名言DB

9412 人 / 110637 名言

平田静子の名言

twitter Facebook はてブ

平田静子のプロフィール

平田静子、ひらた・しずこ。日本の出版プロデューサー。「ヒラタワークス」「サニーサイドアップキャリア」社長。フジテレビジョンを経て扶桑社に入社。書籍編集部編集部長、執行役員、取締役、常務取締役などを経てヒラタワークスを設立。『チーズはどこへ消えた?』など数々のベストセラーを担当。著書に『そういえば、いつも目の前のことだけやってきた』。

平田静子の名言 一覧

仕事は問題解決から生まれるとはマーケティングの初歩である。しかし問題を見つける力がやはりヒットを生む源であることは、間違いない。


世論に強く問いたいことがあるとする。そうしたとき、直裁的な表現を離れることは有効な手段だ。俯瞰で全体像が見え、それによって詳細が見える。背景にあるものが理解できる。それが本質をくっきりと浮かび上がらせるのだと思う。


すべてに対して「無理かも」と思わない。その代わり、「何ができるか」を考え、実行する。必要なのは、どうしたら可能になるかを考えることと、それに伴う「行動」、ただそれだけだ。その確信は今も変わっていない。


『チーズはどこへ消えた?』は400万部という記録的なベストセラーになった。その要因は、「誰に」読んで欲しいのかを徹底的に考えた1冊だったからかもしれない。そこには「世の中の社長が実は困っている」という気付きがあり、その問題を解消するというアプローチがあった。


『チーズはどこへ消えた?』が驚くよう重版されていく中、全社一丸となってさらなる売上げアップを狙い、ある仕掛けをした。それは、帯。本は下の部分にキャッチコピーなどを入れたベルト状の紙を巻くのが一般的だ。この帯コピーを次々変える作戦に出た。出井(伸之ソニー社長)氏のスピーチで話題になった時は、ビジネスマンに向けた1冊であることを。書店から「女性が買って行かれますよ」と聞けば、夫婦関係や育児に役立つことを。新社会人がデビューを迎える4月には社会人必読の書であることを等々……。その時の状況や情報に応じた帯をかけたのも売り上げを伸ばす好手だったと思う。


『チーズはどこへ消えた?』の初版は2万部だった。当時はこのくらいの部数が当たり前だった。もっと売り上げを伸ばしたいと考えあぐねていた頃、当時の扶桑社社長がこう言った。折しも年末年始を控えた時期。「経営者は年末年始にスピーチをする機会が多いから、ネタを探すのに苦労するんだよ。きっとたくさんの経営者が同じことを悩んでいるはずだよ。この本はスピーチのヒントになるんじゃないか? プレゼントしようよ!」と。私は早速、上場企業100社の社長にこの本を贈った。「どうぞスピーチのヒントにしてください」という手紙を添えて。そこからの売れ行きは、まさに爆発的なものだった。自分のため、部下のために買う人はもちろん、まとめ買いをする企業まで現れた。


平田静子の経歴・略歴

平田静子、ひらた・しずこ。日本の出版プロデューサー。「ヒラタワークス」「サニーサイドアップキャリア」社長。フジテレビジョンを経て扶桑社に入社。書籍編集部編集部長、執行役員、取締役、常務取締役などを経てヒラタワークスを設立。『チーズはどこへ消えた?』など数々のベストセラーを担当。著書に『そういえば、いつも目の前のことだけやってきた』。

他の記事も読んでみる

村上佳菜子

バンクーバー五輪の(浅田)真央ちゃんをテレビで見て、普段は映画でも泣かない私が、泣きそうになりました。私もあんなふうに人に感動を与えられる選手になりたい、オリンピックに出たいって思ったんです。


岩井俊憲

私は、リスペクトの態度があれば、夫婦間のドメスティック・ヴァイオレンス(DV)、親子間の虐待、組織内のパワハラ、セクハラ、モラハラなどは根源から絶つことができると信じています。人間関係のリスペクト不足が、このような尊厳を省みない対応を生んでいると思っているからです。


アンソニー・メイヨー

私は経営哲学が絶対に必要であるとは思っていません。なぜなら、これらがなくても成功した企業の事例は世界中に数多くあるからです。ただし、哲学があれば社員を導き、鼓舞するための大きな助けになると思う。哲学は、すべての従業員に主体的な目標を与えるからです。


安部徹也

自分のことはわかっているようで意外に理解できていないものです。しかし、それでは適切な目標は設定できません。自分をわかっていても、楽に達成できるような甘い目標を設定しては成長することはできません。心から取り組みたいと思い、なおかつ自分の能力を高める適度な目標が必要です。


長島徹

アドバイザリーボード(経営諮問委員会)で説明しようとするとかなり勉強しなければならない。私は経営企画室長も経験しましたから、会社全体を見ることができました、社長就任後も、アドバイザリーボードの制度は役に立ちましたね。様々な立場の人に評価していただくというのは重要なことです。様々な経験を持つ方に評価していただくことで、ある程度常識的な意見を言える仕組みになっている。事情を知った人間ばかりで判断すると、得てして思い込みができてしまいがちですが、その思い込みを排除する。加えて、社内にいると分からないこと、経験できないことを教えていただけるのは、貴重な機会です。


櫻田毅(桜田毅)

自らの価値を高め、人に売り込む投資を惜しんではいけません。私は、プロのデザイナーやフォトグラファーに委託し、数十万円かけてウェブサイトを開設するなどしました。起業家にとって、自分自身が最大の営業ツールであり、最高の売り物なのです。


渥美育子

日本企業がこれまで取り組んできたのはグローバル化ではありません。国際化です。グローバル化と国際化は似たようなイメージを持たれますが大きく違います。国際化は日本を起点に考えています。日本人は日本の考え方をもとにして海外を見る傾向にあります。逆に海外からどのように見られているかは考えられていません。一方でグローバル化は地球単位で物事を考えなければなりません。


本田直之

幅広い一般的な英会話の勉強は、例えて言えば大きな水槽に水を注いでいる状態です。なかなか一定の水位に達しません。一方、目的を具体的に絞り込んだ偏った英語は、縦に細長い器なので、同じ量の水を入れても、早く水位が高くなります。一般的な英会話をマスターしようとして上達を実感できないまま途中で挫折するよりも、ある分野だけでも高レベルの英語力をつけたあとほかの分野にチャレンジしたほうが効率がよく、英語も勉強も継続します。


内田和成

これからは、否が応でも個人が自分で意思決定しなくてはいけないシーンが増えてきます。そのときに仮説思考で、いかに速く正確な判断を下すことができるか。それができる人とそうでない人の分かれ目になる気がします。


福田健(話し方)

謝っているのに、妙にエラそう強態度をとる人がいる。例えば、不祥事を起こした企業や教育委員会の記者会見を思い出してほしい。責任者は「誠に申し訳ありません」と深々と頭を頂げるが、次の瞬間にはデカい態度に戻る。「頭が高い」人たちだ。このタイプは、頭を下げると敗北感を味わうのか、変なプライドが邪魔をして、謝罪に大切な「素直さ」が見られない。本物のプライドがあれば、相手に迷惑をかけた事実を素直に受け入れてきちんと謝罪できるはずなのだが。


矢野博丈

もう守っているだけでは駄目。何でもいいから新しいことをせんといかん。とにかく自ら変化せんと滅ぶしかない。


デール・カーネギー

人を熱烈に動かそうと思ったら、相手の言い分を熱心に聞かなければならない。


箭内道彦

僕の場合、思いつきは口から、人とのコミュニケーションから生まれます。話している間に、自然に言葉が、アイデアが出てきます。言い換えれば、思いつきをいろいろな人に引き出してもらっているんです。目の前に新しい人が現れる限り、アイデアや企画のネタには困りません。


有馬利男

会社にとって有用な価値とは、経済的価値だけでなく、社会的価値、人間的価値の総合であり、これらを統合的に高いレベルにまで押し上げてゆくことが求められます。


内永ゆか子

外国語は流暢である必要はありません。大切なことは、アイデンティティを自覚し、自分自身について、あるいは自国について、意見を相手に伝えることです