名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

平林朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

平林朗のプロフィール

平林朗、ひらばやし・あきら。日本の経営者。「HIS」社長。東京出身。高校卒業後、米国の大学に留学。旅行ガイドをしながら米国・中南米を放浪したのちHISに入社。バリ島支店立ち上げで中心的な役割を果たす。34歳で関東営業本部長代理に抜擢される。その後、関東営業本部長、関西営業本部長、取締役情報システム本部長などを経て社長に就任。

平林朗の名言 一覧

「夢」を語ることによってモチベーションを高めることが重要です。今後は私も積極的に「夢」を語っていきたいと思います。


毎年500~600人ほど入社しているのですが、安定志向なので冒険したがりません。そういう人材を採用してしまっているところがあります。いわゆるベンチャー魂が欠けているのです、ここは人事部だけに任せないで、経営トップがしっかり自分でみて元気な人を採用することも必要です。澤田が採用に関わっていた時代はベンチャー精神に溢れた人材を積極的に採用していました。採用の仕方についても少し考えて行かなければと思います。原点回帰は人事面でも大切です。


このくらいの所帯になってきますと、社会通念上コンプライアンスや過去からの慣習などが重視されてしまいがちになります。いかに型にはまらずにいられるかの企業家精神が育ちやすいような環境を作るのが大切だと考えています。


社長とその他ではやはり先を見る時間の長さ、ここが一番違うように思います。ゴルフに例えるなら、これまで私は、誰かが打ったドライバーの後にセカンドを打ってグリーンまわりを打つ役回りでした。それが、ティーグラウンド、それもバックティーから打つようなもので、全体を見回してからどう攻めるか考えて、打たなければならなくなりました。


平林朗の経歴・略歴

平林朗、ひらばやし・あきら。日本の経営者。「HIS」社長。東京出身。高校卒業後、米国の大学に留学。旅行ガイドをしながら米国・中南米を放浪したのちHISに入社。バリ島支店立ち上げで中心的な役割を果たす。34歳で関東営業本部長代理に抜擢される。その後、関東営業本部長、関西営業本部長、取締役情報システム本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

鍵山秀三郎

それぞれの家庭に家風があるように、会社には社風があります。私はこの社風が、経営をしていくうえで最も大切なものだと考えています。私は売上や利益の規模だけがいい会社の尺度だとは思いません。


出雲充

我々がミドリムシの技術を完成させて、約12年たちますが、12年の差を追い付いて追い越すことは容易ではありません。もちろん油断しているわけではないですが、12年間我々も何もしていないわけではないので、2周離していれば、技術開発競争ではセーフティーゾーンだと思っています。


川辺友之

最近では、会社員をしながら副業のためにクラウドファンディングを利用する人もいます。自分自身を1つの企業のように見なし、副業という形で「事業の多角化」を目指す人が増えていると感じますね。会社員という「本業」を維持した上で副業に挑戦し、将来手がけるビジネスの可能性を確かめることは、とてもいいと思います。


瀬戸欣哉

モノタロウ創業の経験から言えることは、サラリーマンとして新たな事業を立ち上げることの難しさは、突き詰めれば与えられる裁量ではないでしょうか。モノタロウの場合は、住商もグレンジャーも様子見で、僕が全てを決められました。お金も人もノウハウも、リソースがほとんどなかったことが自分たちでゼロから作り上げていくという覚悟につながり、チーム全員の当事者意識が高まったと思います。組織の論理に左右されず、事業の成長に必要なことを自ら考え、実行できるか。成否はそこにかかっています。


鈴木貴子(経営者)

工夫は社内のイントラネットで情報共有できるようにしている。いいと思うのは「拍手ボタン」を押せるようになっており、私も時間を見つけてはボタンを押している。


シェイクスピア

ふたつの道のうち、どっちにしても極端に走るような人は、嫌悪すべきだ。


赤松健

僕は起業に必要な条件を、「資金、信用、アイデア」の3つだと考えています。中でも重要なのが、資金と信用。最近、起業を考えている若い人から相談を受けることが多いのですが、皆、アイデアはある。でも、お金と社会的信用がないんです。


井口尊仁

投資家を納得させないと、資金も集まらない。それに有効な武器がプレゼン。だから予定調和的なやり取りはムダどころか繰り返せば、会社が潰れる。潰れたら、自分のやりたいことはできず、世の中に貢献もできないままに消えちゃう。その飢餓感と焦りがあるから、僕のプレゼンは命がけ。感情を込めずに棒読みしたり、個条書きのスライドをだらだら説明したりするなんてできるわけがない。


古屋雄作

自分が思う「本当に面白い番組がつくりたい」とテレビ制作会社に入社しましたが、番組を作っていく過程で、とんがった企画が会議を経てどんどん丸くなっていく姿をたくさん見ました。このやり方では自分がやりたいようなことはできないかもと思いました。

【覚え書き|フリーになったきっかけについて】


鈴木英敬

個人的共感を呼ぶことを大事にしています。ロンドンのときは登壇の際に少しでも共感を持ってもらおうと、クイーンの音楽を流して「皆さんの前でプレゼンするので、バーバリーの新しいスーツで来ました」というようなことから話をしましたね。


青野慶久

自分の仕事を冷静に振り返ってみると、「やらなくていい仕事」は意外とたくさんあるものなんです。私もそうですが、1日の仕事をTODOリストをつくって管理している人は多いと思います。しかし、そのリストをよく見てみると、とくに今日やらなくてもいいことまで入っていることがよくあります。場合によっては「当面やらなくていいこと」まで入っているかもしれません。そういったものを探し出して外していって、残ったものが本当の「今日やるべき仕事」であるわけです。やってみると、それほどの数にはならないと思います。


テリー伊藤

常識にちょっとしたアレンジを加えるだけで、大きなアクセントになる。みんなが知っている常識にはしっかりとした軸があるから、崩しやすいんですよ。