名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

布施孝之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

布施孝之のプロフィール

布施孝之、ふせ・たかゆき。日本の経営者。「キリンビール」社長。千葉県出身。早稲田大学商学部卒業後、キリンビールに入社。首都圏統括本部首都圏営業企画部部長、近畿圏統括本部大阪支社支社長、小岩井乳業社長、キリンビールマーケティング社長などを経てキリンビール社長に就任。

布施孝之の名言 一覧

社長になったとき、組織風土として「評論家」が多いように思えた。何かに失敗すると「戦略が悪かった」などと始めるわけです。他責はもうやめようと。見逃し三振をして審判のジャッジに文句を言うより、思い切ってバットを振ろう。そういう意識改革です。


これからのビール業界は、少子高齢化や嗜好の多様化で「大量消費」から「量から質」への転換が進行していく。また、飲むシーンも多様化していくことが想定される。当社がこれまで蓄積した知見を駆使して多様なニーズにお応えする「ワクワクした」商品提案を行っていく。


営業時代、自分で店頭に立ってデモ販売などもやりました。直接お客様の顔や反応を見て、どのように商品を届けるべきかを学ぶことができました。


小さな成功体験を積み上げることで社員が自信を取り戻し、徐々に大きな波にしていくことが必要。


メーカーがいい商品を作ってさえいれば売れる、というのは大きな間違い。製販が一体となって、消費者目線で商品を提供することが大切。


短期間プロジェクトをやり遂げたことで、リスクを怖がらずにチャレンジする社風に変わってきた。


マーケット自体を活性化させて、拡大しなければならない。どう市場を活性化するか。ビールが消費者に魅力的だと思ってもらうにはどうすればいいか。とにかくそれらの課題を打開したい。


おすすめのビールは、今年の目玉新商品である「本麒麟」と「キリン・ザ・ストロング」だ。奇をてらわず、どちらもお客様のニーズのど真ん中に対応した新商品で、非常に売れている。この夏にたくさん飲んでいただくことで、定番ブランドとして長期的に育てていきたい。


「47都道府県一番搾り」ではコンセプトづくりから各支社に任せたため、社内も活性化しています。社員にとっても「自分たちのビール」であり、地域に寄り添う気持ちが高まり、仕事へのやる気が生まれています。


営業をやっていると、いろいろな会社の社長さんにお目にかかります。中には反面教師となる方もいらっしゃいましたが(笑)、様々な経営者に触れる貴重な経験をさせてもらいました。


通常のビール製造において重要なことは、全国のどの工場でつくっても、いかに品質を同じにするかです。でも、今回はあえて地域ごとに特色のあるビールを醸造長たちにのびのびとつくってもらいました。


市場拡大の機会として、クラフトビールに参入した。既に米国や豪州ではナショナルブランドを凌駕するカテゴリーに成長している。多くのお客様に気軽にクラフトビールに接していただく機会として、4種類のクラフトビールを提供できる什器(タップマルシェ)を全国展開し、今年6千店のお店に設置する。日本のビール市場に革命を起こしたい。


当社は昨年から「ビールの魅力化」「発泡酒・新ジャンルの復権」を目標に掲げ、昨年当社のフラッグシップブランドである「一番搾り」をフルリニューアルした。発売から28年の定番ブランドのリニューアルは大きな挑戦であったが、さらなる成長のために決断。1千回以上の試醸を繰り返し、酸味や甘い香りを抑制することで、これまで以上に調和のとれた味わいになった。


47都道府県の一番搾りをスタートさせました。これはお客様の「地元愛」に応えるビールです。このビールにはベースがあって、もともと全国にある9工場で「地元に合うビールはどんなものだろうか」と考え、開発したところ、お客様に大変よろこばれました。地元をよく知っている方たちに人の気質や食文化などを教えてもらいながらつくり上げました。


布施孝之の経歴・略歴

布施孝之、ふせ・たかゆき。日本の経営者。「キリンビール」社長。千葉県出身。早稲田大学商学部卒業後、キリンビールに入社。首都圏統括本部首都圏営業企画部部長、近畿圏統括本部大阪支社支社長、小岩井乳業社長、キリンビールマーケティング社長などを経てキリンビール社長に就任。

他の記事も読んでみる

徳重徹

世の中に確かなものなどありません。本当にできるかどうかは、誰にも分からない。でも、絶対に必要だから、やるのです。


山本忠人

なによりお客様第一。お客様の様々な業務フォローの中に、たとえば、当社のアペオスを組み込むとします。その場合、客先の業務フローをよく理解しなければ意味がありません。ITに関する相当な知識が必要なのです。


金井政明

それぞれの会社がどんな思想を持っていて、どんなことに役に立っていくかということを社員が共有していることがすごく大事。だから私はずっと「中小企業」でいたいと言っています。風通しが良くて、社員が「無印って何だろうね」と言いながら一生懸命働くような中小企業の精神を維持したい。


竹内規彦

心理学に「自己効力感」という概念がある。これは「自身の経験に裏づけられた自信感」を指す。数々の研究で、人のモチベーションを高める重要な概念であることが明らかになっている。


鈴木敏文

トップがどれほど怒っているかということは、やはり唾の飛ぶ範囲で話をしないとわかりません。それでも聞いていない奴がいるのですから。
【覚書き|なぜ東京本社に人を集めるのかと問われての発言】


野口悠紀雄

紙の手帳には、デジタルにはない長所があります。重要なのはどちらか一方を選択することではなく、上手に併用すること。それにはまず、両者の得意分野を知ることが大切です。


竹島愼一郎

企画内容を考える段階では、思考の拡散と収束を繰り返すことが有効です。一方、実行計画の段階では、緻密な思考が必要になります。


おちまさと

人にはそれぞれ会話のリズムがあります。何か聞いたらすぐ言葉を返す人も、「間」を取る人もいる。相手が何を話そうか考えている時に、間が空いたと思って違う話題を振ったら、相手は気を悪くします。問が空いたら、まずは待ちましょう。


横井啓之

(ABCクッキングスタジオも)順調とは程遠いですよ。例を挙げると、首都圏初出店の時に大変な苦労をしました。横浜の山下町に気に入った物件が見つかったんですが、不動産屋が貸してくれません。「生徒がたくさん集まると騒音の原因になる」など、いろんな理由を言いますが、要は聞いたこともない料理教室に物件を貸すのが不安だったんでしょう。ならばと、その物件の大家さんの自宅を調べて直接交渉。何度も通ってお願いし、相手が根負けするまで粘りました。


鈴木高広

僕の原点は農家のセガレなんですよ。海苔の(養殖の)手伝いをコツコツしたことが大学での地道な研究につながった。それが化粧品とつながり、農業に戻り、日本の未来を変えることに繋がる。不思議とすべてがつながっていくものなんですよ。芋づる式に(笑)。


金丸恭文

ヘテロジニアスと言うのは日本語にすると「異質」とか「異端」の意味です。私が親しくしている社長に、社長だからいいものの、一社員だったら彼を引き上げる上司はいるのかなと思うくらい、異常に近いというか、狂気の世界にいるという感じで非常にパワフルな人物がいます。異質であるとか、異端児と言う呼び名は褒め言葉だと思います。最後に勝ち残るのは、どんな失敗をしても成功するための執念やこだわりがある人、エネルギーが多い人なんです。


岡素之

私が社長になる3年前から、それまでの拡大重視からリスク・リターンの概念を入れて改革を始めたのですが、そのときに当面の目標として掲げたのが株主資本コストを満たすリスク・リターン7.5%のクリアです。この目標を達成できなければ一人前の会社と認めてもらえない。絶対クリアするんだという強い気持ちで挑みました。