名言DB

9413 人 / 110706 名言

平塚俊樹の名言

twitter Facebook はてブ

平塚俊樹のプロフィール

平塚俊樹、ひらつか・としき。危機管理専門コンサルタント。神奈川大学卒業。大手不動産・化学メーカー、コンサルティング会社勤務を経て平塚エージェンシーを設立。著書に『LAWより証拠』『おひとりさまの防犯術』『クレームストーカー対策マニュアル』『社長! 油断していると社員に会社潰されますよ!』。

平塚俊樹の名言 一覧

「身に覚えがない。俺は正しい」ではなく、「いざ訴えられたら勝てるか否か」から発想をスタートさせないと、大怪我をする危険がある。


欧米に比べて日本は、パロディやパクリに寛容な国である。日本では公知のデザインに似ていても、多少異なる部分があればオリジナルと認めてもらえる。また、いくら公知の文化に似たデザインであっても、それが商標登録されていなければ、咎められることはない。しかし、海外ではそうはいかない。


私の経験上、いかなるデザイン・ブランド名でも、世界中を調べ尽くせば必ず何かしら問題が出てくるものだ。世界各国で商標を登録しようとする際は、最初から何かしらの権利侵害があることを前提に、なるべくそうした問題が起きない言葉やデザインを選び、それでも侵害があった場合は、先方とライセンス契約を結んで、使用の許可を得る。その際は徹底して下手に出て、相手を立てねばならない。こちらは相手の権利を侵害している立場なのだから、当然のことだ。


日本人の感覚では一見何でもなさそうな名前やデザインが、現地で大きな問題を生む場合もある。中国で発売した薬品の名が中国語で「墓場」だった、食品の名が「排泄物」に相当した、等々の実例もある。現地の調査会社を使い、現地の人たちに聞いてみなければ、問題の有無は到底わからない。


少しでも似ていれば、商標登録されていようがいまいが喧嘩を売られるのが世界標準。海外の法廷での訴訟に加え、報道機関へのリークも含めたありとあらゆる手段で攻め立てられる。懲罰的賠償を上乗せする国もある。


平塚俊樹の経歴・略歴

平塚俊樹、ひらつか・としき。危機管理専門コンサルタント。神奈川大学卒業。大手不動産・化学メーカー、コンサルティング会社勤務を経て平塚エージェンシーを設立。著書に『LAWより証拠』『おひとりさまの防犯術』『クレームストーカー対策マニュアル』『社長! 油断していると社員に会社潰されますよ!』。

他の記事も読んでみる

冨山和彦

株式公開は、アウトサイダーからリスクマネーを調達するということです。経営者には、アウトサイダーからの様々な付託に応える責任があります。それが嫌だというのなら、非公開企業にすればいいのです。


熊本浩志

「固定概念と先入観は最も悪」「過去の事例を参考にするな」と社員に徹底しています。私たちは今までにないビジネスモデルをつくっているわけですから、仮説検証をしながら自分たちでノウハウをつくっていくしかありません。そのためには、僕がそうだったように、一回の失敗でくじけず、どんどん挑戦していくしかないんです。


把瑠都(カイド・ホーヴェルソン)

夜、他の皆がくつろいでいるときに、稽古場に下りてシコを踏んだり、テッポウをやったり、一人で練習していました。誰にも負けたくなかったし、日本に来て大相撲の世界に入った以上、最後まで頑張りたいと思っていたから。結局、そのハングリーさがあったから、大関まで昇進できたんだと思う。いくら体が大きくても、ごはんと寝るだけじゃ強くならないですから。


土井香苗

日本は格差や不公平はあるとはいえ、人権は尊重されている恵まれた国です。ずっと中にいると、それが当たり前すぎて、客観視できなくなる。日本の良さに気づかないまま発信や行動をしたら、日本の存在感はますます低下するでしょう。


吉岡知哉

今、就職のために学生は自己分析をしますが、たかだか20歳前後で自己分析をして「自分はこういう人間である」と思うのはマイナスの方が大きいのではないかと最近思います。今は関心がないけれども、やってみたら面白かったということはいくらでもあります。20歳前後は圧倒的にそうです。


児玉清

俳優のフィールドだけにとらわれなくていい。広く一般の人に見てもらうのが僕らの仕事だから。


野中正人

ライバル店舗も参考にしますが、あくまでしまむら流を極めていきます。当社は商品を折り畳んで陳列することはしません。畳むと、商品をたくさん並べられますが、お客さんが広げてみるのが大変なうえ、従業員には整理するための作業が発生する。当社流のやり方を進化させていきます。


塚越寛

進歩し続ける世の中にあって、現状維持は退歩しているのと同じです。拡大主義という意味ではなく、地に足がついた状態で常に成長していくのは、企業にとって非常に重要なことだと考えます。


鈴木貴子(経営者)

これまで店の売り場面積を確保することに力を注いでいたが、それだけでは不十分。消費者が足を止め商品を手にする売り場作りまで頭を働かさなくてはいけない。


中本晃

当社には創業当時から140年以上変わらないことがあります。「科学技術で社会に貢献する」。当社の社是です。分かりやすく、揺るぎない。創業以来、目指すものが変わっていないからこそ、従業員に自然と浸透しています。


加賀見俊夫

私は同期の中でも役員になるのが一番遅かったんです。でも、いずれ追い付くだろうと思っていました。とにかく自分の仕事をしっかりやっていればいいんだと。


名越康文

松尾芭蕉は、旅から戻ってきたあと、江戸で『奥の細道』を書き上げました。なぜ旅先で書かなかったのか。それはおそらく、旅という体験が芭蕉の中で熟成される期間が必要だったからでしょう。人が新しい発想を生み出すときには、インプットしたものを身体の中で熟成させる時間がいります。効率を追い求めてその期間を省略すると、付加価値の低いアウトプットしか出てこないのです。


内田士郎

お客さまが本当にお困りになっていることは直接聞かないと分からない。実際に顔を合わせて、同じ目線、同じ立ち位置、同じ気持ちで取り組むことを大切にしています。


天坊昭彦

短期の変化に気をとられず、長い目で本質を見極めないといけない。本当に動くべきなのは、たまったマグマが噴火するときだ。


中村天風

多くの人が「取り越し苦労」を当然と思っている。しかし、取り越し苦労を当然だと思う人は、何のことはない、自分の運命の墓穴を自分で掘っている愚かな人なのであります。