名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

平林実の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

平林実のプロフィール

平林実、ひらばやし・みのる。日本の経営者。居酒屋「東方見聞録」「月の雫」などを運営する三光マーケティングフーズ創業者。東京出身。法政大学卒業後、定食屋三光亭を開業。その後、東方見聞録で個室居酒屋ブーム、金の蔵ジュニアで低価格居酒屋ブームをけん引した。同社の売上を260億円以上に成長させた経営者。

平林実の名言 一覧

揺らぐことのない野心と希望さえあれば、夢は実現する。


レストランで働きながらもいろいろな店舗をウオッチしていましたが、そこで私なりに出した結論は、繁盛店の条件は立地に尽きるということ。


僕は雑念・雑学・雑種なので、もがいて新しいものをつくっていくしかないんです。


供給側の論理がいくらあっても仕方がないんです。消費者がどんなものを求めているかという視点が大事なんです。


社長室でふんぞり返っていないで現場へ。それが何よりも大切です。


自分の「好き」を突き詰めていれば、つらい時期があっても、問題を打破しようとポジティブになれます。


ダーウィンが進化論で述べたように、「強いものよりも変化するものが生き残る」のです。この言葉を胸に留めておいてほしいと思います。


「いまはあらゆる商品やサービスが行き渡っているから、みんなモノを買わなくなった」という人もいます。そうした意見はたしかに世の中の一面を捉えているかもしれません。しかし、本当にそれでいいのでしょうか。時代や状況に応じて、消費者のニーズは刻々と移り変わっていくものです。それを的確に捉えることこそが、商売の面白さだと私は思います。そして、その面白さを味わうためには、私たち自身も変化していかなくてはなりません。


もともとは神田駅の高架下で始めた店が私の原点です。わずか5,5坪、15席の小さな店舗でした。そこで最初に始めたのは定食屋です。お客様はそれなりに入ったのですが、私は満足できませんでした。「狭いスペースをもっと効率的に使える方法はないものか」私は職人タイプではありませんから、飲食店を経営するにあたっても合理性で勝負したいと思っていたのです。


お客様に支持していただける商売を見つけるコツは何かというと、常に現場に出て自分の目でマーケットを見ることです。そして、始めた商売のどんな部分をお客様が喜んでくださっているか、あるいは不満に思っているのか、改善点を常に探し続けることです。


商売のタネを見つけるためには、常識にとらわれないことも重要であり、そこで私が大切にしているのが、自分の好きに生きる「ガキンチョの心」です。もちろん、会社経営にあたっては、人並み以上の常識は必要です。しかし、その一方で少々常識外れでも、これと思ったひとつのことに夢中になってエネルギーを注ぎ込む情熱を持ち続けることを忘れてはいけません。


既存の大手チェーン3社がしのぎを削る牛丼市場に参入するのは無謀という見方がありました。しかし、私は「工夫すれば隙間は必ず見つかる」という強い信念をもっていました。
【覚書き|牛丼チェーン「東京チカラめし」を開業したときを振り返っての発言】


カップルのお客様が団体のお客様の隣席になり、ガッカリされているのを現場で見て、どうにかできないか思案しました。そこで頭の中に浮かんだものが、当時流行し始めたカラオケボックスで、「そうか、パーソナルな空間を居酒屋でも用意したらきっと喜んでいただけるはずだ」と閃きました。
【覚書き|個室居酒屋「東方見聞録」を開業するきっかけを語った言葉】


すべての店舗の立地条件選択に私自身が関わり、オープンの日は必ずふらりと店を訪れることにしています。店舗スタッフはお客様に紛れた私に気づかないので、ごく普通に店舗をチェックできます。その結果、ライバルの居酒屋企業が営業利益率5%に満たなかったり、営業赤字に苦しむ中、コンスタントに10%前後の営業利益をキープすることができているのだと思います。


大学を卒業してから飲食一筋。人と違うアイデアを思いついて実行しても、すぐに真似されて競争が激化する厳しい世界です。そこで、ガムシャラにオリジナリティを追求することに全力を注いできました。


「均一居酒屋は価格を下げてその分量を減らしている」という先入観を絶対否定しろと社内では話しています。鳥貴族さんと同じ量を2本出すように変えて半年になりますが、今度は3本にすることに決めました。焼きそばだって量に驚いてくれるはずです。価格訴求と見た目の明確な違いがお客様にとって大切です。


私たちは居酒屋業界のサイゼリヤを目指します。居酒屋だけが仕込み作業にこだわっていますが、ファミレスとかファストフードには、開店も閉店も休憩もありません。


お金を出す以上、お客様目線では、同じものなら価格は同じ、飲食店だから高く、物販店だから安いという言い訳は関係ありません。たとえば、近所のスーパーなら300円弱で買えるビールが、飲食店で飲むと500円。いままでの価格設定は、我々の身勝手にすぎません。居酒屋を水商売ではなく、産業化するためには、お客様目線で価格破壊をしなきゃいけないのです。


飲食店経営を目指す人の多くは、オーナーになった実感を味わいたいということから、最初から居心地の良い立派な店舗を望む傾向が強い。しかし、これこそ飲食店を開業して失敗する代表的なパターンです。


平林実の経歴・略歴

平林実、ひらばやし・みのる。日本の経営者。居酒屋「東方見聞録」「月の雫」などを運営する三光マーケティングフーズ創業者。東京出身。法政大学卒業後、定食屋三光亭を開業。その後、東方見聞録で個室居酒屋ブーム、金の蔵ジュニアで低価格居酒屋ブームをけん引した。同社の売上を260億円以上に成長させた経営者。

他の記事も読んでみる

荻原博子

デフレ時における家計の鉄則は、「借金を減らして、現金を増やす」。住宅や車のローンを抱える人は、繰り上げ返済をして負債を減らしましょう。デフレ下では現金の価値が上がるので、手持ちの現金を増やすことが一番の資産運用になるのだと心得てください。


牧野克彦(セールストレーナー)

好印象を持ってもらうには満面の笑顔、これが第一。ふたつ目は挨拶です。「おはようございます」と先に笑顔で言葉を発し、その後に礼をする。言葉と同時にするよりもはるかに好印象です。そうしたほうがお客様の印象に残ります。


津賀一宏

メーカーがイメージしているお客様が求めるものと、実際のニーズとがズレてきている。これは各社共通です。


藤井孝一

私は、毎日夕方の5時から6時をメールマガジンの執筆にあて、その時間は原則として、他の予定入れず電話にも出ません。この1時間で書き上げ翌朝の配信予約をするという仕組みを確立したことが、これまで10年間も休まず発行し続けることができた秘訣だと思っています。もし仕組みをつくらず、1日のうちどこかで書けばいいと考えていたら、ここまで長続きしなかったでしょう。


末吉興一

公務員になった以上は国のために仕事をするという思い、そこが「天職」だと思ってやってきました。


石原壮一郎

若い世代はただ打たれ弱いだけ。注意されることを拒否しているわけではなく、いろいろ言ってもらって成長したい気持ちはある。


レイ・クロック

私の仕事は、顧客の売上げを伸ばすことで、顧客の利益を奪うことではない。


能町光香

毎朝オフィスに足を踏み入れたときに「挨拶」と「観察」を忘れないことも大事です。一人ひとりと言葉を交わし、表情を確認しましょう。仕事が問題なく進められているか、困っていることはないかを見て取り、必要に応じて「最近調子どう?」と声をかけましょう。「あなたをきちんと見ています」という態度は、必ず相手の心に響きます。


池田弘(経営者)

やりたいことをやっていれば、人の目などまったく気にならなくなる。


野口悠紀雄

自分の仕事の本質は何かを考え抜くことが大切。レストランの仕事を例にすると、(技術の進歩で)会計処理の仕事や仕入れの仕事などは自動化できますし、それによって効率化できるでしょう。また、料理の自動化も可能だと思います。膨大なデータから最適なレシピを導き出し、それを最適な調理法で料理する。しかし、客は機械の作った料理より、人間のシェフの作った料理を食べに来るはずです。それがその仕事の本質的な価値だからです。つまり、シェフにとってテクノロジーの発達は、会計や仕入れなどに忙殺されず、本当にやりたい仕事だけに集中できる絶好のチャンスだということになるのです。


ディオン・ワイズラー

「優れた製品」から「選ばれる製品」へと開発方針を大きく転換した。その結果、今年に入り、パソコンの世界シェアで4年ぶりにトップに返り咲くなど、ようやく明るい兆しが見えてきた。


川村六郎

高度成長期からバブル期と商品を置けば売れた時代が長く続き、ぬるま湯にどっぷりつかっていました。スーパーでは当たり前に行われていた部門別の収益管理ができておらず、売り上げはつかめても利益が見えない状態でした。店舗裏には在庫が山のように積みあがっていて、中にはバブル期に飛ぶように売れたというドレスが150万円の値札を付けたまま放置してある。