名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

平田雄一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

平田雄一郎のプロフィール

平田雄一郎、ひらた・ゆういちろう。日本の経営者。「平田機工」社長。熊本県出身。東海大学工学部精密機械工学科卒業後、型研精工を経て平田機工に入社。米国法人社長、平田機工第一事業部長、取締役、副社長、事業本部長、海外事業本部長、技術本部長などを経て社長に就任。

平田雄一郎の名言 一覧

顧客が喜ぶことは何かを真剣に考え続けてきただけ。宣伝したことは一度もない。


人材の成長こそ会社の成長。


私の経営方針の軸のひとつは、社員を守るために何をすればいいか。社員は家族も同然だから。


他社ができそうな仕事は断る。


どこもやったことがない「業界初」の案件は、どんなに採算が合わなくても引き受けることにしている。新しいことに挑戦する機会を社員に与えるため。


なるべく付加価値の高い仕事だけ請け負い、それ以外の仕事は思い切って断ることにしている。社員にはひとつの案件にじっくりと取り組んでもらい、質の高い仕事をしてもらいたい。


経営者が社員に「短い時間で同じ量の仕事をやれ」というのは、重い荷物を持った人に、もっと重い荷物を持たせるようなもの。仕事を減らせば余裕が生まれ、仕事の質を高められる。それが強さになる。


新しいことに挑戦すれば、必ず失敗もする。だが、それがいい。準備不足が原因の失敗は良くないが、新しいことに挑んでした失敗を責めることはしない。責めれば社員が挑戦しなくなり、社員の成長が止まってしまうからだ。


事業構成を「自動車」「半導体・パネル」「家電」「その他」の4つに分け、どこかひとつに頼らないようにしているのは、景気に左右されないようにするため。経営が揺らいでは社員に安心して働いてもらえない。


この会社に30年間、勤めているが、失敗した社員を辞めさせたのを見たことがない。平田機工では「失敗してこそ一人前」。社員としては本当にありがたい一方、「いつか必ず失敗を穴埋めする大成功を収めよう」というやる気が出る。


平田雄一郎の経歴・略歴

平田雄一郎、ひらた・ゆういちろう。日本の経営者。「平田機工」社長。熊本県出身。東海大学工学部精密機械工学科卒業後、型研精工を経て平田機工に入社。米国法人社長、平田機工第一事業部長、取締役、副社長、事業本部長、海外事業本部長、技術本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

平野洋一郎

開発の人間も売ることを知らないと、自分の思うソフトを世に出せない。


秋沢崇夫

会社をつくる前のビジネスマン時代に、部下を持って仕事をしていましたが、ちょっとした仕事を頼みたいと思っても、部下も忙しいので頼めない。結局、自分でやらなければならず、こういうときに誰かに頼めればいいなと思ったところから着想しました。


サム・ウォルトン

安く仕入れた分の儲けは、お客に還元するのだ。すべてはお客が決める。お客様はすべて正しい。


石原広一郎

当時私は金策に奔走していたが、財布には8銭しかなくなり、市電に乗るにもこと欠くありさま。あがけばあがくほど、泥沼は深くなるばかりだった。いいようのない絶望感に襲われた私は、死のうかとさえ思った。けれども、あとに残る家族や妻子のことを考えると、それもままならない。私に残された道はただひとつ。石にかじりついても初志を貫徹することだけであった。
【覚書き|マレーの鉄鋼開発会社の資金を得るために走り回っていた当時を振り返っての発言。その後事業は成功し大きな富を得た】


午堂登紀雄

コンビニチェーンに転職し、店長を任されたとき、検証のために自腹を切ったこともあります。「POPを飾れば売上げが伸びる」という仮説を思いついたものの、予算がなかったので、自腹で材料を買ってPOPをつくり、販売データをとったのです。するとPOPの効果が数字でも証明されたので、今度はそのデータをもとに本部に提案を行ない、その後は本部が予算を出してPOPをつくってくれるようになりました。


神田正

働いている人がハッピーでないと、お客様もハッピーにならない。


豊田義博

最近の仕事は、マニュアル化と細分化が進み、自分が担当している仕事が、大きな流れの中でどんな役割を占めているのかという全体像や、社会に対してどんな価値を提供しているのかというストーリーが描きにくい。意義か見えない、つまらない仕事ばかりであれば、能動的に取り組もうというモチベーションは生まれにくい。指示待ちになるのもいたしかたない。


松下正寿

一生懸命働いたあとに損失感はない。頭は明晰に、体は軽く、心は確信に満ち、そのうえ周囲がみな愛すべきものになる。対して、怠けたあとの損失は実に莫大だ。頭は重く、体はだるく、自信がなくなり、そのうえ周囲がみな憎らしくなる。


南壮一郎

海外では、日本の考え方を相手に理解してもらう必要があるが、それには、自分も相手の文化を理解する姿勢を見せなくてはならない。


猪子寿之

アジアだと、ミーティングにノートパソコンを持ち込むのは普通の行為です。大統領の会談みたいな公式の場でもタブレットでメモってたりする。でも日本だと、会議で話しながらパソコンを打つのは失礼だと思われる。だから紙にペンでメモを取ったりするわけです。でも、21世紀の普通の感覚の人から見ると、逆にそれが失礼。書いたことを独り占めにして、みんなと共有しないわけだからね。こそこそ個人作業するほうがずっと無礼なことなんだけど、日本人はそれがわからない。


白洲次郎

僕は政治家じゃないし、人に何言われても一向に平気なんだ。僕はそういう所、わりに旧式なのよ。自分の良心はきれいだと思ってるから、人が何言おうと平気なんだ。


高橋淳(経営者)

お客様を飽きさせないためには、常にブラッシュアップするしかありません。メニューは年2回、大幅に変えています。基本の肉メニューは一緒ですが、そのほかは旬の野菜や季節メニューをとり入れたりと、かなり手を入れています。