのことをずっと考えていたので、藤田(晋)社長から提案があったことはすごくありがたいことで、ほぼ打ち合わせもないまま決裁してしまいました(笑)。


ロバート・キヨサキ

金持ちと貧乏な人、強者と弱者との違いは、「逃走反射を抑えて戦略的な闘いができるかどうか」だ。このことは、あらゆる場面にあてはまる。


吉田たかよし

段取り力を伸ばす訓練は仕事のフローチャートを作ること。段取りが苦手な人は、順番と内容をごちゃ混ぜにしている。まずは順番を考え、一個一個の中身は後で考えるクセをつけましょう。


大島康朋

弊社は粛々と仕事をこなすだけの会社ですので目標なんて持ってはならないと思っています。ただ毎日、きちんと仕事を丁寧にこなすことが我々の使命です。


伊庭正康

仕事を短時間で済ませるには、次の三つの観点から考えてみると良いでしょう。

  1. 一石二烏を狙う。一度に2つ以上のことを同時に済ませる。
  2. 移動時間を減らす。
  3. 作業をよりシンプルにする。

橋下徹

反発があるのは改革が進んでいるということ。


ページの先頭へ