名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

平強の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

平強のプロフィール

平強、たいら・つよし。米国在住の日本人起業家、ベンチャーキャピタリスト。鹿児島県出身。日米の電子機器・半導体メーカーを経て、三洋電機の米国法人に20年間勤務し会長を務める。その後独立し、電子技術ベンチャー専門のベンチャーキャピタル、タザン・インターナショナルを設立。シリコンバレーでベンチャーキャピタリストとして活躍し、有望なベンチャー企業を発掘し支えた人物。

平強の名言 一覧

シリコンバレーでは、経営者が強力な指導力を発揮しなければ事業は成功しない。トップがビジョンと進むべき方向性を社員にはっきりと示せなかったら事業の成功は望めない。


企業経営は戦略を明確化し、目標に向かって徹底的に立ち向かうことが成功の秘訣。


古い秩序が崩壊し始めたことは、日本のビジネスマンにとって苦しみではありません。大企業にとらわれていた優秀な人材が世の中に出て自らの実力を問うチャンスの到来です。


日本には起業家がいないのではなく、大企業の中に眠っているだけです。とくにこの10年、日本の大企業を支えてきた中間管理職や、各部門のリーダーの働きを見てください。彼らの努力とエネルギーは米国のアントレプレナー(起業家)以上です。


企業の業績が伸びない中で、改革案を練り実践に移す。あるいは少なからずリスクの伴う新製品の開発を例にとってもいいでしょう。そういう役割を担った企業内のリーダーは、ものすごい圧力の中で仕事をしています。もし、そういう根性とバイタリティのある人材が、足の引っ張り合いや出る杭は打たれる環境から解放されたらどうでしょう。米国人のアントレプレナー(起業家)と互角以上に戦えると私は信じています。問題は彼らが大企業を捨てようとしないことです。


実力さえあれば、信用はいずれついてきます。私は独立して三洋電機という看板を失っても仕事がなくなるどころか、自由に決断できるようになって、逆にめまぐるしく仕事に追い回されています。


大企業には小さい企業にはないブランドとか看板があります。しかし、大企業の看板はそんなに大切でしょうか。大企業といっても所詮は小さな企業グループの集団にすぎません。しかも、ほとんどの事業が縦割りで横の連絡がないのが普通です。イメージや信用が看板によって得られるのは確かです。しかし、実際には事業を行っているのは、各事業グループの人びとであって看板ではありません。看板のメリットよりも、社内の手続きや説得に自分の労力の80%以上を割かなければならないデメリットの方がよっぽど大きい。


私の経験では、大企業の中で自分のやりたい仕事をやり通そうと思えば、社内の対策に80%を費やさなければなりません。残り20%しか本来の仕事に振り向けられないのです。


いまから4年前、三洋電機の米国子会社会長のポストを捨て独立すると言い出したら、同僚や上司から異口同音に諌められました。「50歳を過ぎて会社を飛び出したところで、三洋の看板がなくなれば明日から飯の食い上げだぞ。やめておけ」と。しかし、私はシリコンバレーに住み、そこでベンチャーキャピタルを設立しました。いまでは上場企業に成長した2社を含む8社の役員を務めるようになりました。日本によく知られた企業は残念ながらありませんが、投資した企業も大半が成功しています。


社内に抵抗勢力があれば成功の確率は下がる。私の経験から言えることだが、成功するスタートアップ企業のチームワークは強固で素晴らしい。経営陣のケミストリー(相性)がすごく良い。こうでないと成功はまずない。


文化の違いで商品の売れ筋が大きく変わる。また、独特な文化が外来からの市場参入に対する大きな壁となっている。


平強の経歴・略歴

平強、たいら・つよし。米国在住の日本人起業家、ベンチャーキャピタリスト。鹿児島県出身。日米の電子機器・半導体メーカーを経て、三洋電機の米国法人に20年間勤務し会長を務める。その後独立し、電子技術ベンチャー専門のベンチャーキャピタル、タザン・インターナショナルを設立。シリコンバレーでベンチャーキャピタリストとして活躍し、有望なベンチャー企業を発掘し支えた人物。

他の記事も読んでみる

渡瀬謙

私は、初めての訪問の際には、先方の玄関先に30分前に着くように行動しています。電車が遅れたり、道に迷ったりするリスクも考えてのことです。もちろん、多くの場合は時間が余ることになります。ですが、この余った時間は決して無駄ではありません。たとえば、駅からの道をあえてゆっくり歩く。会社に着いてしまったら、とりあえず周りを一周してみる。そうしてやはり「話のネタ」を探します。「裏に懐かしい感じの駄菓子屋さんがありますよね」「駅前のラーメン屋さん、すごい行列でしたね」と、こうした話題からスムーズに会話に入っていけるのです。


浅野いにお

物語に対して作者側がどれだけ干渉すべきなのかが問題。物語に作者が出過ぎちゃうと読む人にとってはそれがウザい。


秋山利輝

目の前のことを、常に101パーセントの力を出してやれ。


天野浩

遠い目標を持ちつつ、日々を大切に過ごす。そのバランスはとても大事。


プブリウス・シルス

変更できない計画は、悪い計画だ。


末木紳也

40代に差しかかると、必ずしも資格を取ることが絶対有利とは限りません。誰しも資格はなくても、長年培ったキャリアや専門分野、ノウハウ、スキルなどがあるはずですから、それらを前面に打ち出して勝負すべき時期なのです。


渡邉美樹

僕は経理の勉強をしていたんですけど、経営にとって重要なのは赤字とか黒字とかじゃないってことに気づいていなかった。経営にとって一番重要なのは、現金があるかどうか。キャッシュフローこそがすべてなんです。僕はそれをわかっていなかった。だから黒字なのに潰れそうになりました。キャッシュフローという概念がなかったんですね。


吉越浩一郎

トリンプでは、「緊急性は低いけれど、重要性は高い仕事」に私がデッドライン(締め切り)を設定しました。緊急性を強制的に上げることで、仕組みづくりに社員を取組ませ、残業を減らしていきました。


中田みち

地域密着、顧客密着に徹する経営を今後も継続させることが、より多くのファン顧客を作ることにつながる。


安藤俊介

総じて言えることは、自分の怒りの境界線を知り、許せる範囲を広げること。さらに、怒ること自体が悪いのではなく、怒っている自分が何に怒っているかを冷静に分析し、相手にその意思を上手に伝える。また、プラスのエネルギーに変える。怒りをうまく利用することも大事です。


川原秀仁

新規事業の創出をはじめ事業戦略を一緒に考えてほしいという要望が増えています。新規事業ですから建物も従来の発想では駄目で、金融ならフィンテック、メディアならネット配信などに対応する施設の在り方や事業戦略も提案しています。


数土文夫(數土文夫)

部下育成という観点でいえば上司は2つのタイプに分かれます。

  1. 目についた部下の欠点を的確に見抜いて指導していくタイプ。
  2. 部下の欠点はわからなくても、長所を見出しそれを評価していくタイプ。

私の経験上、欠点や短所を直そうとするよりも、長所を認めて、褒めた方が部下は育ちます。