平田進也の名言

平田進也のプロフィール

平田進也、ひらた・しんや。日本の旅行添乗員。奈良県出身。京都外国語大学卒業後、日本旅行に入社。営業9年、海外業務11年、販売促進10年を経て、西日本営業本部営業推進事業部部長を務めた。高校生時代から視聴者参加型テレビ番組に多数出演。社会人となってからも『探偵ナイトスクープ』を始め多くの番組に出演。明るいキャラクターで人気を博し、本業の方でもカリスマ添乗員として活躍。日本旅行社内で個性派メンバーを集め「おもしろ旅企画ヒラタ屋」を創設し代表を務めている。主な著書に『旅行業界のカリスマ 7億稼ぐ企画力』『出る杭も5億稼げば打たれない!』など。

平田進也の名言 一覧

不況では特に、「お値打ち感」が大切。


「ムリかも」なんて考えず、常識をどんどん破っていけは、いいアイデアが出る。


「ほどこす」を常に意識しています。これは「程々を超える」ということ。お客様の予想を遙かに上回る、「参った」と言わせるほどのサービスをしないとダメ。


添乗員として女装はするし、バスの車内では4時間トーク。テレビにも出て、自分のやりたいことを貫いています。業界には眉をひそめる人がいても、お客様は評価してくれています。市場での評価が一番です。自分の人生は自分のもので、他人には評価できません。会社でイエスマンをして群がって飲み屋でグチる人生、僕は最初から捨てていますよ。


僕の仕事はお客様を楽しませることですが、その目的のために、自分のことは忘れて徹底してこだわっています。


「あんたと話していると気持ちええな」とお客様から思ってもらえるように、人が喜ぶこと、楽しいことをどんどん投げかけることが重要です。


いつも褒めよう褒めようと意識していれば、自然と相手のいいところに注意がいくじゃないですか。それを繰り返していけば、人のいいところにどんどん気づくようになって、やがてお世辞じゃない褒め方ができるようになるんです。


僕はお客さんをいつも褒めちぎっていますけど、それに対して「そんなウソをいうて」なんていうお客様はいません。みんな「本当?その言葉、いただいておくわ」と必ず喜んでくれます。相手を褒めるときに遠慮したり恥ずかしがったりするから、ウソっぽく聞こえるんです。たとえお世辞であっても、正々堂々といえばいいと思います。


じつは、小学生までは引っ込み思案な子供でした。中学校に入ったとき奮起して学級委員長になったんですが、当然上手にはしゃべれませんでした。そこで、先生のモノマネをやったらウケたんです。それが快感になって、それ以来、人を楽しませることだけを徹底的に追究してきました。


話を続けるコツは、「自分のことなんて考えない」ということかもしれません。上手くしゃべろうとか、恥ずかしいとか、そういう気持ちは脇に置いて、ただ相手のことだけを一身に見るのがいいんじゃないかと思います。そうすれば、相手が何を言って欲しいのか、自分が何を言ったらいいのかが自然と見えてきます。あとは少しの勇気を出して、それを言葉にしていったら、必ず相手から言い反応が返ってくる。その繰り返しをしていけば、お互いに心地よい会話も自然に続けることができるのではないでしょうか。


僕が普段お世話をしている関西のお客さんに比べたら、東京のお客様はなかなかガードが堅いですわ。女装した僕が近寄っていったら、喜ぶどころか逃げて行ってしまわれますから(笑)。でも、そういうお客様に対しても、他のお客様と変わらずに話しかけて褒めていったら、必ず通じるものなんですよ。


男性の方が褒められ慣れていない分、効果があると思います。人間はみんな褒められること、認められることを欲しているんです。山本五十六の有名な言葉があるじゃないですか。「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」。この最後の褒めるという仕上げがあるからこそ、それが余韻として相手の心に残って、「あの人にまた会いたい」「自分も頑張ろう」と相手に思わせることができるんです。


褒める効果を高めようと思ったら、ただ褒め言葉を言うだけではなく、説明を付け加えるというのも大事です。なぜ素敵だと思うのか、どこが可愛いのか、ちょっとでもいいからその理由を添えるんです。そういうひと言があるだけで、最初の褒め言葉が相手の心に響いて、それが会話をつなぐきっかけになります。


女性に対しては褒めるのが大切です。「女性は褒められるためにこの世に存在している」と考えた方がいいと思います。なぜ女性がお化粧するか考えたことはありますか。自分で見るわけでもないし、化粧品代だって高いのに、なんで1時間も2時間もかけてメイクするのか。それは、人に見てもらって、褒めてもらうためなんです。女性は誰でも、綺麗ですね、美しいですねという言葉を欲しているのに、それを与えないなら、何を言ってもダメなんです。


僕ら添乗員にとって、しゃべらなアカンところで10秒話が止まったら、それは事故を起こしたみたいなもんですから。こちらから話題をどんどん振ってお客様の気持ちを温めていって、なおかつその熱い状態をキープしなくてはいけません。一度お客様の気持ちが冷えると、温め直すには何倍もエネルギーがかかりますから、話し続ける技術というのはホンマに大事ですね。


現場で生の声を聞くことが第一。以前、お客様が「旅行鞄が重い」ともらしたことがありました。それを聞いて、素材メーカーと共同でオリジナル旅行鞄を作ったことがあります。旅行会社だからといって、売るものを旅行に限定しなくてもいい。


最初にツアーの原型を考え、2万円になったとします。そこから食事やホテルのグレードを落として1万円の安いツアーをつくるのが減点主義。旅行というのは心を癒やしに来るもの。そんなツアーじゃ誰も癒やされません。それに対して加点主義は、普段は行かないホテルの高級ランチを設定したり、部屋の茶菓子を老舗の銘菓にしたり、多少値段を上げてもお客が喜んでくれることを「これでもか」と提供するんです。


歴史のある会社って、強いものに巻かれろ的な風土があって、少しでも目立つと叩かれます。どこの会社もそうだと思いますが……。ある時、ツテを使い、テレビに出てツアーの宣伝をしたんです。それも仮装したり。オモロい方が、ツアーが売れると思ってね。予想通り、出演するたびに数百人の集客に成功しました。でもね、結果を出したのに、反発もありました。「業界の恥」「面白くない」なんてこともいわれました。要するに、嫉妬ですわ。でも、人生は一度きり。親を見ても老いるのは早いものです。短い人生、やりたいこともやらずに、上司のご機嫌を伺っていたら、もったいないですよ。


平田進也の経歴・略歴

平田進也、ひらた・しんや。日本の旅行添乗員。奈良県出身。京都外国語大学卒業後、日本旅行に入社。営業9年、海外業務11年、販売促進10年を経て、西日本営業本部営業推進事業部部長を務めた。高校生時代から視聴者参加型テレビ番組に多数出演。社会人となってからも『探偵ナイトスクープ』を始め多くの番組に出演。明るいキャラクターで人気を博し、本業の方でもカリスマ添乗員として活躍。日本旅行社内で個性派メンバーを集め「おもしろ旅企画ヒラタ屋」を創設し代表を務めている。主な著書に『旅行業界のカリスマ 7億稼ぐ企画力』『出る杭も5億稼げば打たれない!』など。

他の記事も読んでみる

野口実(ABCマート)

うちと一般の靴屋さんとの違いは、ファッションの部分を切り取って商売をしているということなんです。一般に、靴屋さんってファッション性を感じないじゃないですか。私自身、靴屋は道具的な靴を売っているというイメージがあって、若いころは靴は洋服店で買うものだと思っていました。ファッション性で靴を買うという方は、ズックからスリッパまで置いてある総合靴屋さんの売り場に魅力を感じないのではないでしょうか。


西村貴好

周りの人は必ずポジティブな言葉を待っているもの。口癖になるくらい相手に言い続けてください。ネガティブなことを言いそうになったら、「惜しい!」に言い換えましょう。


喜多洲山

良い技術やノウハウを持つ企業であれば、過剰債務を整理して優良な事業部門のみを買収する、といった特殊なスキームも可能。


小池百合子

「マーケティング目線」をもって、常に自分の価値を磨かなければ、市場で埋没してしまう。「私は頑張っている」ではなく、「周囲にどう評価されるか」が重要。


小山勝弘(経営者)

親もいとこも漁師で船の仕事を幼いころから見聞きして育った。漁船員は組織の一員であり、時化(しけ)の時1人でも自分の役割を果たさないと船は沈んでしまう。生と死、組織観、人生観のはしりを幼い時に感じていて、それが自分の価値観、判断軸のベースを作ってきた。


六角精児

正直に言って貧乏は嫌です。お金がないっていうのはさびしい。芝居をやめて、定期収入のある仕事に就いて、貯蓄をして、と。そういう人生を考えたこともありましたが、舞台に上がると、やっぱりダメですよね。お客さんがいて、喜んでくれている。それが伝わってくると、すべてのことを忘れてしまう。ここが芝居の難しいところです。お客さんが本当に面白いと思ってくれた瞬間、貧乏も何も吹き飛んで、「またやろう」と思ってしまう。そうい意味で、支えになるのはお客さんです。


伊達公子

大切なのは身体の声に耳を傾けて必要な処置をすることです。そうすることでトラブルの芽を摘んだり、身体の不調もいい方向に活用できたりするようになると思います。


加瀬豊

新興国は札束で頬を叩きながらイニシアチブをとろうとする相手を全面的には信用しません。ですから、資源国も自分のところの権益は残し、そのうちの何割かを相手に買ってもらってパードナーシップを組もうとします。搾取ではなく、我々もそれに応えてその国と一緒に産業を育てていく。そのベースにある信頼感が、欧米諸国とは違う日本人の強みであり、日本企業に期待されていることだと思います。


武井壮

自分に価値を持たせるため、まずは、自分に肩書きをつけようと考えました。僕が日本一になった陸上の十種競技の勝者は、スポーツ界で「キング・オブ・アスリート」と称されるんですが、世間一般には知られていません。でも、僕には王(キング)としての自覚はある。それで「百獣の王」を目指すことにしたんです。


一瀬邦夫

「相手が得し自分も得をする」という“利利関係”を築くことが成功の秘訣。


竹内弘高

未熟な時に感じる素朴な疑問こそ、実は、議論では大切。


野口聡一

宇宙飛行士の仕事には、「延期」や「待つこと」はつきもの。受け入れて我慢できないようでは仕事になりません。


柴田真一

スピーチを相手の心に響かせるためには、「説得力がある」か「情感に訴えかける」か。このどちらかが必要。


張本邦雄

私の持論は、「明日できることは明日に持ち越せ」なのです。ただしそのためにはゴールはどこで、そこに向かうためにどのくらいの時間がかかるのか、そこを決して間違えてはいけません。ときには数年がかりでやるべきこともあります。


森下篤史

馬鹿っぽい高校生が両手を離して自転車に乗っていた。私は40年自転車に乗っているが両手が離せない。彼は自転車通学で毎日学校に通っている道すがら、ふとしたきっかけで手を離してみた。面白がってやっているうちに両手を離して乗れるようになった。彼と私の差は決して能力ではない。手を離して乗ってみようと思ったか思わなかったかの違いだけである。


ページの先頭へ