名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

布施辰治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

布施辰治のプロフィール

布施辰治、ふせ・たつじ。日本の弁護士、社会活動家、弁護士。宮城県出身。東京専門学校(のちの早稲田大学)を経て、明治法律学校(のちの明治大学)を卒業。判事検事登用試験に合格、司法官試補になる。宇都宮地検で検事代理を務めたのち、退官して弁護士になる。刑事事件や社会問題に積極的に関与。朝鮮独立運動や朝鮮人関連事件の弁護を担当。

布施辰治の名言 一覧

生きんべくんば民衆とともに、死すんべくんば民衆のために。


布施辰治の経歴・略歴

布施辰治、ふせ・たつじ。日本の弁護士、社会活動家、弁護士。宮城県出身。東京専門学校(のちの早稲田大学)を経て、明治法律学校(のちの明治大学)を卒業。判事検事登用試験に合格、司法官試補になる。宇都宮地検で検事代理を務めたのち、退官して弁護士になる。刑事事件や社会問題に積極的に関与。朝鮮独立運動や朝鮮人関連事件の弁護を担当。

他の記事も読んでみる

清水久三子

プレゼンを成功させるコツは、要所に「山場」を盛り込むことです。一定時間同じようなリズムで淡々と話していると、聞いているほうはどうしても退屈してしまいます。相手へ説明することを思い浮かべながら、セクションを立てましょう。


大江英樹

感情の赴くまますぐに行動するのではなく、冷静に計算する余裕を持ちましょう。


西山昭彦

相手の賛同を得ようと、スキのない企画書を見せると失敗する。書類はゆるく作り、変更可能なように演出するのが賢い。


小嶋光信

両備グループの経営理念は「忠恕」。真心からの思いやりという意味です。お客様のために公共交通を存続させたいという一念で、和歌山電鉄などの再生に携わってきました。


林義郎(経営者)

変化の時代に苦労の連続でしたが、変化に対する私の姿勢も時代とともに変わりました。国鉄のころは「変化に対処しよう」なんて言っていました。その程度でよかったんです。通信業界に入って「変化に即応しよう」。いまは「変化をチャンスとして受け止めてチャレンジしよう」です。黙っていても変化は起こるのだから、身を縮めて待つのではなく、自分から作り出せと。


林野宏

ビジネスにおいて、いいアイデアをひとつ考えたら、すべてうまくいくなんて甘い状況はあり得ない。アイデアを出し続け、市場に問い続け、信頼を得続ける。そこに近道はない。


藤原大

感覚を主体とした創造だけに頼っていくオーガニックは、一人のデザイナーの感覚が鈍くなると行き詰まってしまい、デザイナーを変えることになります。そして、その繰り返しの悪循環から抜け出せないのです。一方、ファッションがこれだけ速いスピードで変化していくなかでは、感覚だけでなく、モノをつくる方法論においても新しいものをつくり上げていかないといけない。すなわちデジタル的な要素は必須になっていくということです。


平松守彦

焼酎なんて赤坂に営業所を持つようになったし、クルマエビの会社も日本一になりました。小さな地域でも熱心に取り組めば、「ローカルにしてグローバル」になるんです。


高橋淳(経営者)

いまは店の厨房で、肉を切ったり味付けしたりといった加工をしていますが、以前はセントラルキッチン方式をとり、外部の加工センターに任せていました。当初2~3店舗のときは店内でカットしていましたが、出店が加速したため、肉のカットすべてをアウトソーシングしていたのです。その結果、肉の知識を持ちカットできるプロの人材がいなくなってしまいました。母体が肉屋という強みを生かした店ではなくなっていたんです。


澤田秀雄

その時代の最先端の技術を導入して効率化し、生産性を高めていく。その結果、経費が1~2割下がれば、利益はその分上向く。大抵の不振企業は経費面にムダな部分が多く、生産性が悪い。だから、競争に負けていく。いくら働いても使う方が多ければ、赤字になるのは当たり前。


伊藤真(弁護士)

十年後の自分がどうなっているかを具体的にイメージして判断できるわけがありません。判断できると考えるなら、十年後の、今よりもずっと成熟しているはずの自分に対して、ずいぶんおこがましい態度ではないでしょうか。未熟な自分が正しい判断なんかできるはずがないのです。


河村浩明

鳴かす飛ばずと言われていた社員も、機会を与えれば良い仕事をしてくれます。