名言DB

9425 人 / 110833 名言

平強の名言

twitter Facebook はてブ

平強のプロフィール

平強、たいら・つよし。米国在住の日本人起業家、ベンチャーキャピタリスト。鹿児島県出身。日米の電子機器・半導体メーカーを経て、三洋電機の米国法人に20年間勤務し会長を務める。その後独立し、電子技術ベンチャー専門のベンチャーキャピタル、タザン・インターナショナルを設立。シリコンバレーでベンチャーキャピタリストとして活躍し、有望なベンチャー企業を発掘し支えた人物。

平強の名言 一覧

シリコンバレーでは、経営者が強力な指導力を発揮しなければ事業は成功しない。トップがビジョンと進むべき方向性を社員にはっきりと示せなかったら事業の成功は望めない。


企業経営は戦略を明確化し、目標に向かって徹底的に立ち向かうことが成功の秘訣。


古い秩序が崩壊し始めたことは、日本のビジネスマンにとって苦しみではありません。大企業にとらわれていた優秀な人材が世の中に出て自らの実力を問うチャンスの到来です。


日本には起業家がいないのではなく、大企業の中に眠っているだけです。とくにこの10年、日本の大企業を支えてきた中間管理職や、各部門のリーダーの働きを見てください。彼らの努力とエネルギーは米国のアントレプレナー(起業家)以上です。


企業の業績が伸びない中で、改革案を練り実践に移す。あるいは少なからずリスクの伴う新製品の開発を例にとってもいいでしょう。そういう役割を担った企業内のリーダーは、ものすごい圧力の中で仕事をしています。もし、そういう根性とバイタリティのある人材が、足の引っ張り合いや出る杭は打たれる環境から解放されたらどうでしょう。米国人のアントレプレナー(起業家)と互角以上に戦えると私は信じています。問題は彼らが大企業を捨てようとしないことです。


実力さえあれば、信用はいずれついてきます。私は独立して三洋電機という看板を失っても仕事がなくなるどころか、自由に決断できるようになって、逆にめまぐるしく仕事に追い回されています。


大企業には小さい企業にはないブランドとか看板があります。しかし、大企業の看板はそんなに大切でしょうか。大企業といっても所詮は小さな企業グループの集団にすぎません。しかも、ほとんどの事業が縦割りで横の連絡がないのが普通です。イメージや信用が看板によって得られるのは確かです。しかし、実際には事業を行っているのは、各事業グループの人びとであって看板ではありません。看板のメリットよりも、社内の手続きや説得に自分の労力の80%以上を割かなければならないデメリットの方がよっぽど大きい。


私の経験では、大企業の中で自分のやりたい仕事をやり通そうと思えば、社内の対策に80%を費やさなければなりません。残り20%しか本来の仕事に振り向けられないのです。


いまから4年前、三洋電機の米国子会社会長のポストを捨て独立すると言い出したら、同僚や上司から異口同音に諌められました。「50歳を過ぎて会社を飛び出したところで、三洋の看板がなくなれば明日から飯の食い上げだぞ。やめておけ」と。しかし、私はシリコンバレーに住み、そこでベンチャーキャピタルを設立しました。いまでは上場企業に成長した2社を含む8社の役員を務めるようになりました。日本によく知られた企業は残念ながらありませんが、投資した企業も大半が成功しています。


社内に抵抗勢力があれば成功の確率は下がる。私の経験から言えることだが、成功するスタートアップ企業のチームワークは強固で素晴らしい。経営陣のケミストリー(相性)がすごく良い。こうでないと成功はまずない。


文化の違いで商品の売れ筋が大きく変わる。また、独特な文化が外来からの市場参入に対する大きな壁となっている。


平強の経歴・略歴

平強、たいら・つよし。米国在住の日本人起業家、ベンチャーキャピタリスト。鹿児島県出身。日米の電子機器・半導体メーカーを経て、三洋電機の米国法人に20年間勤務し会長を務める。その後独立し、電子技術ベンチャー専門のベンチャーキャピタル、タザン・インターナショナルを設立。シリコンバレーでベンチャーキャピタリストとして活躍し、有望なベンチャー企業を発掘し支えた人物。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

個別銘柄に投資するのは「当たるも八卦」的なところがあり、自宅購入費や子供の学費など失ってはいけない「守るお金」を投資するのに適しているとはいえません。ただし、良い株に当たった場合には、投資したお金をそれこそ何倍、何十倍と増やすことができるのが株式投資の魅力です。ただ、プロでも予想をはずすことが多く、インデックス全体の値動きにすら勝てない場合も少なくないことは認識しておく必要があります。


澤上篤人

どうも世の投資家は、「今回の相場」にこだわるのが、お好きのようだ。だから、底値で買って天井を売り、できるだけ大きく儲けたいと目をつり上げることになる。相場なんて今回限りではない。株式市場では、年に3~4回は暴落と言っていいような急落局面に遭遇する。10年間だと、30回は派手な株価下落にブチ当たるわけだ。だったら、ドカーンと下げる度にしっかり買っておき、相場上昇の熱気が高まってくるにつれて薄く薄く売り上がっていって利益確定しておくのだ。そして、「次の下げで、待ってましたの買いを入れる」を繰り返したらいい。


横田尚哉

目標達成をプロジェクトとしてとらえると、どのようなプロジェクトも基本的な進め方は同じで「段取り→加工→熟成→評価→仕上げ」というプロセスでゴールに近づいていきます。このうちもっとも重要なプロセスは段取りです。「段取り八分、作業二分」といわれるように、仕事のクオリティは段取りの段階でほぼ決まります。評価や仕上げのプロセスに入ると、改善余地はごくわずかです。目標を達成できるかどうかも、段取りの時点で確定すると言っていいでしょう。


永守重信

私は毎日、手帳にやるべきことをすべて書き出した紙を挟み込み、そのすべてが終わるまで帰らないようにしています。


山田邦雄

もう一度気合いを入れ直し、社員に挑戦的な意識を植え付けるために、新スローガンを社員主導で考えてもらった。社員には、実力を少し超える水準への背伸びをし続けてもらいたい。


住谷栄之資

人間の感情や心理をより深く理解するためには、「心のゆさぶり」が起きるような経験をたくさんして、様々な感情を自分で経験するしかありません。仕事なら真剣に本気でやってみる。そうすると、喜怒哀楽いろいろな感情が湧き起こってきて、感情の揺れ幅はどんどん広がっていくはずです。


倉重英樹

どんな中でも答えはある。諦めずに追求する、その気持ちが切れた瞬間に答えがなくなる。


安藤文男

説明する時はこちらもきちんとした説明ができないといけないし、こちらが怒るにしても怒り方や言い方には注意するようにしています。


永守知博

父(永守重信)は厳しいですね。理屈じゃない、昔の昭和の厳しさです。勉強しろとか、こう生きろといったことは一切言いませんが、社会に迷惑をかけることはするなとしつけられました。


熊坂隆光

他の全国紙に比べ部数は少ないですが、産経新聞の良さは、論調といいますか、路線にあると思います。タブーを設けずに、何にでも果敢に発言していく。特に、今の時代の風潮に対してはかなり強く警鐘を鳴らしてきたので、その点が評価され、時代に受け入れられているという実感があります。