名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

平岩外四の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

平岩外四のプロフィール

平岩外四、ひらいわ・がいし。日本の経営者。東京電力社長・会長、経団連会長。愛知県出身。東京帝国大学法学部卒業後、東京電力の前身である東京電燈入社。太平洋戦争中、ニューギニア戦線に送られ九死に一生を得て復員。東京電力常務、副社長などを経たのち社長・会長に就任した。

平岩外四の名言 一覧

決断の条件は、小心、大胆、細心。


組織が人を動かす企業は活力を失い、衰退していく。人が組織を動かす企業は発展成長する。


孔子の言葉に「利によって行えば恨み多し」というのがある。現在、地球上に起こっている様々な事象は、多かれ少なかれ当事者たちが「利によって行ってきた」結果である。【覚書き:公益事業を預かる経営者として自分を戒めた言葉。東京電力会長時の発言】


決断の結果に対する毀誉褒貶に惑わされず、「耐える」ことで自らの行動と精神を律していく。これは経営者にとって非常に大切なことだ。 【覚書き|経団連会長を辞任するときに語った言葉。毀誉褒貶(きよほうへん)は褒めることと謗ること】


十対ゼロみたいな勝ち方をしてはいけない。企業も人事も絶対に負けては駄目だが、六対四で勝つことが大事である。


組織が人を動かす企業は活力を失い衰退していく。人が組織を動かす企業は発展成長する(平岩外四、ひらいわがいし、東京電力社長、第7代経団連会長、大英帝国勲章KBE受勲、電気事業連合会会長、宮内庁参与、愛知県出身)


人間は「節目をしっかりつけること」が大事だ。なにか仕事をする、あるいは失敗する、挫折をする、誰もがそういう経験を幾度もするものだ。だが肝心なことは、その「節目」をしっかり認識し、自覚に立って次のスタートをきることだ。


読書というのは、現実に得られない体験を広げてくれたり、またあるときには人間を鼓舞してくれるものですが、私にとっては常に疑問を投げかけてくれる一つの材料です。ですが、書物をあまり重く見てしまうと自分が浮かされてしまう。軽視してはいけないが、重く見てもいけない。


人間、逃げちゃいけないと思うんです。大事な時にふわっと逃げる人がいる。これ落第です。ボールは正面でつかむものです。


平岩外四の経歴・略歴

平岩外四、ひらいわ・がいし。日本の経営者。東京電力社長・会長、経団連会長。愛知県出身。東京帝国大学法学部卒業後、東京電力の前身である東京電燈入社。太平洋戦争中、ニューギニア戦線に送られ九死に一生を得て復員。東京電力常務、副社長などを経たのち社長・会長に就任した。

他の記事も読んでみる

野村忠宏

練習を積み重ね、試合に挑み、私はこれまで柔道の競技の世界を生きてきました。それは非常に厳しい世界でした。しかし、そこで私は、単なる楽しさを超えた大きな成長やこの上ない感動を得ることができました。


尾藤克之

政治の世界では「敵を作らないこと」が最も大事な生き残り術です。下手に禍根を残すと、局面が変わった場面での対処が難しくなります。「相手を徹底的にやりこめない。勝つとしても6対4で」というのが政治の世界での鉄則となっているほどです。これはビジネスの世界でも同じ。いつ大キライだったヤツが自分の上司になるかもわからない。仕事をムゲに断ったヤツから、仕事を教えてもらう日がくるかもしれない。そのとき、過去に禍根があれば、あなたに跳ね返ってきてしまうのです。


柳井正

これから問われるのは、自分の頭で判断して、決めること。周りの空気、隣の人の行動に左右されるなんてことは情けないことだ。


ケイト・ホワイト

間違っても、運が良かっただけですなんて言ってはダメ。自分をいわば伝説上の人物にしてしまうこと。あなたの人物像やキャリアにまつわる伝説をつくり上げる。うわさが独り歩きし始めて、あなたの名前があがるたびにそれが話題にのぼるようになればしめたもの。


北方謙三

いまは、若い人だけではなく、30過ぎ、40代の人までが、人から方法諭を聞こうとするでしょう? そういうやつのことも、俺は「インターネット頭」って言ってるんだけど、知識だけを集めたって、自分の方法論にはならないんですから。


澤田浩

あらゆる事業分野でナンバーワンの企業になるのはなかなか困難です。我が社は2位以下が多く、「ストロング・ナンバーツー」」になろうと言い続けています。「ナンバーワンを脅かし、ナンバーワンが背中を意識せざるを得ないナンバーツーを目指せ」という意味です。ストロング・ナンバーツーの事業が集まり、トータルでリーディングカンパニーになっている例は、日本国内にも外国にもあります。


国吉拡

行動が結果につながれば、やる気は再生産されます。そして、小さな結果の積み上げがより大きな結果へとつながり、モチベーションの持続につながっていきます。


浅野純次

たまたまこの夏、オムロン元副社長の増田英樹さんに頼まれオムロン創業者をしのぶ小冊子「今、なぜ立石一真か」の編集制作に傾注した。私が最も感心したのは一真が目先の利益にはあまり関心を示さず、自分が面白いと思ったことにこだわり続けたことだ。


越智直正

奉公先の靴下問屋を突然クビになったのが28歳のときです。ほかに選択肢もないまま、独立・創業せざるを得ませんでした。そのとき、理想に掲げた言葉があります。「業界の良心たれ」「良品を適正価格で」「正義とともに発展する」です。弱小企業の創業者としては、あまりにも高すぎる理想だとわかってましたが、それでもこの心意気でこれまでやってきたんです。


大山健太郎

幹部研修では、事業構想について話しています。単に「これを作ってなんぼ儲けよう」ではなく、「なぜ、我々はこれをやるのか」と。つまり、我々の強みを活かして、お客様にどんなソリューションを提供するのか。お客様のソリューションがあり、アイリスの強みがどこにあり、それを我々の販売ネットワークでどう展開するかを話しています。


久保正行

説得も最初の対応がきわめて重要です。「上司は一度却下したものを再び見直すことはない」と考え、慎重に準備をしてから挑む必要があります。


望月明美

私たちは職業柄、このお客様はどこまで上がっていく人かをなんとか嗅ぎ分けようとするわけですが、まず言えるのは、権力に野心を持っている人に共通するのは飲み方が一通りではないということです。子飼いの部下とそうでない部下に見せる顔が明らかに違う。いろいろな顔を持っていて、その場その場に応じて使い分けることができると言ってもいいでしょう。変わり身の早さに、凄みすら感じることもあります。