名言DB

9419 人 / 110788 名言

平田進也の名言

twitter Facebook はてブ

平田進也のプロフィール

平田進也、ひらた・しんや。日本の旅行添乗員。奈良県出身。京都外国語大学卒業後、日本旅行に入社。営業9年、海外業務11年、販売促進10年を経て、西日本営業本部営業推進事業部部長を務めた。高校生時代から視聴者参加型テレビ番組に多数出演。社会人となってからも『探偵ナイトスクープ』を始め多くの番組に出演。明るいキャラクターで人気を博し、本業の方でもカリスマ添乗員として活躍。日本旅行社内で個性派メンバーを集め「おもしろ旅企画ヒラタ屋」を創設し代表を務めている。主な著書に『旅行業界のカリスマ 7億稼ぐ企画力』『出る杭も5億稼げば打たれない!』など。

平田進也の名言 一覧

不況では特に、「お値打ち感」が大切。


「ムリかも」なんて考えず、常識をどんどん破っていけは、いいアイデアが出る。


「ほどこす」を常に意識しています。これは「程々を超える」ということ。お客様の予想を遙かに上回る、「参った」と言わせるほどのサービスをしないとダメ。


添乗員として女装はするし、バスの車内では4時間トーク。テレビにも出て、自分のやりたいことを貫いています。業界には眉をひそめる人がいても、お客様は評価してくれています。市場での評価が一番です。自分の人生は自分のもので、他人には評価できません。会社でイエスマンをして群がって飲み屋でグチる人生、僕は最初から捨てていますよ。


僕の仕事はお客様を楽しませることですが、その目的のために、自分のことは忘れて徹底してこだわっています。


「あんたと話していると気持ちええな」とお客様から思ってもらえるように、人が喜ぶこと、楽しいことをどんどん投げかけることが重要です。


いつも褒めよう褒めようと意識していれば、自然と相手のいいところに注意がいくじゃないですか。それを繰り返していけば、人のいいところにどんどん気づくようになって、やがてお世辞じゃない褒め方ができるようになるんです。


僕はお客さんをいつも褒めちぎっていますけど、それに対して「そんなウソをいうて」なんていうお客様はいません。みんな「本当?その言葉、いただいておくわ」と必ず喜んでくれます。相手を褒めるときに遠慮したり恥ずかしがったりするから、ウソっぽく聞こえるんです。たとえお世辞であっても、正々堂々といえばいいと思います。


じつは、小学生までは引っ込み思案な子供でした。中学校に入ったとき奮起して学級委員長になったんですが、当然上手にはしゃべれませんでした。そこで、先生のモノマネをやったらウケたんです。それが快感になって、それ以来、人を楽しませることだけを徹底的に追究してきました。


話を続けるコツは、「自分のことなんて考えない」ということかもしれません。上手くしゃべろうとか、恥ずかしいとか、そういう気持ちは脇に置いて、ただ相手のことだけを一身に見るのがいいんじゃないかと思います。そうすれば、相手が何を言って欲しいのか、自分が何を言ったらいいのかが自然と見えてきます。あとは少しの勇気を出して、それを言葉にしていったら、必ず相手から言い反応が返ってくる。その繰り返しをしていけば、お互いに心地よい会話も自然に続けることができるのではないでしょうか。


僕が普段お世話をしている関西のお客さんに比べたら、東京のお客様はなかなかガードが堅いですわ。女装した僕が近寄っていったら、喜ぶどころか逃げて行ってしまわれますから(笑)。でも、そういうお客様に対しても、他のお客様と変わらずに話しかけて褒めていったら、必ず通じるものなんですよ。


男性の方が褒められ慣れていない分、効果があると思います。人間はみんな褒められること、認められることを欲しているんです。山本五十六の有名な言葉があるじゃないですか。「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」。この最後の褒めるという仕上げがあるからこそ、それが余韻として相手の心に残って、「あの人にまた会いたい」「自分も頑張ろう」と相手に思わせることができるんです。


褒める効果を高めようと思ったら、ただ褒め言葉を言うだけではなく、説明を付け加えるというのも大事です。なぜ素敵だと思うのか、どこが可愛いのか、ちょっとでもいいからその理由を添えるんです。そういうひと言があるだけで、最初の褒め言葉が相手の心に響いて、それが会話をつなぐきっかけになります。


女性に対しては褒めるのが大切です。「女性は褒められるためにこの世に存在している」と考えた方がいいと思います。なぜ女性がお化粧するか考えたことはありますか。自分で見るわけでもないし、化粧品代だって高いのに、なんで1時間も2時間もかけてメイクするのか。それは、人に見てもらって、褒めてもらうためなんです。女性は誰でも、綺麗ですね、美しいですねという言葉を欲しているのに、それを与えないなら、何を言ってもダメなんです。


僕ら添乗員にとって、しゃべらなアカンところで10秒話が止まったら、それは事故を起こしたみたいなもんですから。こちらから話題をどんどん振ってお客様の気持ちを温めていって、なおかつその熱い状態をキープしなくてはいけません。一度お客様の気持ちが冷えると、温め直すには何倍もエネルギーがかかりますから、話し続ける技術というのはホンマに大事ですね。


現場で生の声を聞くことが第一。以前、お客様が「旅行鞄が重い」ともらしたことがありました。それを聞いて、素材メーカーと共同でオリジナル旅行鞄を作ったことがあります。旅行会社だからといって、売るものを旅行に限定しなくてもいい。


最初にツアーの原型を考え、2万円になったとします。そこから食事やホテルのグレードを落として1万円の安いツアーをつくるのが減点主義。旅行というのは心を癒やしに来るもの。そんなツアーじゃ誰も癒やされません。それに対して加点主義は、普段は行かないホテルの高級ランチを設定したり、部屋の茶菓子を老舗の銘菓にしたり、多少値段を上げてもお客が喜んでくれることを「これでもか」と提供するんです。


歴史のある会社って、強いものに巻かれろ的な風土があって、少しでも目立つと叩かれます。どこの会社もそうだと思いますが……。ある時、ツテを使い、テレビに出てツアーの宣伝をしたんです。それも仮装したり。オモロい方が、ツアーが売れると思ってね。予想通り、出演するたびに数百人の集客に成功しました。でもね、結果を出したのに、反発もありました。「業界の恥」「面白くない」なんてこともいわれました。要するに、嫉妬ですわ。でも、人生は一度きり。親を見ても老いるのは早いものです。短い人生、やりたいこともやらずに、上司のご機嫌を伺っていたら、もったいないですよ。


平田進也の経歴・略歴

平田進也、ひらた・しんや。日本の旅行添乗員。奈良県出身。京都外国語大学卒業後、日本旅行に入社。営業9年、海外業務11年、販売促進10年を経て、西日本営業本部営業推進事業部部長を務めた。高校生時代から視聴者参加型テレビ番組に多数出演。社会人となってからも『探偵ナイトスクープ』を始め多くの番組に出演。明るいキャラクターで人気を博し、本業の方でもカリスマ添乗員として活躍。日本旅行社内で個性派メンバーを集め「おもしろ旅企画ヒラタ屋」を創設し代表を務めている。主な著書に『旅行業界のカリスマ 7億稼ぐ企画力』『出る杭も5億稼げば打たれない!』など。

他の記事も読んでみる

藤高郁夫

舞台は生き物のように動いてますよね。僕らはお客さんといつも一期一会なんですよ。初めて来るお客さんを中心に舞台をつくっていくので、常に革新的でありたい。イノベーションは絶対ですよね。


新藤兼人

人は老いれば、老いというものの中にいろんな問題を抱えます。金銭的に恵まれないとか、健康を害するといったことです。しかし、生き方の成り行きの中でそれらにまみれて自滅していくのはやはり悲しい。できれば、闘いながら終わっていきたい。そのためには何のために生きるかという自分の意志や個性、生き方をしっかり持っていなければならないと私は思います。


樋口廣太郎

立派な会社というのは限りないものです。青空みたいなもので、どこまで行ってもまだまだいい会社はあるのです。見習うべきものはいくらでも出てくる。世の中広いから井の中の蛙になってしまってはいけません。そして夢も同じように果てしない。だから感謝すれども満足してはいけません。


孫正義

知恵で勝負することが重要なのです。慣習・形式・権威にとらわれないでチャレンジするそれがベンチャースビリッツです。事業の成功は、精一杯チャレンジを続けていれば後は確率論の問題です。失敗を恐れずに、様々な手段を次々に試していれば、必ずどこかで当ります。卵は数を生まないと、試練に耐える鮭は生まれてこないわけです。


石井久(立花証券社長)

株の社会は以前、「勘」と「度胸」の世界だといわれていました。明治11年に株式取引所が開設されて以来、相場師のイメージは、丁半博打的なものです。


坂口英治(経営者)

大きな責任を負っているというプレッシャーをむしろ楽しみたい。


川西修

弊社では、全施設に向け9時と12時に社員一人一人に元気のエールを送る「元気社内放送」を行っています。仕事、プライベートにかかわらず誰でも落ち込むときはあります。面白いもので、落ち込んでいるスタッフでも元気エールを聞いていると自然に笑顔が戻ってくる。


バートランド・ラッセル

万人は自らの幸福を望んでいる。しかし、技術的にひとつになった今日の世界では、自らの幸福を望んでいても、他人の幸福を望む心とひとつにならない限り、それは何の役にも立たない。


前田裕二

AKBにとってもメリットが大きいのではとお伝えしました。いまAKBに足りない要素の一つに、「下からの突き上げ」があるのでは、と。SHOWROOMを活用して、下克上が起こる環境をつくり出せば、グループ全体がもっと活性化すると思ったんです。現状ではメディア露出が多い子たちが上位を占める傾向にあると思います。そうなると、下の子たちは「頑張ります」と言いつつ、何をどう頑張っていいのかわからない。でも、SHOWROOMなら自分の努力でファンをつくって、総選挙で票を伸ばすことができるじゃないですか。もっとも、秋元(康)さんに初めてお会いしたときにこうプレゼンしても、相手にされなかったですけど(笑)。面白いと言ってもらえたのは3回目。秋元さんがロスに行くという情報を聞いて、僕も現地に。知人のツテで何とか食事に同席させてもらい、そこで熱弁をふるったら、やっと振り向いてもらえました。


黒川茂

リーマンショック以降、IT関連ビジネスは全体的に縮小しているため、われわれが取りに行けるパイも縮小していますが、採算性が多少落ちても、数多くの案件を取りに行くよう方向転換することで対応しています。数を取ることによって、以後の保守・サービスが継続的に見込めるようになるからです。