布施孝之の名言

布施孝之のプロフィール

布施孝之、ふせ・たかゆき。日本の経営者。「キリンビール」社長。千葉県出身。早稲田大学商学部卒業後、キリンビールに入社。首都圏統括本部首都圏営業企画部部長、近畿圏統括本部大阪支社支社長、小岩井乳業社長、キリンビールマーケティング社長などを経てキリンビール社長に就任。

布施孝之の名言 一覧

営業時代、自分で店頭に立ってデモ販売などもやりました。直接お客様の顔や反応を見て、どのように商品を届けるべきかを学ぶことができました。

布施孝之の名言|直接お客様の顔や反応を見て、どのように商品を届けるべきかを学ぶ

小さな成功体験を積み上げることで社員が自信を取り戻し、徐々に大きな波にしていくことが必要。

布施孝之の名言|小さな成功体験を積み上げることで社員が自信を取り戻し、徐々に大きな波にしていくことが必要

メーカーがいい商品を作ってさえいれば売れる、というのは大きな間違い。製販が一体となって、消費者目線で商品を提供することが大切。

布施孝之の名言|いい商品を作ってさえいれば売れる、というのは大きな間違い

短期間プロジェクトをやり遂げたことで、リスクを怖がらずにチャレンジする社風に変わってきた。

布施孝之の名言|短期間プロジェクトをやり遂げたことで、リスクを怖がらずにチャレンジする社風に変わってきた

マーケット自体を活性化させて、拡大しなければならない。どう市場を活性化するか。ビールが消費者に魅力的だと思ってもらうにはどうすればいいか。とにかくそれらの課題を打開したい。

布施孝之の名言|マーケット自体を活性化させる

「47都道府県一番搾り」ではコンセプトづくりから各支社に任せたため、社内も活性化しています。社員にとっても「自分たちのビール」であり、地域に寄り添う気持ちが高まり、仕事へのやる気が生まれています。

布施孝之の名言|コンセプトづくりから任せる

営業をやっていると、いろいろな会社の社長さんにお目にかかります。中には反面教師となる方もいらっしゃいましたが(笑)、様々な経営者に触れる貴重な経験をさせてもらいました。

布施孝之の名言|営業時代、様々な経営者に触れる貴重な経験をさせてもらいました

通常のビール製造において重要なことは、全国のどの工場でつくっても、いかに品質を同じにするかです。でも、今回はあえて地域ごとに特色のあるビールを醸造長たちにのびのびとつくってもらいました。

布施孝之の名言|あえて通常ではないことをやる

47都道府県の一番搾りをスタートさせました。これはお客様の「地元愛」に応えるビールです。このビールにはベースがあって、もともと全国にある9工場で「地元に合うビールはどんなものだろうか」と考え、開発したところ、お客様に大変よろこばれました。地元をよく知っている方たちに人の気質や食文化などを教えてもらいながらつくり上げました。

布施孝之の名言|お客様の「地元愛」に応える

布施孝之の経歴・略歴

布施孝之、ふせ・たかゆき。日本の経営者。「キリンビール」社長。千葉県出身。早稲田大学商学部卒業後、キリンビールに入社。首都圏統括本部首都圏営業企画部部長、近畿圏統括本部大阪支社支社長、小岩井乳業社長、キリンビールマーケティング社長などを経てキリンビール社長に就任。

ページの先頭へ