平岩外四の名言

平岩外四のプロフィール

平岩外四、ひらいわ・がいし。日本の経営者。東京電力社長・会長、経団連会長。愛知県出身。東京帝国大学法学部卒業後、東京電力の前身である東京電燈入社。太平洋戦争中、ニューギニア戦線に送られ九死に一生を得て復員。東京電力常務、副社長などを経たのち社長・会長に就任した。

平岩外四の名言 一覧

決断の条件は、小心、大胆、細心。


組織が人を動かす企業は活力を失い、衰退していく。人が組織を動かす企業は発展成長する。


孔子の言葉に「利によって行えば恨み多し」というのがある。現在、地球上に起こっている様々な事象は、多かれ少なかれ当事者たちが「利によって行ってきた」結果である。【覚書き:公益事業を預かる経営者として自分を戒めた言葉。東京電力会長時の発言】


決断の結果に対する毀誉褒貶に惑わされず、「耐える」ことで自らの行動と精神を律していく。これは経営者にとって非常に大切なことだ。 【覚書き|経団連会長を辞任するときに語った言葉。毀誉褒貶(きよほうへん)は褒めることと謗ること】


十対ゼロみたいな勝ち方をしてはいけない。企業も人事も絶対に負けては駄目だが、六対四で勝つことが大事である。


組織が人を動かす企業は活力を失い衰退していく。人が組織を動かす企業は発展成長する(平岩外四、ひらいわがいし、東京電力社長、第7代経団連会長、大英帝国勲章KBE受勲、電気事業連合会会長、宮内庁参与、愛知県出身)


人間は「節目をしっかりつけること」が大事だ。なにか仕事をする、あるいは失敗する、挫折をする、誰もがそういう経験を幾度もするものだ。だが肝心なことは、その「節目」をしっかり認識し、自覚に立って次のスタートをきることだ。


読書というのは、現実に得られない体験を広げてくれたり、またあるときには人間を鼓舞してくれるものですが、私にとっては常に疑問を投げかけてくれる一つの材料です。ですが、書物をあまり重く見てしまうと自分が浮かされてしまう。軽視してはいけないが、重く見てもいけない。


人間、逃げちゃいけないと思うんです。大事な時にふわっと逃げる人がいる。これ落第です。ボールは正面でつかむものです。


平岩外四の経歴・略歴

平岩外四、ひらいわ・がいし。日本の経営者。東京電力社長・会長、経団連会長。愛知県出身。東京帝国大学法学部卒業後、東京電力の前身である東京電燈入社。太平洋戦争中、ニューギニア戦線に送られ九死に一生を得て復員。東京電力常務、副社長などを経たのち社長・会長に就任した。

他の記事も読んでみる

渡邊洋一郎

会社の細かい情報をきちんと伝え、社員一人ひとりが経営者意識を持てば会社は伸びる。


武井壮

僕が近所の公園で走って100mの世界新記録を出したとしても誰も見ていないし、経済活動にもならない。だから、何の価値もないんです。価値というのは、それを多くの人が見て、見た人が喜んだり、幸せな気持ちになることによって生じるもの。そう強く感じた時、自分もそんな本当に価値を生み出せる人間になりたいという感情がふつふつと湧いてきた。


見舘好隆

新人が熟達者から学んでいく学習過程を認知的徒弟制度と名付けたのは米国の認知学者ブラウン(ジョン・シーリー・ブラウン)だ。学ぶ過程は4つの段階に分けられる。

  1. 弟子が親方の仕事を見て学ぶ(モデリング)
  2. 親方が手取り足取り弟子を教える(コーチング)
  3. できそうな仕事を弟子にやらせてみて、できそうもない仕事は親方が支援して完成させる(スキャフォルディング)
  4. 親方が手を引いて自立を促す(フェーディング)

みなさんの職場では、新人はこの認知的徒弟制度の関係下に置かれているだろうか。そうでないのに新人が育たないと愚痴るのは怠慢以外の何ものでもない。


本庄八郎

額に汗しないと絶対に駄目だ。


大橋徹二

トップとボトム、ミドルの信頼関係がなければ、いくらトップが言ったところで現場も会社全体も動くわけがない。しかし、ミドルが手取り足取り教えることによって現場も動いていく。そこから信頼関係が生まれる。


明石康

私が国連職員として携わった旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナ紛争では、「決めつけ」は決してしてはならないことでした。この地域にはセルビア系、クロアチア系、ボスニア系の3つの民族が、互いに結婚するなどして暮らしていました。しかし、ナショナリストの指導者が現れ、不信と憎悪が支配する地域になってしまった。メディアは、一方の当事者であるセルビア人勢力を悪者と決めつけました。米国も同様の姿勢を取った。しかし、もう一方の当事者であるボスニア政府がまるっきりの「白」であったのかと言えば決してそんなことはありません。いずれも加害者であり被害者でもあったのです。


ジャイアント馬場

彼らは基本である1、2、3をきちんと練習しないで、いきなり4とか5をやるんだな。
【覚書き:来日する外国人レスラーの特徴を語った言葉。外国人レスラーは攻撃は強いが防戦になると一気にもろくなる傾向があり、そういう風になるべきではないという趣旨の言葉。】


野村恭彦

あるテーマについて自分事になるまで考えてもらい、解きたい問題について検討する。そうでなければ、良いアイデアは出てきませんし、それを生かすこともできません。


専田晋一

商売目的で人脈を広げようとすると、相手に見透かされて逆効果。地域活動を楽しむうち、人脈は自然に広がるもの。


楠木新

新聞の連載で、会社を辞めて転身を成功させた人を150人ほど取材したのですが、大半の人は、若いころはほぼ「会社人間」だったんです。そのときに培った組織での基礎力が転身を可能にしているのです。


鎌田浩毅

僕はノートをたくさんつくって準備するけど、内容を頭に入れたら、書いたものは捨ててしまいます。極端な言い方かもしれませんが、アウトプットのためのノートは、残してはいけないんです。僕の場合は、最終的なアウトプットは論文や著書、講義というかたちになって残りますから、途中のものは残しておく必要がない。


石塚しのぶ

今までの日本企業の経営はヒエラルキーのシステムでした。コンベアで労働力を提供している時代はそれでも機能しましたが、今はそうした経営では人が付いてきません。人が付いてくる会社にするためには、組織のみんなが共感できる組織を作ることがものすごく重要になっています。


北条重時

自分の用事は後回しにしてでも、人の用事は聞き届けるといいだろう。また、人に用事を命じるときには、なるべく差しひかえて、仕方のない用件以外には人を使わないようにしたい。別に忙しくなさそうな人に対しても、遠慮して斟酌(しんしゃく)することを忘れてはならない。しかしながら、あまりに殊更らしく振る舞うと他の者も用事をいってこなくなり、面白からぬことになる。それゆえ、よくよく思慮をめぐらしなさい。大きな用事であっても、人から頼まれたことは、よく聞き届け、自分はなるべく人に小さな用事を頼むようにしたい。


種田陽平

過去の映画の中で、とくにいまでも魅力があるなと感じさせる名作には、ずっと、ある種の謎が残っているように思います。映画の中にこめられた想念が大きすぎたり多すぎたりするところに「謎」がたたえられているんですね。だから、サッと観たときの興味深さがありながら、同時に「簡単には理解できないレベルの問いかけ」も溢れているわけです。背景にも、そのようにすぐわかるだけではない要素や、「何回も観るとさらに味がある」というタイプの鑑賞に耐えうるだけのものを埋めこめたらいいな、と僕は考えています。


大東隆行

トイレ掃除も徹底的にやれば、お客様から褒められることがある。自分でやって結果を出して、初めて「掃除をしろ」という指示に説得力が生まれるんや。王将で売上を伸ばしている店舗は、店長が接客もするし鍋も振るし、一番働いてるよ。


ページの先頭へ