平強の名言

平強のプロフィール

平強、たいら・つよし。米国在住の日本人起業家、ベンチャーキャピタリスト。鹿児島県出身。日米の電子機器・半導体メーカーを経て、三洋電機の米国法人に20年間勤務し会長を務める。その後独立し、電子技術ベンチャー専門のベンチャーキャピタル、タザン・インターナショナルを設立。シリコンバレーでベンチャーキャピタリストとして活躍し、有望なベンチャー企業を発掘し支えた人物。

平強の名言 一覧

シリコンバレーでは、経営者が強力な指導力を発揮しなければ事業は成功しない。トップがビジョンと進むべき方向性を社員にはっきりと示せなかったら事業の成功は望めない。


企業経営は戦略を明確化し、目標に向かって徹底的に立ち向かうことが成功の秘訣。


古い秩序が崩壊し始めたことは、日本のビジネスマンにとって苦しみではありません。大企業にとらわれていた優秀な人材が世の中に出て自らの実力を問うチャンスの到来です。


日本には起業家がいないのではなく、大企業の中に眠っているだけです。とくにこの10年、日本の大企業を支えてきた中間管理職や、各部門のリーダーの働きを見てください。彼らの努力とエネルギーは米国のアントレプレナー(起業家)以上です。


企業の業績が伸びない中で、改革案を練り実践に移す。あるいは少なからずリスクの伴う新製品の開発を例にとってもいいでしょう。そういう役割を担った企業内のリーダーは、ものすごい圧力の中で仕事をしています。もし、そういう根性とバイタリティのある人材が、足の引っ張り合いや出る杭は打たれる環境から解放されたらどうでしょう。米国人のアントレプレナー(起業家)と互角以上に戦えると私は信じています。問題は彼らが大企業を捨てようとしないことです。


実力さえあれば、信用はいずれついてきます。私は独立して三洋電機という看板を失っても仕事がなくなるどころか、自由に決断できるようになって、逆にめまぐるしく仕事に追い回されています。


大企業には小さい企業にはないブランドとか看板があります。しかし、大企業の看板はそんなに大切でしょうか。大企業といっても所詮は小さな企業グループの集団にすぎません。しかも、ほとんどの事業が縦割りで横の連絡がないのが普通です。イメージや信用が看板によって得られるのは確かです。しかし、実際には事業を行っているのは、各事業グループの人びとであって看板ではありません。看板のメリットよりも、社内の手続きや説得に自分の労力の80%以上を割かなければならないデメリットの方がよっぽど大きい。


私の経験では、大企業の中で自分のやりたい仕事をやり通そうと思えば、社内の対策に80%を費やさなければなりません。残り20%しか本来の仕事に振り向けられないのです。


いまから4年前、三洋電機の米国子会社会長のポストを捨て独立すると言い出したら、同僚や上司から異口同音に諌められました。「50歳を過ぎて会社を飛び出したところで、三洋の看板がなくなれば明日から飯の食い上げだぞ。やめておけ」と。しかし、私はシリコンバレーに住み、そこでベンチャーキャピタルを設立しました。いまでは上場企業に成長した2社を含む8社の役員を務めるようになりました。日本によく知られた企業は残念ながらありませんが、投資した企業も大半が成功しています。


社内に抵抗勢力があれば成功の確率は下がる。私の経験から言えることだが、成功するスタートアップ企業のチームワークは強固で素晴らしい。経営陣のケミストリー(相性)がすごく良い。こうでないと成功はまずない。


文化の違いで商品の売れ筋が大きく変わる。また、独特な文化が外来からの市場参入に対する大きな壁となっている。


平強の経歴・略歴

平強、たいら・つよし。米国在住の日本人起業家、ベンチャーキャピタリスト。鹿児島県出身。日米の電子機器・半導体メーカーを経て、三洋電機の米国法人に20年間勤務し会長を務める。その後独立し、電子技術ベンチャー専門のベンチャーキャピタル、タザン・インターナショナルを設立。シリコンバレーでベンチャーキャピタリストとして活躍し、有望なベンチャー企業を発掘し支えた人物。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

杓子定規に話すだけでは、嫌われはしないが好かれもしない。むしろ話に中身がなくても、とりあえず「うれしい」「楽しい」「悔しい」といった感情を前面に出す方が、親近感や共感を呼びやすい。


新川義弘

私が偉そうにふんぞり返っていたら、スタッフも耳を傾けてはくれないでしょう。私が店に行って一番初めにするのは、スタッフ一人一人に笑顔で声をかけることです。厨房の奥まで入っていって、「おはよう、タケシ。新メニューはどうだ?」「おはよう、マチコ。今日も元気がいいなー」という具合です。


荒井正昭

当社グループでは製造と販売の両部門が緊密に連携。毎週、全社員約550人が一堂に会するミーティングを開き、社員一人一人が感じた生の情報を共有しています。


木村尚敬

組織を動かす武器になるのが情報だ、トップは現場の情報をすべて見渡せているわけではない。ミドルがどのような情報を上げるかによって、トップの判断は多くの影響を受ける。ただ、裏を返すと、ミドル自身も部下から上がってくる情報で踊らされている可能性がある。的確な判断をするには、部下に包み隠さず情報を上げさせることが重要だ。


イチロー(鈴木一朗)

どんな結果に対しても、僕はそれを受け入れる。失敗したときの自分の立場が怖いからといって、変な理由づけはしません。だから僕の発している言葉に嘘はないはずです。


小池百合子

アラブで日本は特別扱いですよ。カダフィでさえ机の上に明治天皇の写真を飾っていて、明治維新に学んで、自分はそれに倣って革命を起こしたと言います。多くのアラブの国々で全体的に言えるのは、アメリカと戦って原爆を落とされて、ゼロから立ち上がった日本は素晴らしいと。賞賛の嵐ですね。日本に対する憧れは今も消えていないですね。これは日本の財産です。


加治幸夫

お店は何もしなければ必ず寿命が来ます。そうならないためには、業態の鮮度を上げ続けると共に、お客様に忘れさせない、飽きさせない仕掛けが必要。


吉田忠裕

ボリュームゾーンを攻略したいという思いは、15年ほど前からありました。どのレベルの単価を狙うべきか、ずっと議論してきました。「安かろう、悪かろう」ではない、YKKらしい「安かろう、良かろう」を提供するには何をすべきか。逆に、それができなければ、いずれ、YKKはおかしくなる。そんな危機感がありました。


高尾隆

同じ台詞でも、こちらが猫背だと、相手は「この人は不安なのか。本当はどう思っているのか。もしかしたら嘘をついているのか」と感じ、逆に胸を開くと「この人は自信があって、包み隠さず真実を打ち明けている」という印象を持ちます。


大野直竹

目の前の利益を狙うことも必要です。でも、たとえ今、仕事がなくても、お客様の状況やお話から見て数年先にお役に立てそうだと思えば、その日までお世話させていただく。もっと言えば、数年先でなくてもいつかお客様のために仕事ができると思うなら、そのためのアドバイスを長期的にしていく。頭の中にそんな像を描いて仕事をすることが大事なのだと思います。


樋口廣太郎

管理職十訓

  1. 組織を活性化しようと思ったら、その職場で困っていることを一つずつつぶしていけばよい。人間は本来努力して浮かび上がろうとしているのだから、頭の上でつかえているものを取り除いてやれば自ずと浮上するものだ。
  2. 職位とは、仕事のための呼称であり、役割分担を明確にするためにあるものだと考えれば、管理職とは何かがキチンと出てくる。
  3. 先例がない、だからやるのが管理職ではないか。
  4. 部下の管理は易しい。むしろ上級者を管理することに意を用いるべきである。
  5. リーダーシップとは、部下を管理することではない。発想を豊かに持ち、部下の能力を存分に描き出すことである。
  6. YESは部下だけで返事をしてもよいが、NOの返事を顧客に出すときは、上司として知っていなければならない。
  7. 人間を個人として認めれば、若い社員が喜んで働ける環境が自らできてくる。
  8. 若い人は、我々自身の鏡であり、若い人がもし動かないならば、それは我々が悪いからだと思わなければければならない。
  9. 若い人の話を聞くには、喜んで批判を受ける雅量が必要である。
  10. 結局職場とは、人間としての切磋琢磨の場であり、錬成のための道場である。

    中井紀之

    1時間を15分単位、さらに5分単位で意識してみましょう。時間を細分化して意識することで、時間のセンスが磨かれ、無駄な時間にも気づけます。


    山石昌孝

    世界のタイヤ市場は年率3~4%で拡大しています。しかし同時に中国メーカーなどの新規参入も盛んで、低価格を武器にシェアを広げています。新興国以外でも資金力のある大手は直営のタイヤ専門店などの販売網を整備して攻勢をかけています。国内3位、世界で8位の当社が、同じ戦い方をしても消耗戦に陥るだけです。次の100年に勝ち残るには、徹底的に「技術」を磨き、価格競争力や資金力ではなく、「技術力」で勝負することが不可欠です。


    永田豊志

    図解で記憶すると、情報をまとまったストーリーとして理解・記憶できるので、いざ思い出そうとする時に、キーワードの1語をきっかけにして全体の情報を引き出しやすくなる。


    ジェームス・フェリシアーノ

    より複雑化する環境の中では、変化に柔軟に対応できる人材と強い組織を作り上げることが重要。


ページの先頭へ