名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

平野伸一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

平野伸一のプロフィール

平野伸一、ひらの・しんいち。日本の経営者。「アサヒビール」社長。兵庫県出身。早稲田大学教育学部卒業後、アサヒビールに入社。経営企画部中国室長、執行役員埼玉支社長、専務取締役営業統括本部長、副社長などを経て社長に就任。

平野伸一の名言 一覧

異分野、異業種からの新しい風を吹かせてくれることは大歓迎。この業界は許認可行政だの免許だのと、保守的な風潮も強いでしょう。しかし変えるところは変えていかなくては勝ち残れない。


お客様の選択眼は、価格以上に味わいや機能、世界観を含めたブランド価値を重視する傾向にある。ブランド価値の向上に努めるとともに、より多くの飲用シーンや飲用機会の創出に注力していく。


ビール業界は、1994年をピークに総市場の減少が続いている。消費者の潜在ニーズにお応えする新たな価値の提案が必要であり、品質・ブランド・サービスなどの提供価値をより一層高めることが必要と考える。


消費者がビールをもっと飲みたくなるような付加価値提案を活発に行うことが、ビール業界に求められている。


飲食店は高品質な樽生ビールを体験いただく場所になるととらえている。「ペローニ」「ピルスナーウルケル」「グロールシュ」といった世界的なブランドを本年より発売しており、樽生提供品質の向上とともに樽詰ビールの品種拡充によって、お客様の選ぶ楽しみを提供していく。


(旭化成酒類事業やニッカウヰスキー)統合当時、会社内に「旭化成村」みたいなものができないように、各人バラバラに配置するなど人事的な工夫はしました。でもいろいろな考えを持っていても、一緒に飲めば一体感が生まれるのがビール会社の社員だと私は考えています。私は東京支社の業務部長のときに、ニッカの社員に「アサヒの方々は脇が甘い」と言われた。ビールを飲むときは、ジョッキを持って脇をあけて飲むでしょう(笑)。ウイスキーは飲みすぎないように脇を締めると言うんですよ。でも今では、ニッカ出身の社員も脇を甘くして豪快にジョッキをあけています(笑)。


平野伸一の経歴・略歴

平野伸一、ひらの・しんいち。日本の経営者。「アサヒビール」社長。兵庫県出身。早稲田大学教育学部卒業後、アサヒビールに入社。経営企画部中国室長、執行役員埼玉支社長、専務取締役営業統括本部長、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

吉田正樹(経営者)

経験の豊富さとは失敗の数で計るべきで、想定内のことを繰り返した経験なんて、いざというとき、何の役にも立たない。失敗したことのないやつに、大事な仕事なんて任せられない。


湯浅勲

仕事がよくできる人には、仕事が集中しがちです。せっかく仕事ができる人間なのに、仕事量の多さに押しつぶされてしまうことがあります。この場合の解決策は、やはり上司ときちんと話し合うことです。今自分が抱えている仕事がどのくらいあり、明らかに仕事を抱え込みすぎていることを説明し、上司に対処法を相談すべきでしょう。大概、仕事量を減らすように対応してくれるはずです。


岡野雅行(岡野工業)

工場で一緒に働く先代の親父や、先輩の職人がやっていることをひたすら盗み見した。「そうか、あんなふうにやるんだ」と。「盗む」というと聞こえは悪いけれど、利点は大きい。大体のやり方を短時間でつかめるから。


吉田松陰

身体が死滅しても、その精神が死んでいないものは、昔の聖人や賢者らであり、これらは永遠に朽ちることのない人である。身体は死滅していないが、精神が死んでいるのは、今のくだらない人間の類であり、生きながら死んでいる人である。


坂本孝

私の原動力は「人のために汗をかく」ことです。人は自分自身やお金儲けのためになると、「いいや途中で」と半分努力して半分儲かればいいと挫折してしまうのです。でも人のためになると思えば必ず実現しますし、最後までやり遂げようというエネルギーがわいてくるのです。


成田和幸

人づくりで最も重要なのは「思想」です。会社の思想をしっかり理解してから、その次が営業です。思想というのは我が社のポリシーです。まずポリシーがないとダメです。そうしないと、多くのお客さんは価格に走ります。愛社精神がない社員は営業でも結果を出せません。


澤上篤人

マーケットが過剰反応して大きく売り込まれたときは、長期投資家にとっては「ゴキゲンの買い仕込み」となる。


森健志郎

一般には、当社のサービスは「教育・学習サービス」として認知されているでしょう。しかし、当社が目指しているのは、学ぶためのサービスではありません。学ぶことによって、人生を変えられるサービスです。


中村芝翫・8代目

大事なのは「ときめき」そのものではなくプロセス。「ときめきに至るまで」をうまく組み立てていけたら、芝居だけでなく、人生も面白くなるのかもしれません。


草野仁

下手なゴマすりや媚びへつらいは、上の立場のものから見るとよくわかるものです。無理に背伸びせず、素直に話せばよいのです。重要なのは謙虚な姿勢の中にも烈々たる闘志を持っている人間であることを理解されることです。


山田隆持

この成熟期、携帯電話の数自体はもう大きく増えることはないでしょう。もちろんスマートフォンや法人関係での二台目需要はあり得ますが、それ以外では、残念ながら大きな伸びは期待できません。しかし携帯電話自体には、まだまだ無限の可能性があるのです。


栗和田榮一

私たちの財産であり、最も磨くべきはグループカ。お客様のニーズをより正確に集め、その情報を共有し、課題解決に向かうことが大切。