名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

市田清兵衛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

市田清兵衛のプロフィール

市田清兵衛、いちだ・せいべえ。江戸時代前期から中期の近江商人。綿・麻・絹などの織物で財を成した。

市田清兵衛の名言 一覧

奉公人の中に、たとえ相当の技量がある者がいたとしても、支配人や番頭の指示に従うことなく、我がままで高慢な者は、速やかに暇を与えて、替わりの奉公人を採用すること。


不当に高い利益をあげないように、時の相場をもとに皆で申し合わせること。


金銭の収支を計算するときは、支配人及び番頭立会いのもとに行い、資金運用の仕方に粗漏(そろう=間違い)なきよう心得ること。


奉公人は穏やかで謙譲なることを旨として、諸事倹約を心掛け、出入りの者は老若男女を問わず、丁寧に取り扱うこと。


商売は以前よりしきたりの作法を乱さず、共に事に当たって、時の流行に迷わず、古格を守ること。


市田清兵衛の経歴・略歴

市田清兵衛、いちだ・せいべえ。江戸時代前期から中期の近江商人。綿・麻・絹などの織物で財を成した。

他の記事も読んでみる

津田秀樹

不機嫌で非協力的な上司には、部下の立場であっても、話を聞いてあげることが大切です。ただ耳を傾ける姿勢を取りましょう。


永守重信

僕は、講演時間の半分以上は質疑応答にしているんです。一方的に聞かされるより、本当に知りたいことを聞けるでしょう。


井上智治(コンサルタント)

球場内の看板の価値は、そこで試合が行われ、お客さんが集まることによって生じるのに、何となく球場そのものの価値だとされてきました。もちろん、球団と球場の両社の契約によって、その収入の取り分を変えることはできますが、楽天球団はそれならば自分で球場を経営したほうが手っ取り早いと考えたわけです。


曽山哲人

私たちが一番力を入れているのは企業の変革を仕組み化すること。変化が激しくなる中、組織の柔軟性を高めて自ら変わっていかなくては勝ち残れない。


石田衣良

街で観察して得た情報を頭の中で24時間、弱火でグツグツ煮詰めていると、ある日ポンとアイデアとして出てくる。


鈴鹿久美子

笑顔は「立場の信頼」を勝ち取るポイントです。まず口角を引ききること。そのうえで、相手から見える歯の本数で3種類の立場を印象付けます。0本=組織のリーダー、4本=信頼される上司、8本=同僚・部下です。政治家のポスターでは、「党首・総理」は口を結び、新人候補者は親しみを出すために歯は8本。歯が4本は経験と自信を表し、目上の人の信頼を得るのに最強です。


江上治

「何かすごいことをしないといけない」。そう焦っている人には、成功は近づいてこない。「お客さまから求められていること」と、「自分が一所懸命にやっていること」が噛み合っていないのだ。


眞鍋政義

日本の女子バレーでは代表に限らず、プレミアムリーグのクラブチームでも、カリスマ的な監督によるトップダウンのチームマネジメントが大勢を占めてきた。しかし、私はそうしたマネジメントの在り方では勝てないと疑問を持ち続けてきた。なぜなら、実際にコートの中でプレーするのは選手であるからだ。監督に命じられてではなく、選手自身が「絶対に勝つんだ」と心の底から思わなければ、世界の舞台で勝ち抜けない。


野坂英吾

起業したからには永続する会社を作りたいと思っています。なぜ300年を目指すかというと、「徳川幕府を超えたい」という想いがひとつです。また短期より長期の視点で経営判断するほうが成功する可能性が高いと感じています。いかに永続して発展していくか、その想いを持って企業作りをしていきたいですね。


藤田恭嗣

社会とずれてしまうと問題が生じる。だから経営者は時代を捉えなければならない。自分の能力で捉え切れるのか、捉えた上でさらに自分たちが行動できるのか、今でも悩みます。そんなときは人と会うこと。情報を共有してくれるような良好な関係性を多くの方と築くことが昔よりも遥かに必要です。それを踏まえた上で、どう立ち振る舞うかが信頼に繋がる。どういう時代でも信頼が一番大事でしょう。一緒にいたいと思っていただけるかどうかです。


黒田尚子

年収が高ければ家計に余裕が生まれ、低ければ余裕がなくなりそうなものですが、お金のこととなると話はもう少し複雑に。たとえば、インドア派で倹約家なら無駄な出費が少ないので、年収が低くてもやり方次第で貯蓄ができます。一方、どんなに稼いでいても「子どもは私立に入れたい」「マイホームを一等地に構えたい」「外車に乗りたい」と欲張ると、お金はすぐになくなります。その結果、暮らし向きはリッチでも貯蓄はゼロ。家計は火の車……と赤字転落寸前の家庭も少なくないのです。


菅谷太一

我々は決して、「年収がこのくらいなら、この物件を」といった提案の仕方はしません。大切なのはそのお客様が不動産投資によって何を得たいか。要介護の家族を支える資金が欲しいのか、子供たちに資産を残したいのか。では、そのためにはいくら必要か……これらをうかがい、その目的に合った物件を提案するのが我々のスタンス。不動産で人生をサポートさせていただくという感覚です。