名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

平松二三生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

平松二三生のプロフィール

平松二三生、ひらまつ・ふみお。日本の経営者。「アイアイシー」「R3Corporation」社長。愛知県出身。

平松二三生の名言 一覧

お金より経験を重視し、人の仕事の手伝いをたくさんこなし、自分以外の人がつくったシステムを多く見たことで視野が広がりました。このときの経験は大きな財産になっています。
【覚え書き|フリーランス当時を振り返って】


平松二三生の経歴・略歴

平松二三生、ひらまつ・ふみお。日本の経営者。「アイアイシー」「R3Corporation」社長。愛知県出身。

他の記事も読んでみる

長榮周作(長栄周作)

私はかつて、インドネシアの関連会社で仕事をしたことがありますが、ここではショッキングなことがいろいろ起こりました。現地の事情や社員の考え方が、日本とはまったく違いますから。しかしそのおかげで、国内にいたのでは決してできない経験をすることもできました。


庄司正英

当社これまで、パチンコ業界の旧弊と戦い続けながら、一方で常に新しいサービスにチャレンジしてきました。今後もサービス業のプロフェッショナルとして、お客様にワクワクしていただけるような新たな可能性を発掘していきたい。


山内奏人

じつは事業は中1の頃からやろうしていたんです。ただ、つくったサービスがビックリするほど誰も使ってくれなくて失敗しました(笑)。学校の授業って、つまらないものもありますよね。だから学生の投票で新しく授業をつくるサービスをリリースしてみたのですが、十数人しか投票してもらえなくて。大失敗です。ただ、そのとき使っていたシェアオフィスにdelyの堀江(裕介)さんという人がいて、「うちに来なよ」と誘ってもらいました。だから12歳から報酬をもらって働いていました。やっていたのは半年くらい。そのあとはいろんな会社でプログラマーとして仕事をしていました。


米山久

リピート率の高い店舗は、外的要因の影響を受けづらく、売り上げが安定する。


高橋みどり

いまでこそ一流ブランドのプレス担当といえば、華やかな仕事というイメージが定着していますが、私が働きはじめた27年前、まだこの世界ではプレスの仕事自体が確立されてはいませんでした。私は「販売促進担当」という肩書きをもらっていたのですが、どのように仕事を進めたらいいか、教えてくれる人は誰もいなかったんです。モデルとなる先輩もいなければ、アドバイスをくれる同僚もいない。そんな状況で、人びとの目に留まり、その心を動かして、商品やブランドのイメージアップと売上げ増につながる広告や宣伝をするにはどうすればいいのか、試行錯誤をしながら仕事を進めていくしかなかったんです。


重松理

我々の店がある東京・原宿にユニクロが出店してから、少したった頃のこと。当社が5千円で売っていたカットソーと似た商品が、ユニクロでは千円程度の売価でした。もちろん素材などは違うのですが、見た目が似ているから、5倍の値段では売れないと判断して、売り場から撤去したのです。それで結局、品ぞろえのバランスを崩してしまいました。思い直して商品を戻すと、我々の店舗ブランドに忠誠心がある顧客は、物が違うのだと、納得してくれました。競合を過剰に意識するのではなく、顧客ニーズを見極める大切さを学び、業績もV字回復しました。


内永ゆか子

大切なのは会話に踏み出すこと。まずは「ハロー」と言って相手に声をかけ、自分は日本から来たこういう人間だと、拙い英語でも、きちんと伝えてみてください。相手はきっと応えてくれます。こういうことの積み重ねが大事なのです。


井崎脩五郎

競走馬というものは、あまり頭が良すぎると駄目だ。少し良いくらいがいい。頭の良い馬は、戦況を自分で判断し、レースを途中で投げてしまうからだ。


小林靖弘

人の言われたとおりにやって失敗をしたら「言われた通りやってみましたけどうまくいきませんでした」と人のせいにしがちです。しかし自分で考えたこと、自分で決めたことならば普通、人のせいにはしません。自分の何がいけなかったのかと考えるのです。そうすると周りの人とすごくいいパートナーシップが出来て、いい仕事が出来ていくと思っています。


張瑞敏

従来、「企業の価値」とは要するに「自社にどれだけ利益を残すか」ということで測られてきました。ネット時代においては「顧客をどれだけ持っているか」あるいは「新たに獲得できるか」ということが、より優先する価値になります。ネットによって、製品を作る前に顧客と大いに相互交流できるようになりました。顧客はどんなものを欲しがっているのか。いくらなら買うのか。それはどのくらいの人数なのか。多くの顧客を抱える企業であればあるほど、こうした市場ニーズを的確に製品開発、価格設定、生産計画に反映できます。


金丸恭文

賢い人は、できない理由を探す。自分には何もなかったので、とにかく思い切ってやるしかなかった。

【覚え書き|起業するときに周囲から反対されたことについて】


澤田道隆

インバウンド人口を年間3000万と考えると、その半分強の1500万から2000万人が女性です。子供は少ないと考えると、ほとんどが化粧品の購入層です。一方、日本の人口をざっと1億人と考えて、その半分の女性のうち、子供などを除いた化粧をする層は2000万から3000万人。つまり、インバウンドの旅行客と日本にいる人とが、同規模になっていて、その差は小さくなっています。となると、メーカーは日本だけをイメージしたブランドを作る必然性がないんです。それよりも日本以外、たとえばアジアの方々にも好んで使ってもらえるような発想で考えた時、ブランドの目指す価値観は変わるはずです。他社はこうした意識変革でも先行しているので、花王も追いつかないといけません。