名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

平塚俊樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

平塚俊樹のプロフィール

平塚俊樹、ひらつか・としき。危機管理専門コンサルタント。神奈川大学卒業。大手不動産・化学メーカー、コンサルティング会社勤務を経て平塚エージェンシーを設立。著書に『LAWより証拠』『おひとりさまの防犯術』『クレームストーカー対策マニュアル』『社長! 油断していると社員に会社潰されますよ!』。

平塚俊樹の名言 一覧

「身に覚えがない。俺は正しい」ではなく、「いざ訴えられたら勝てるか否か」から発想をスタートさせないと、大怪我をする危険がある。


欧米に比べて日本は、パロディやパクリに寛容な国である。日本では公知のデザインに似ていても、多少異なる部分があればオリジナルと認めてもらえる。また、いくら公知の文化に似たデザインであっても、それが商標登録されていなければ、咎められることはない。しかし、海外ではそうはいかない。


私の経験上、いかなるデザイン・ブランド名でも、世界中を調べ尽くせば必ず何かしら問題が出てくるものだ。世界各国で商標を登録しようとする際は、最初から何かしらの権利侵害があることを前提に、なるべくそうした問題が起きない言葉やデザインを選び、それでも侵害があった場合は、先方とライセンス契約を結んで、使用の許可を得る。その際は徹底して下手に出て、相手を立てねばならない。こちらは相手の権利を侵害している立場なのだから、当然のことだ。


日本人の感覚では一見何でもなさそうな名前やデザインが、現地で大きな問題を生む場合もある。中国で発売した薬品の名が中国語で「墓場」だった、食品の名が「排泄物」に相当した、等々の実例もある。現地の調査会社を使い、現地の人たちに聞いてみなければ、問題の有無は到底わからない。


少しでも似ていれば、商標登録されていようがいまいが喧嘩を売られるのが世界標準。海外の法廷での訴訟に加え、報道機関へのリークも含めたありとあらゆる手段で攻め立てられる。懲罰的賠償を上乗せする国もある。


平塚俊樹の経歴・略歴

平塚俊樹、ひらつか・としき。危機管理専門コンサルタント。神奈川大学卒業。大手不動産・化学メーカー、コンサルティング会社勤務を経て平塚エージェンシーを設立。著書に『LAWより証拠』『おひとりさまの防犯術』『クレームストーカー対策マニュアル』『社長! 油断していると社員に会社潰されますよ!』。

他の記事も読んでみる

寺町彰博

2番手以下のメーカーは、先頭を見ながらついていけばいいかもしれませんが、我々はそうはいかない。常に先頭を走り続けるためにも自分たちで新しい道を進んでいく。


石黒和義

一つの世界を極めることで、新しい世界が開けます。仕事だけではなく人と人との付き合いでは、極めたものがあれば深み、幅になってくる。


稲盛和夫

JAL(日本航空)がここから立ち直っていくには、全員が本当に我を忘れて、一生懸命再建に努力する以外にない。誰も助けてくれないよということです。意識改革のために、まず幹部社員の連中に、このJALはつぶれたんですよと。これを何としてでも立て直していく。それには末端の人たちまで含めて、幹部はもちろんのこと、一人ひとりが経営者と同じ気持ちで努力をする以外にないんですよと。


山田昇(ヤマダ電機)

創業当初、私自身営業に忙しかったため、社員教育に時間がとれなかった。しかも、有能な社員は独立してしまい、あとには未熟な社員ばかりが残った。このとき私は人材育成の大切さを痛感した。


森川亮

「未来」の範囲は5年先ぐらいまでを想定しています。変化のスピードが速いので、それ以上先のことは考えません。


木村皓一

何でも本気になったらいけるんや。


岩城裕一

我々の強みは、テクノロジーから考えるのではなく、現場では何が必要か、下流から考えることができること。だから必ずマーケットがある。


田島弓子

スケジューリングや整理とは、仕事の効率を上げるためだけでなく、オンオフをコントロールすることで心のストレスを軽減しながら、休息の質を高めるためにも大事だと思います。


ハロルド・ジョージ・メイ

国内外の動向を広くチェックするのは、物事の捉え方を大局的なものにするため。匿名性が高いツイッターの投稿は、いいことも悪いことも包み隠さず発信していて、商品開発などの参考になります。


土田雅人

いかにチーム全体のモチベーションを高く保って、高い目標に取り組んでいくかが大事。


土川健之

現在のポジションで仕事をやり込んでおかないと、仮に人の上に立つことになったとしても、部下の指導もできずに困るだけです。


菅野敬一

ライカのシャッター音のようにしたくて。ラチェットのバネの強さを調整するなど、この部分を完成させるためだけに半年くらいかかりました。
【覚書き|自社の鞄へのこだわりについて語った言葉】