名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

平田耕也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

平田耕也のプロフィール

平田耕也、ひらた・やすなり。世界的工場ライン製造メーカー平田機工社長。開発から完成後の試運転まで一貫して自社で行え、きめ細かいフォローに定評がある。世界40カ国に対し生産システムを販売している。

平田耕也の名言 一覧

私と言う人間は世界でただ一人です。他人より少し違ったところがあるはずだ。それを表現する方法はないかとずっと考え続けて事業をしただけです。リーダーシップとは何かといいますが、経営にはその人の生き方そのものが表れるのではないでしょうか?


うちはコンベア技術のほか、自動化技術を持っています。ロボット技術も持っています。コントローラーとか電子デバイスの技術もあります。ソフトウェアの能力もあります。こんな会社は世界にないでしょう。しかも、平田機工は日本より世界で有名ですから。


平田耕也の経歴・略歴

平田耕也、ひらた・やすなり。世界的工場ライン製造メーカー平田機工社長。開発から完成後の試運転まで一貫して自社で行え、きめ細かいフォローに定評がある。世界40カ国に対し生産システムを販売している。

他の記事も読んでみる

西山昭彦

アメリカの心理学では噂話の75%割は正しいとされています。噂も評判と同じ。また、人は第一印象で80%が決まり、後からそれを覆せるのは16%しかないという調査もあります。ですから、悪い評判には気をつけないと駄目なんです。


スチュアート・ハリントン

「ワーク・イン・プログレス」という概念がある。完成した状態だけではなく途中の考え方も共有し議論できるようにすることで、より深いナレッジを蓄積できる。


満尾正

体は衰えてきているのに、頭の中は30代のまま。若い頃と同じ感覚で暴飲暴食をしたり、睡眠を削って無理をする40代が少なくありません。しかし、いまは何とかやっていけたとしても、不摂生を続けると10年後にツケを払わされることになります。とくに40代になって尿路結石ができたり痛風になった人は、生活習慣を見直す警鐘だと考えてください。まだ軽症だと笑い話で済ませているかもしれませんが、軽い病気は小手試し。そのままの生活を続けると、心筋梗塞や脳梗塞、または大腸がんなどの大波がやってきます。生活を見直すなら今です。


武藤山治(経営者)

実業とは、虚業に対し、真面目に働く者の仕事の総称である。しかも、実業には、一種の強い、勤勉にして真面目なる精神が伴うものである。


鈴木敏文

どうやったら新しいものを生み出せるかと聞かれることがありますが、正直、新しいものを生み出そうと思っているわけではありません。ただ、世の中が変化する以上、こちらも変わらねばならない。そして、それをとことん追求すると、自然と先を行くことになる。オムニチャネルだって、お客様の利便性を追求すればこそ生まれた発想です。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

雑草とは何か。雑草とは、その美点がまだ発見されていない植物のことである。


桜井正光

日本には技術力は十分にあるけれど、システム思考の部分が弱いですね。ここはアメリカがケタ違いに強い。アップルはモノをつくるだけでなく、どういうふうに使ったら便利なのか、楽しいのか、ということまで提案するわけです。これは類まれなる構想力があるからこそできることです。


リチャード・デニス

始めたばかりの頃はこれ以上はひどくならないという程ヘタクソなトレーダーの方がいい。実績が出る前に大きな賭けをしたら、それはうまくいかない。小さくトレードしなさい。なぜなら、はじめのうちはそれ以上悪くなり得ないほど出来が悪いからだ。自分のミスから勉強しなさい。(リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした)


小泉光臣

買収して相手先に経営を任せて成功するには、経営哲学について、被買収企業から共感を得られる買収者かどうかでしょう。買収当時、RJRもギャラハーも短期的なキャッシュフローを追い求める米国的な株主至上主義に偏重し、そこからかなりのプレッシャーを受けていました。そこにJTが乗り込み、日本的な、短期でなく中長期の利益を重視する姿勢などを提示したことが、感動を持って受け入れられました。


杉道助

(境のタオル会社を任された当時、タオルを重さで値付けされていて、問屋に卸すとき重さを増やすため水を含ませる業界慣習があるのを見て)私はこれではいけないと思い、自分の会社でまず改革の火の手をあげた。第一に水を打つのはやめて、タオル1ダースの目方はいくらとする、誤差一割以内は認めるなどの規格を定め、もし間違った場合は支配人が全部責任を負うという差紙を製品に貼って売り出した。つまりいまの品質表示みたいものだ。このため包装のまま目方をいちいちはからずに取引できるようになり、以後、この方法が普及した。


清水英雄

つらいことも悲しいこともピンチものり越えて生きることが人生だと言いきかせるのです。自分自身に。そうすると、ふと楽になって、楽しくなって、人生がとても光り輝いてくるんです。


齋藤勇(齊藤勇)

夢に逃げ込みがちな傾向は、とくに最近の若いビジネスマンに顕著です。彼らは「若者は夢を持て」と叩きこまれて育ち、理想的なキャリアデザインを描いて就職活動に臨みます。ところが社会に出ると、理想とはかけ離れた現実が待っています。そこで折り合いをつけるため、架空の「できる人像」をセルフイメージして現実から目を背けようとします。現実逃避の気持ちが強くなると、「この会社では自分のやりたいことができない」といって転職を目論見ます。最近は入社しても半年もたたないうちに辞める若者も多いようですが、その多くはこのタイプといっていいでしょう。