平塚常次郎の名言

平塚常次郎のプロフィール

平塚常次郎、ひらつか・つねじろう。日本の経営者、政治家。日魯漁業(のちのニチロ)社長、会長。北海道函館出身。札幌露清語学校でロシア語を学んだのち、南樺太の雑貨店の店員となる。その後、漁師を経て陸軍砲兵となり、日露戦争の旅順攻撃から奉天大会戦に従軍。帰国後はまた漁業に従事し、堤静六と出会い堤商会(のちに日魯と合併)の設立に関わり北洋漁業開拓に尽力した。戦後、同社の経営再建を行ったのち、日本復興のため政治家になり、運輸大臣を務めた。そのほか、日本海洋漁業協議会会長、日ソ協会副会長なども務めた経営者。

平塚常次郎の名言 一覧

世の中は刻々変化し、個人の力ではどうすることもできない場合もある。だが、どんなに変化する世の中でも、自分から落伍しては駄目だ。これが私の信念であり、人生観だ。


人間万事塞翁が馬というが、事業もやはりそうだと思う。禍福はあざなえる縄のごとしという。それをいちいち、喜びに有頂天になり、悲しみにしょげきっては、人間安らかなときはない。所詮、人間航路は頑張りと誠実がものをいうのではあるまいか。


私は仕事の上で、競争相手があればあるほど闘志が湧く方で、それが私の身上だった。


私と堤が荒海の北洋に乗り出したのは、ポーツマス条約による我が国家権益の開発にあった。事業をやるからには利益を求めるのは当然であるが、資本家的な欲望からではなかった。もし我々が小さい自我自欲にのみとらわれていたら、ロシア側に押されて一人ずつ落伍したかもしれない。


私としてはまだまだ、世に教訓じみたことを言うほど、モウロクしているとは思わない。私の履歴に対する本当の賞罰は、たぶん棺を覆ってから、世間がつけてくれることだろうと思っている。


人間は難関に立つと、何かと心配するものだが、心配だけでものごとが解決するものではない。経験では、人間努力さえすれば、それができなくても何か報われるもので、現に日魯(ニチロ)は戦争で素っ裸になったが、新しい北洋公海漁業では過去の実績から政府も好意を持ってくれ、昔ほどでなくても、大勢の職員を養っている。


仕事の上では相当な意地っ張りだが、物欲を持たなかった。それが色々な体験を経て、一層淡々たる心境になった。だから気楽で何の心配もなかった。従って、誰にも思うことを平気で言えるし、そのくせ気の荒立つことがないから、喧嘩することもなかった。喧嘩などで気を荒立てるのは、命を縮めるようなもので馬鹿な話だと思う。


この死線を越えた経験は、後年になって思い出すたびに、人間はめったなことでは死ぬものではないという、一種の人間哲学じみた思いを与えてくれた。それはひとつの収穫だった。人間はどんな危機にも、気力と精神力が強ければ、大抵の危機は克服できるものだということで、仕事の上に大きな支えとなってくれたものだった。
【覚書き|小学生時代、憲法発布の大典を見に行ったとき、混乱した群衆の下敷きになって生死の境をさまよった経験について語った言葉】


人は私のことを北洋の鬼だとか、虎とか言い、私の過去を波乱万丈だという。しかし私は、ただいつの場合でも、仕事に努力してきただけだ。


(運輸大臣になった)当時は国鉄労組の活動が最も激しかったときで、難しい問題がいろいろあったが、北洋時代から、苦しければ苦しいほど頑張り抜いた根性は、ここでもまた大いに頭をもたげ、かえって仕事はやりがいもあり、楽しくもあった。


私が政治に身を入れたのは、戦争でめちゃくちゃになった日本を、なんとか立て直したいという気持ちからだった。それには産業経済の復活が第一だった。それについて私が大臣になった運輸省の仕事としては、まず第一にすっかり荒廃した運輸力の復活であることはいうまでもない。


私は若いころから金銭にあまり執着がなかった。なにしろ小さいときから別に生活に困ったことはないし、長じて娑婆気離れた北洋に身を投じ、そして立派な生活ができた。だから何事にも金銭ずくの都会人みたいに、金銭にそれほど魅力を感じなかったのであろう。ところがその結果、会社の災いを招く原因になったことがあるのだから、世の中さまざまである。
【覚書き|ニチロ社長時代、利益は株主と従業員にほとんど分配したことが広く知られ、乗っ取り屋に目をつけられ会社を奪われそうになったことについて語った言葉】


大体草分けというものは割の悪いもので、成功すれば抜け目のない資本家が、すぐ真似して割り込んでくるし、失敗すれば笑われて貧乏する。だが、北洋漁業は国家権益で、国内で利を争うような事業ではなく、みんなの仕事が大きくなってこそ国益というものである。日本漁業家の競争相手が出てきたのは、私どもにはむしろ喜ばしいことだった。


世の中は刻々と変化し、個人の力でどうすることもできない場合もある。だが、どんなに変化する世の中でも、自分から落伍してはだめだ。


世の中は刻々と変化し、個人の力でどうすることもできない場合もある。だが、どんなに変化する世の中でも、自分から落後してはだめだ。


平塚常次郎の経歴・略歴

平塚常次郎、ひらつか・つねじろう。日本の経営者、政治家。日魯漁業(のちのニチロ)社長、会長。北海道函館出身。札幌露清語学校でロシア語を学んだのち、南樺太の雑貨店の店員となる。その後、漁師を経て陸軍砲兵となり、日露戦争の旅順攻撃から奉天大会戦に従軍。帰国後はまた漁業に従事し、堤静六と出会い堤商会(のちに日魯と合併)の設立に関わり北洋漁業開拓に尽力した。戦後、同社の経営再建を行ったのち、日本復興のため政治家になり、運輸大臣を務めた。そのほか、日本海洋漁業協議会会長、日ソ協会副会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

平本清

当社には肩書がない。現在170名の社員がいますが、專務も常務も部長も課長も係長もいません。社長はいちおういますが、あくまで対外的な肩書で、しかも4年の任期付き。社内ではだれも「社長」なんて呼びませんし、仕事は店舗での接客やメガネの調整など、ほかの社員と同じ仕事をしています。またルール上、社長より社員のほうが年収が高くなるケースもあります。


津川雅彦(マキノ雅彦)

映画の現場に100人のスタッフがいれば、全員が専門職人。100人分の才能が集まる訳。これを活かさなきゃ損だ。


上田準二

自分のことは棚に上げ、他人の批判をしたがるのは世の常です。しかし、他人を批判してばかりでは仕事は楽しくないし、そもそも成果は上がりません。


秋田正紀

松屋に入社し、最初の2年間は、研修で伊勢丹の婦人服売り場に立たせてもらいました。一販売員として婦人服を扱ったわけですが、つねに自分がいま受けている研修が、将来どう役立つのかを自覚するようにしました。


益本康男

前期比で増えたことで満足している社員に対しては、「ちいとは周りを見るよ」と言っています。この10年間、クボタの売上高は年1兆円強で、大きく変わっていません。それに対して、10年前に1兆円強だったコマツの売上高はいまやおよそ2兆円。10年前に6000億円程度だったダイキン工業は、当社と同じ規模になっている。日本の企業でも当たり前のように売上高が倍になっているんです。社員は利益が増えているとか、いいところだけを見ようとする。


宮内大介

地方だからできないこと、というのは、今はないでしょうね。三浦工業はたまたま愛媛生まれの企業なので、ずっと愛媛に軸足を置いてきました。この地に根差していればこそ人が集まってくれやすい。だからここまで成長できたのでしょう。もちろん、まだ成長途上ですが。


齊藤寛(シャトレーゼ)

「儲け」という漢字は「信」と「者」の組み合わせです。信者を増やせば、儲けにつながる。つまりファンを増やせば利益は増える。


魚谷雅彦

新規顧客による純増で企業が伸びる時代は終わっています。既存のお客様の心の中にどれだけ深く入っていって、ブランドを愛してもらい、ロイヤリティを高めていただくことができるか。お客様がそのブランドを自分のブランドと感じて使い、人にも勧めてくれるような、そういうロイヤリティを高めるようなお客様を築く。企業の基盤とサステナビリティ(持続可能性)を高めていく時代なのではないでしょうか。


坂根正弘

私が言いたいことは、物事には必ず本質があり、これを徹底して考え、どこから取組みの行動を起こすか、そしてどう実行するか。


児玉教仁

何だか自分のストーリーでみんな感嘆してた、自分のショーだった、というのが一番気持ちいい。そういう状況をつくり出せれば、「○○さんは話しやすい」と思ってもらえます。


ソクラテス

探求なき生は、生きがいのない人生だ。


細谷功

仕事の途中でも、目標に対する顧客などの相手の期待値と方向性を確認しながら、必要に応じて微調整を行っていくのが、失敗を回避するコツです。いったん未完成の状態で相手に見せ、反応を確かめてから最後の詰めを行えばよいのです。


佐藤喜一郎

シアトルに上陸してまず、私は英語の自信をまったくなくした。新聞などは読めるのだが、とにかく聞くことがまるでいけない。何を言っているかさっぱりわからないのだ。それ以来私は、外国語は聞くことが第一。それができなければ役に立たないという信念を持つようになった。
【覚書き|東京帝国大学法学部英法科卒業後、三井銀行でニューヨーク勤務に入った当時を振り返っての発言】


辻野晃一郎

まさか自分がソニーを辞めるとは想像もしていませんでした。しかし、いま思えば、ソニーを辞めなければグーグルと出うことはなかったし、グーグルを辞めなかったらいまの会社を創業することもなかったでしょう。


中本繁実

発明のアイデアを閃くための5つのコツ

  1. 日常の中野不便さを見つけて解決策を考える。
  2. 自分の興味のあるものから題材を探す。
  3. 自力で試作できるシンプルな発明にする。
  4. 既存のものに手を加えたり改良したりしてみる。
  5. 第三者の意見を聞いてみる。

ページの先頭へ