平田豊の名言

平田豊のプロフィール

平田豊、ひらた・ゆたか。日本の経営者。ユニチカ社長。京都大学卒業後、三和銀行入行。専務を務めたのち、ユニチカに移籍。副社長を経て社長・会長。

平田豊の名言 一覧

人減らしのなかでも、採用は続けるべきだった。
【覚書き:オイルショック後の不況で、ユニチカの経営再建で人員整理と新卒採用見送りを同時に行った。その時を振り返っての発言】


平田豊の経歴・略歴

平田豊、ひらた・ゆたか。日本の経営者。ユニチカ社長。京都大学卒業後、三和銀行入行。専務を務めたのち、ユニチカに移籍。副社長を経て社長・会長。

他の記事も読んでみる

野村克也

謙虚な人間は強い。「自分はまだひよっこだ」、そんな思いがあれば「結果が出ないのは努力が足りないからだ」と素直にたち戻れるから。


舛成孝二

きっかけは就職先がなかったから。というか、僕は高校の頃、国鉄に入りたいと思っていたんですよ。だけど、僕が高校を卒業する時期に国鉄が新規採用を取りやめちゃったんです。他の職種は全然考えてなかったんで、どうしようかなあと思っていたら、国際アニメーション研究所という専門学校の広告が目に入って「受験なしで受かる、就職率100%」と書いてあったんです。「じゃあアニメをやってみようかなあ」と思って、その学校に入ったんですよ。


榊淳

どこのサイトでも同じ商品が並ぶようになる。そうするとお客さんは商品の差別性よりも、どこが買いやすいかなど、マーケティング視点から選び始める。


吉田栄作

子供の頃は、周りの家庭より経済的に少し出遅れていたのがコンプレックスでした。高校生で俳優を目指したのも、「早く成功して、欲しいものは自分で手に入れるんだ」という思いが強かったからです。でも、20代で実際にある程度のお金を手にした時、それほど満足感は得られなかった。それで一時休業して渡米したんですね。それ以降は、むしろお金にはあまり執着しなくなりました。


長谷川健太

チームづくりにおいて最も大切な一面として、どれだけ選手と真摯に向き合えるか、という課題がある。


匠英一

同じ商品でも陳列の仕方ひとつで、売れ行きは大きく変わる。棚の一番手前に、商品数個分の空きスペースを作って、周辺にはギッシリと並べておきます。するとお客は、その空き部分にあった商品が売れたのだと思い込む。「こんなに売れているのなら、自分も買っておこう」という心理が働くんです。ドン・キホーテの陳列は、まさにこの手法。


永田良一

私は単に英語が話せれば良いとは考えていません。大事なのは日本人としての理念を身に付けた上で、日本という国を代表するような国際的な仕事ができる日本人の若者を育てるということが本質的な目的になります。


齋藤孝(教育学者)

ビジネス文書では、冒頭に結論を持ってくるべきです。読み手となる上司や取引先は、忙しくて文章にじっくりと目を通す時間がないかもしれません。そう考えると結論からはじめて、以下、優先度の高いものから書いていくのが基本でしょう。


マギー司郎

ステージでウケたか? ウケるわけないじゃないですか、だってお客さんはみんなストリップを見にきてるわけですから。「邪魔だ。早く引っ込め!」と無言の空気が漂う。だから「すいませんね」って謝ってからマジックをはじめるわけです。で、10年近く経ってからですかね? その日は、あまりにもお客さんの反応が鈍くて、思わず「ごめんね、じつは僕、手品、下手なのよ」って言ったら、クスッと許してくれるような笑い声が聞こえてきてさ。「あれ?」って思ったの。そこからです。自分のダメなところを茨城弁で正直にしゃべりながら手品をするという「おしゃべりマジック」がはじまっていったのは。


山下淳一郎

部分最適化の足し算は、全体最適にはなり得ない。


塩野七生

やはり中国をはじめとする周辺諸国との問題がありますね。しかし、これは日本だけではどうしようもない。だから米国や、最近ではオーストラリアともタッグを組み始めた。この「組む」というのがいい。実際にタッグを組んでどこまでやるかということよりも、「組んだ」ということを相手方に知らせるだけで十分。これを抑止力と言うのです。フリードリッヒ2世も巧妙に使った手です。抑止力は軍事面だけのことではありません。


田中里沙

スタートしたばかりで失うものはあまりなかったですし、同世代の女性編集者もいたので一緒に新たなものをつくろうと頑張りました。


斎藤精一郎

グローバル化で多様な価値観が入り組むいま、一方的な強い物言いは敵をつくるだけ。またソフトで優柔不断な交渉も、相手につけこむスキを与えて損。


山田敏夫

「まずは営業力をつけなければ」と就職活動をして、大手メーカーや商社、コンサルティング会社などに内定を頂きました。しかし「起業」が念頭にあったため、会社名がひとつのブランドになっているような超大手に入社することに不安を覚えました。周りに流されやすい僕の性格上、そういう会社に入ったら、同期たちと日夜合コンに繰り出すなど、ひとときの流れに身を任せて無為に過ごしてしまうかもしれない。高い給料を手放すのが惜しくなるかもしれない。それが分かっていたので、最終的には、安定が約束されたかに見える超大手には就職せず、ソフトバンクヒューマンキャピタルという人材紹介サイトの運営会社に営業職として入社した。そこで4年間ネット広告営業を経験し、営業マネジャーも務めました。


高田旭人

これまでずっと父の側にいて、当社の実績に関して景気や環境のせいにするところを見たことがありません。そのため、市場がしぼむという発想を僕も持たなくなっています。


ページの先頭へ