名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

帖佐義之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

帖佐義之のプロフィール

帖佐義之、ちょうさ・よしゆき。日本の経営者。「日本GLP」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、三井不動産、三井不動産投資顧問、プロロジス バイスプレジデント、同シニア・バイスプレジデント運用事業部長などを経てグローバル・ロジスティック・プロパティーズ(のちの日本GLP)社長を務めた。

帖佐義之の名言 一覧

我々はいち早く物流拠点の可能性を見いだし、この市場をけん引してきた。今は5~10年前に比べて開発会社の数が2倍くらいに増えているため、「供給過多」という見方もできる。一方、必ずしも供給過多とも言い切れない状況もある。供給が増えれば、潜在需要を掘り起こすこともあるからだ。


パート社員を募集する時に最も競合するのはスーパーマーケット。スーパーは空調がきいているが、物流施設には3K職場のイメージがある。倉庫内の照明を明るくしたり、空調や大型のファンを導入したり、労働環境の改善を進めている。人材派遣会社と提携して、優先的に人材を仲介してもらっている。


帖佐義之の経歴・略歴

帖佐義之、ちょうさ・よしゆき。日本の経営者。「日本GLP」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、三井不動産、三井不動産投資顧問、プロロジス バイスプレジデント、同シニア・バイスプレジデント運用事業部長などを経てグローバル・ロジスティック・プロパティーズ(のちの日本GLP)社長を務めた。

他の記事も読んでみる

酒井秀樹

創業社長が亡くなり、私は37歳で社長に就いた。以来30年計画で自分の野望を実現しようとしてきたわけです。具体的には、大企業を上回る収益力を目指し、付加価値の高い仕事を追求しました。行き着いたのは、新製品開発を重視し、生産の大半を外部委託するファブレス経営です。
【覚書き|ファブレス=開発のみを行い量産のための生産工場を持たない製造業のビジネスモデル】


宇都出雅巳

記憶には、「繰り返し」が不可欠。それも「最初に覚えたとき」を思い起こしながら反復することが重要。たとえば、会議の直後や、本を読み終わったときには、その内容を書き出したり、人に説明するなど、反復の機会を積極的に作りましょう。何度も「思い出す」ことを繰り返せば、思い出す力そのものが上がります。つまり思い出す力を強化するには「思い出すクセをつけること」、これが最強の策なのです。


前田健太

僕は投げ込まなくても、もうフォームは固まっているという考え方なんです。一応、プロ野球選手なので(笑)。12月と1月、たった2か月ピッチングをしなかったくらいでフォームを忘れるようならプロじゃないと思います。


梶原しげる

相手を説得できないのは、話の内容や言葉遣いだけではありません。話す内容と声とのミスマッチも、説得できない原因の一つ。威圧的だったり、投げやりだったりする声を聞けば、誰しも嫌悪感を感じますよね。そうなると説得する以前に、聞く耳を持ってもらえない。声の印象が及ぼす影響は、皆さんが考える以上に大きい。


横田雅俊

お金のインセンティブ(報奨)はまったく効果がない。100万円くらい出すなら話は別だが、達成したら数万円と言うレベルのインセンティブは、ほとんど効果がない。若い営業マンは、意外に頭がよくて冷めている。極端に言うと「売ったらインセンティブくれるなんて当たり前でしょ」という思いがある。だから、お金以外のインセンティブによって「売りたい!」と思うように仕向けないと駄目だ。


宮内謙

会社というのは、社員全体が自発的に動く組織にしなければなりません。そうした組織こそ、真の強さが得られるのです。


上村光弼

平日は会社と家の往復だけ、という生活をしている人には、未来がないかもしれない。


河合利樹

社員が会社や自身の成長に向けて新たなものへチャレンジすることを会社がサポートすると同時に、成果に対して公正な報酬を与えることが大事。


千田琢哉

私はこれまで1万枚以上のハガキを書いてきました。ハガキを書くのが好きだから、これだけ書くことができたのだと思います。しかし、ハガキを書くのがどうしても苦手だという人もいるでしょう。そういう人は1日に3人に絞ってハガキを書いてもいいですし、我慢して書くくらいなら、いっそのこと書かない方がいいとさえ思っています。ハガキは義務ではなく権利だと思います。


ドナルド・N・サル

不況のときは長期的な視点に立った戦略をとりやすくなります。たとえば、企業が事業の選択と集中を進めれば、短期的には売上や利益が減少します。長期的には業績を向上させるものであっても、平時には投資家に歓迎されないでしょう。不況下であれば、投資家からも納得してもらえます。


松井忠三

あえて難易度の高い状況に飛び込んでみるのは良い方法だと思います。そうすれば、ためらったり迷ったりする暇もなく前へ進めますから。


山崎将志

私にとって遊びといえば、人に会い、ゴルフに行き、ジムに通い、家族と過ごすことです。ときにはドライブにも出かけたい。読書も遊びのうちに入ります。だから平日は6時や7時には帰りたい。遊ぶための時間は戦略的に捻出しなければなりません。それが仕事の生産性を上げるインセンティブになるのです。効率を考えて仕事に取組み、遊んでいる最中に呼び出しがないように仕事は完璧に仕上げ、何かあったときのバックアップをきちんと整えておくのです。