名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

平野信行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

平野信行のプロフィール

平野信行、ひらの・のぶゆき。日本の銀行家。三菱東京UFJ銀行頭取。岐阜出身。京都大学卒業後、三菱銀行に入行。東京三菱銀行執行役員、三菱東京フィナンシャル・グループ執行役員、東京三菱銀行常務執行役員、東京三菱銀行常務取締役、三菱東京フィナンシャル・グループ取締役、三菱UFJフィナンシャル・グループ取締役、常務執行役員、副社長などを経て三菱東京UFJ銀行取締役頭取に就任。

平野信行の名言 一覧

金融業界に逆風が吹いている。この逆境を跳ね返し、未来を切り開いていく。未来志向で挑戦していく。


規模を追うよりも市場、お客様ごとにきめ細かく対応することが海外戦略のコア。


一人ひとりが成長し、自己実現すると、それに伴って企業価値が上がっていく。


これから金融ビジネスの環境は大きく変わるでしょう。むしろ私たちが変えていくくらいの気持ちでいます。


事業会社はそれぞれの強みを磨く。特に信託は法人貸し出しを銀行に集約する代わりに、信託、不動産、証券代行など信託銀行ならではの機能を磨き、資産運用・管理などに打って出ていく。


今回我々が目指すのは、グループ一体経営。個人であれ法人であれ、お客様に対してグループの持つ機能を切れ目なく提供すること。


重要なのは、顧客のニーズをいかに発掘するか。その点では日本の金融機関はかなり先回りしている。たとえば海外進出のサポートまでやるのは邦銀だけだ。


リアルエコノミーに貢献することが、金融グループ本来の仕事でしょう。我々は黒子に徹して、貢献していきます。


国内外の厳しい環境であればこそ、銀行の存在感は増しています。我々銀行は顧客や社会から求められる機能、あるいは原点に立ち返って、5万人の行員と一緒に前進していきたいと考えています。目指すのは、お客様とともに持続的に成長する信頼の銀行です。


当行には3つの強みがあります。それは「国内の充実した顧客基盤」「グローバルネットワーク」「強固な財務力」です。これらをフルに発揮することで、顧客の期待を超えるサービスを提供し、今後の経済の再生・再創造をサポートしたいと思います。


組織が創造的であり続けるには、いろいろなバックグラウンドを持ち、異なるものの考え方のできる人たちが共に働き、お互いに議論を交わし、そこでダイナミックな流れをつくることが大切。


多様なものが混ざり合ううちに、化学反応が起こって熱が生まれる。その熱が組織全体の活力の源になっていく。ニューヨーク駐在時代にその様子を目の当たりにし、ダイバーシティーを認め、受容していくことの重要さを思い知らされた。


いつも口を酸っぱくして言うんですが、私どもは国内にしっかりと軸足を置いて、そのうえでさらなる成長の機会を海外に求めていきます。これは次の10年も揺るがない。


平野信行の経歴・略歴

平野信行、ひらの・のぶゆき。日本の銀行家。三菱東京UFJ銀行頭取。岐阜出身。京都大学卒業後、三菱銀行に入行。東京三菱銀行執行役員、三菱東京フィナンシャル・グループ執行役員、東京三菱銀行常務執行役員、東京三菱銀行常務取締役、三菱東京フィナンシャル・グループ取締役、三菱UFJフィナンシャル・グループ取締役、常務執行役員、副社長などを経て三菱東京UFJ銀行取締役頭取に就任。

他の記事も読んでみる

高城幸司

事前に入念な準備をしていったのに、会議の中身と合わなかった……という人は、まず、会議の目的がなんであるのかを予測するところから始めましょう。物事の決め方を確認するための会議なのか、アイデアを出し合うブレスト会議なのか、コンセプトを明確にするのが目的なのか、それさえわかれば、的確な準備ができるようになるでしょう。万全な準備をした上で、会議に臨まないと、振り回される結果になりかねません。


高倉豊

過去の事例を学ぶのは「こういう考え方もあるのか」といった発想の幅を広げるためであり、事例そのものは参考にならない。状況が異なるところに過去の事例をあてはめても、99%はうまくいかないだろう。


小山昇

私は面倒くさがりです。面倒だと思う感覚があったからこそ楽をしたいと思い、楽をしたいと思うことができたからこそ改善策が出せるのです。


北尾吉孝

猛烈に勉強しなければ知的にタフにはなれません。僕はいまでも睡眠時間は4時間で、毎日大量のペーパーを読み、人の話を聞き、新しい人と会います。朝起きたらすぐに読書をし、インターネットで情報を仕入れ、夜寝る前にも必ず読書とインターネットで情報収集をする。これをずっと継続しています。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

収入の伸びが期待できず、親への依存も危険が多いとなれば、支出をコントロールする以外にない。そして、支出を改善する際のポイントは、変動費ではなく、あくまで固定費を徹底的に叩くことなのである。


角和夫

企業には様々なステークホルダーが存在します。そのなかにあって、従業員は最も重要なステークホルダーであり、経営的にいえば、大切な資源であり財産だと思います。


芳井敬一

実は大学時代、入部から半年ほどたった頃に、凄まじい練習に耐えかねて同期の部員たちと脱走を企てたことがあります。しかし、脱走直前に地元の仲間の顔が脳裏をよぎり、「泣いて見送ってくれた仲間に合わせる顔がない。やっぱり俺は行かない。逃げない」と、去っていく部員に別れを告げました。もしあの夜に逃げていたら、つらいことから目を背け、逃げ続ける人生になっていたかもしれません。


山城徹也

好業績に有頂天にならず、感謝の気持ちを持ち続けることを決して忘れてはいけない。


稲盛和夫

日本は今後、少子高齢化が進んで人口が減少していきます。そういう中で、これまでのような経済発展を求めるのは非常に難しくなると思うんです。そんな中でも日本が未来に残さないとならんものというのは、日本人の美徳といいますか、親切心やおもてなしの心、礼儀正しさといった人間性です。


メンタリストDaiGo

迷う時間、モノを探す時間、管理する時間を減らして、そのぶん自分がやりたいことを実現できるようにする。これが片づけの本当の目的なのです。部屋の中が整ったように見えても、片づけが成功したとはいえません。自由な時間が増えなかったり、かえってメンテナンスのための時間や労力が増してしまったりするような片づけに意味はないのです。


井上雅博

ヤフーをもう一段、成長させるために、何割かは壊して進まなければならない。


井上英明

私がノートに情報をまとめるようになったきっかけは、リチャード・ブランソン(英国ヴァージングループ創始者)の本を読んだことです。ブランソンはつねに自分の思いついたことや、ほかから得た情報を一冊のノートに書き留めているという記述を読んで、ピンときたんです。