名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

平野信行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

平野信行のプロフィール

平野信行、ひらの・のぶゆき。日本の銀行家。三菱東京UFJ銀行頭取。岐阜出身。京都大学卒業後、三菱銀行に入行。東京三菱銀行執行役員、三菱東京フィナンシャル・グループ執行役員、東京三菱銀行常務執行役員、東京三菱銀行常務取締役、三菱東京フィナンシャル・グループ取締役、三菱UFJフィナンシャル・グループ取締役、常務執行役員、副社長などを経て三菱東京UFJ銀行取締役頭取に就任。

平野信行の名言 一覧

金融業界に逆風が吹いている。この逆境を跳ね返し、未来を切り開いていく。未来志向で挑戦していく。


規模を追うよりも市場、お客様ごとにきめ細かく対応することが海外戦略のコア。


一人ひとりが成長し、自己実現すると、それに伴って企業価値が上がっていく。


これから金融ビジネスの環境は大きく変わるでしょう。むしろ私たちが変えていくくらいの気持ちでいます。


事業会社はそれぞれの強みを磨く。特に信託は法人貸し出しを銀行に集約する代わりに、信託、不動産、証券代行など信託銀行ならではの機能を磨き、資産運用・管理などに打って出ていく。


今回我々が目指すのは、グループ一体経営。個人であれ法人であれ、お客様に対してグループの持つ機能を切れ目なく提供すること。


重要なのは、顧客のニーズをいかに発掘するか。その点では日本の金融機関はかなり先回りしている。たとえば海外進出のサポートまでやるのは邦銀だけだ。


リアルエコノミーに貢献することが、金融グループ本来の仕事でしょう。我々は黒子に徹して、貢献していきます。


国内外の厳しい環境であればこそ、銀行の存在感は増しています。我々銀行は顧客や社会から求められる機能、あるいは原点に立ち返って、5万人の行員と一緒に前進していきたいと考えています。目指すのは、お客様とともに持続的に成長する信頼の銀行です。


当行には3つの強みがあります。それは「国内の充実した顧客基盤」「グローバルネットワーク」「強固な財務力」です。これらをフルに発揮することで、顧客の期待を超えるサービスを提供し、今後の経済の再生・再創造をサポートしたいと思います。


組織が創造的であり続けるには、いろいろなバックグラウンドを持ち、異なるものの考え方のできる人たちが共に働き、お互いに議論を交わし、そこでダイナミックな流れをつくることが大切。


多様なものが混ざり合ううちに、化学反応が起こって熱が生まれる。その熱が組織全体の活力の源になっていく。ニューヨーク駐在時代にその様子を目の当たりにし、ダイバーシティーを認め、受容していくことの重要さを思い知らされた。


いつも口を酸っぱくして言うんですが、私どもは国内にしっかりと軸足を置いて、そのうえでさらなる成長の機会を海外に求めていきます。これは次の10年も揺るがない。


平野信行の経歴・略歴

平野信行、ひらの・のぶゆき。日本の銀行家。三菱東京UFJ銀行頭取。岐阜出身。京都大学卒業後、三菱銀行に入行。東京三菱銀行執行役員、三菱東京フィナンシャル・グループ執行役員、東京三菱銀行常務執行役員、東京三菱銀行常務取締役、三菱東京フィナンシャル・グループ取締役、三菱UFJフィナンシャル・グループ取締役、常務執行役員、副社長などを経て三菱東京UFJ銀行取締役頭取に就任。

他の記事も読んでみる

新浪剛史

どんなヒット商品であっても、お客さんの嗜好に合わせて変えていかなければ生き残れない。


村上太一

心理学もビジネスに直結するテーマ。仕事はすべて対人間の問題ですから。


村西とおる

経済的に苦しくて、思うようにならないときは、妄想しましょう。妄想の世界なら、宇宙飛行士にだって、アメリカ大統領にだってなんにでもなれます。オバマになって、ヒラリーを抱き寄せてみるとかね。


宮口公寿

やみくもに読書量を増やすのではなく、読んだ本を反芻することが大切です。項目をピックアップしたノートを読み返し、自分の仕事や生き方に当てはめ、明日から行動にどう活かすかを考えましょう。


令丈ヒロ子

一歩を踏み出すのは確かに怖いけれど、とても大事で必要なこと。私もどちらかというと避けてしまいがちだけど、誰かに何かを伝えることを億劫になってもいけないと思います。


藤原和博

これからの時代に生き残れるのは、他の人と替えることができない能力を持った「希少性の高い人材」。どうすればそうした人材になれるかを意識しながら、キャリアを積み重ねることが大事。


磯崎功典

私に安定志向はまったくなく、キリンへの志望動機が「多角化された事業をやっている」でした。いろいろなことをやっているところに入ればベテランの人があまりいませんから、私のような若造でもやりたいようにやらせてくれるだろうと考えていたのです。


有森裕子

相手が諦めるまで、粘り強く我慢することは得意です。元来エリート選手ではなかった私は、技術では勝てないと思い、粘り強さでライバルに勝つようなレースやトレーニングを繰り返してきましたから。「粘り続ければ、相手が諦めることもある」という考えが、困難を乗り越える原動力になりました。


養老孟司

古典は、内容が抽象的なものが多い。読むうえで大切なのは、内容に自分で解釈をつけていくことです。特に、書かれていることに違和感を覚えた時こそ、「どういうことだろうか」とよく考えてほしい。同意できる内容は、既に自分が分かっていることですよね。逆に違和感を覚えるものは、今の自分に分からないこと。そこを考えることに、意味があるのです。


横山信弘

先送りによるリスクを避けるためには、「決断する/しない」のそれぞれにどんなメリットとデメリットがあるのかを改めて確認すること。先送りが正しい選択か、見えてくるはずです。


深田和範

出世競争で出遅れを実感するのは35歳前後からです。一般的に、この年齢に達すると同期入社のトップクラスが管理職に登用されます。そして、この第一選抜に漏れると、その後の昇進・昇格は遅れ気味になります。


ホルスト・シュルツ

かつてラグジュアリー(贅沢な様)は、大理石の床、シャンデリア、ガラスのエレベーター、重厚なロビーといったハード面で評価されていました。しかしいまは、個人の嗜好に合わせたよりパーソナルで、よりきめの細かなサービスが、ラグジュアリーを測る指標となっています。