名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

平田進也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

平田進也のプロフィール

平田進也、ひらた・しんや。日本の旅行添乗員。奈良県出身。京都外国語大学卒業後、日本旅行に入社。営業9年、海外業務11年、販売促進10年を経て、西日本営業本部営業推進事業部部長を務めた。高校生時代から視聴者参加型テレビ番組に多数出演。社会人となってからも『探偵ナイトスクープ』を始め多くの番組に出演。明るいキャラクターで人気を博し、本業の方でもカリスマ添乗員として活躍。日本旅行社内で個性派メンバーを集め「おもしろ旅企画ヒラタ屋」を創設し代表を務めている。主な著書に『旅行業界のカリスマ 7億稼ぐ企画力』『出る杭も5億稼げば打たれない!』など。

平田進也の名言 一覧

不況では特に、「お値打ち感」が大切。


「ムリかも」なんて考えず、常識をどんどん破っていけは、いいアイデアが出る。


「ほどこす」を常に意識しています。これは「程々を超える」ということ。お客様の予想を遙かに上回る、「参った」と言わせるほどのサービスをしないとダメ。


添乗員として女装はするし、バスの車内では4時間トーク。テレビにも出て、自分のやりたいことを貫いています。業界には眉をひそめる人がいても、お客様は評価してくれています。市場での評価が一番です。自分の人生は自分のもので、他人には評価できません。会社でイエスマンをして群がって飲み屋でグチる人生、僕は最初から捨てていますよ。


僕の仕事はお客様を楽しませることですが、その目的のために、自分のことは忘れて徹底してこだわっています。


「あんたと話していると気持ちええな」とお客様から思ってもらえるように、人が喜ぶこと、楽しいことをどんどん投げかけることが重要です。


いつも褒めよう褒めようと意識していれば、自然と相手のいいところに注意がいくじゃないですか。それを繰り返していけば、人のいいところにどんどん気づくようになって、やがてお世辞じゃない褒め方ができるようになるんです。


僕はお客さんをいつも褒めちぎっていますけど、それに対して「そんなウソをいうて」なんていうお客様はいません。みんな「本当?その言葉、いただいておくわ」と必ず喜んでくれます。相手を褒めるときに遠慮したり恥ずかしがったりするから、ウソっぽく聞こえるんです。たとえお世辞であっても、正々堂々といえばいいと思います。


じつは、小学生までは引っ込み思案な子供でした。中学校に入ったとき奮起して学級委員長になったんですが、当然上手にはしゃべれませんでした。そこで、先生のモノマネをやったらウケたんです。それが快感になって、それ以来、人を楽しませることだけを徹底的に追究してきました。


話を続けるコツは、「自分のことなんて考えない」ということかもしれません。上手くしゃべろうとか、恥ずかしいとか、そういう気持ちは脇に置いて、ただ相手のことだけを一身に見るのがいいんじゃないかと思います。そうすれば、相手が何を言って欲しいのか、自分が何を言ったらいいのかが自然と見えてきます。あとは少しの勇気を出して、それを言葉にしていったら、必ず相手から言い反応が返ってくる。その繰り返しをしていけば、お互いに心地よい会話も自然に続けることができるのではないでしょうか。


僕が普段お世話をしている関西のお客さんに比べたら、東京のお客様はなかなかガードが堅いですわ。女装した僕が近寄っていったら、喜ぶどころか逃げて行ってしまわれますから(笑)。でも、そういうお客様に対しても、他のお客様と変わらずに話しかけて褒めていったら、必ず通じるものなんですよ。


男性の方が褒められ慣れていない分、効果があると思います。人間はみんな褒められること、認められることを欲しているんです。山本五十六の有名な言葉があるじゃないですか。「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」。この最後の褒めるという仕上げがあるからこそ、それが余韻として相手の心に残って、「あの人にまた会いたい」「自分も頑張ろう」と相手に思わせることができるんです。


褒める効果を高めようと思ったら、ただ褒め言葉を言うだけではなく、説明を付け加えるというのも大事です。なぜ素敵だと思うのか、どこが可愛いのか、ちょっとでもいいからその理由を添えるんです。そういうひと言があるだけで、最初の褒め言葉が相手の心に響いて、それが会話をつなぐきっかけになります。


女性に対しては褒めるのが大切です。「女性は褒められるためにこの世に存在している」と考えた方がいいと思います。なぜ女性がお化粧するか考えたことはありますか。自分で見るわけでもないし、化粧品代だって高いのに、なんで1時間も2時間もかけてメイクするのか。それは、人に見てもらって、褒めてもらうためなんです。女性は誰でも、綺麗ですね、美しいですねという言葉を欲しているのに、それを与えないなら、何を言ってもダメなんです。


僕ら添乗員にとって、しゃべらなアカンところで10秒話が止まったら、それは事故を起こしたみたいなもんですから。こちらから話題をどんどん振ってお客様の気持ちを温めていって、なおかつその熱い状態をキープしなくてはいけません。一度お客様の気持ちが冷えると、温め直すには何倍もエネルギーがかかりますから、話し続ける技術というのはホンマに大事ですね。


現場で生の声を聞くことが第一。以前、お客様が「旅行鞄が重い」ともらしたことがありました。それを聞いて、素材メーカーと共同でオリジナル旅行鞄を作ったことがあります。旅行会社だからといって、売るものを旅行に限定しなくてもいい。


最初にツアーの原型を考え、2万円になったとします。そこから食事やホテルのグレードを落として1万円の安いツアーをつくるのが減点主義。旅行というのは心を癒やしに来るもの。そんなツアーじゃ誰も癒やされません。それに対して加点主義は、普段は行かないホテルの高級ランチを設定したり、部屋の茶菓子を老舗の銘菓にしたり、多少値段を上げてもお客が喜んでくれることを「これでもか」と提供するんです。


歴史のある会社って、強いものに巻かれろ的な風土があって、少しでも目立つと叩かれます。どこの会社もそうだと思いますが……。ある時、ツテを使い、テレビに出てツアーの宣伝をしたんです。それも仮装したり。オモロい方が、ツアーが売れると思ってね。予想通り、出演するたびに数百人の集客に成功しました。でもね、結果を出したのに、反発もありました。「業界の恥」「面白くない」なんてこともいわれました。要するに、嫉妬ですわ。でも、人生は一度きり。親を見ても老いるのは早いものです。短い人生、やりたいこともやらずに、上司のご機嫌を伺っていたら、もったいないですよ。


平田進也の経歴・略歴

平田進也、ひらた・しんや。日本の旅行添乗員。奈良県出身。京都外国語大学卒業後、日本旅行に入社。営業9年、海外業務11年、販売促進10年を経て、西日本営業本部営業推進事業部部長を務めた。高校生時代から視聴者参加型テレビ番組に多数出演。社会人となってからも『探偵ナイトスクープ』を始め多くの番組に出演。明るいキャラクターで人気を博し、本業の方でもカリスマ添乗員として活躍。日本旅行社内で個性派メンバーを集め「おもしろ旅企画ヒラタ屋」を創設し代表を務めている。主な著書に『旅行業界のカリスマ 7億稼ぐ企画力』『出る杭も5億稼げば打たれない!』など。

他の記事も読んでみる

土井健資

業務以外のところでも社員たちと心を通わす機会を設けています。週初めの朝礼では、その週に誕生日を迎える人に、私からのメッセージカードを図書カードとともに手渡しで贈っているのですが、そういうちょっとした心の交流でも、社員たちは「社長が自分のことを見ている」と実感してくれているようです。


藤森義明

私の最終的なミッションは、LIXILを海外市場で1兆円稼ぐ本物のグローバル・カンパニーに育てあげたうえで、そのグローバル・カンパニーの舵取りができる人材にバトンタッチすることです。


アラン・ジマーマン

愛着ある腕時計は、身に着けるだけで自信や高揚感を与えてくれる最良のパートナーだ。そのような時計こそ、実はビジネストリップに最もふさわしい時計といえるのかもしれない。


山田佳臣

僕ら自身が海の外へ出て、外国でも新幹線のような鉄道事業を展開しようという気持ちは全くありません。ただし新幹線やリニアで培った技術やノウハウは海外でも生かせます。ですからまずは、今、日本で作っている安全な鉄道システム全体を、本当に必要だと思っていただくところから出発したい。自分たちでも新幹線やリニアを作ってみたいという気持ちになっていただく。まずはそこから進めたいですね。


津田倫男

50歳と言えば「知命」の年であり、会社においては出世競争の趨勢が見えてくる頃です。勝ち組の人たちは、そのままラストスパートをかければよいと思います。残念ながら出競争で負けた人はその先、来たる定年後を見据えながら何をモチベーションとして、どのように働いて行けばよいのでしょうか。率直にいえば、まず自分自身を厳しく評価し直す必要があります。


西秀訓

僕は中学時代にビートルズに出合って、音楽のプロを本気で目指しました。途中で才能がないことに気づいたけれど、音楽も才能と関係なく稼ぐことはできるんです。要は相手の要望に合わせたものを提供できればいい、それは訓練と経験で身につく。でも、自分がやりたい音楽はそれじゃなかった。「会社員になった方が楽やな、ストレスが少ないな」と思ってカゴメに入った(笑)。そう考えているから、すぐに数字が出なくても簡単に諦めない。もちろん、他の人や商品がちゃんと稼いでくれるからこそですけどね。


オダギリ展子

机周り全部を一気に片づけようとすると、日常業務で忙しい中だとなかなか腰が上がらないもの。片づけるエリアを分割し、仕事の合間や昼休みに少しずつ行うと取り組みやすくなります。


干場弓子

すでに出会った人の中からでも、転機となる新たな出会いが生まれることがある。


岩切章太郎

宮崎に帰って地方のために働いてみよう。中央に向かう人はたくさんあるから、私一人くらいは地方に埋もれた方が意義があるのではないかと思うようになっていた。


津賀一宏

ミクロで見れば利益が出ている事業もあるが、全体、マクロで見れば赤字だ。我々はやはり、マクロで見て強くなければならない。でなければ、この大きな企業を維持する理由がない。


古賀茂明

「どうせ変わらないだろ」とシニカルに思う人もいるかもしれない。でも違う。正しいことなら必ず変えられる。変わらないと思った時点で終わり。


藤井孝一

私は、毎日夕方の5時から6時をメールマガジンの執筆にあて、その時間は原則として、他の予定入れず電話にも出ません。この1時間で書き上げ翌朝の配信予約をするという仕組みを確立したことが、これまで10年間も休まず発行し続けることができた秘訣だと思っています。もし仕組みをつくらず、1日のうちどこかで書けばいいと考えていたら、ここまで長続きしなかったでしょう。