名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

市橋和彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

市橋和彦のプロフィール

市橋和彦、いちはし・かずひこ。日本のコンサルタント。「ブリッジマン」社長。慶應義塾大学商学部卒業、ミシガン州立大学でMBAを取得。紀文国際事業企画室長、P&Gブランドマネジャー、RoC化粧品副社長、ヘレンカーチス専務取締役などを経てブリッジマンを設立。

市橋和彦の名言 一覧

実際の消費活動は好き嫌いや快不快といった、情動に基づいたものが大きく関与している。だからこの部分に訴える必要がある。


市場調査でどんなにアンケートを取っても、結局は言語化されたもの。無意識のニーズはなかなか反映されず、表層的になりがち。


じつはいま、商品の購入の7割は女性が決定しているというデータがあります。女性は厳しい選択眼を持っていると同時に、非常にその基準が捉えにくく、言葉には表せない無意識領域で判断していることが多い。


消費者の7割が女性だというのに、肝心の企業の発想自体がいまだに男性的なのです。とくに景気が悪化してコストダウンや効率化などが叫ばれると、ただでさえ左脳優位の男性的思考がさらに強まって、分析や理論、データに頼った商品開発をしがち。結局消費者のニーズから離れた、独りよがりな商品やサービスをつくってしまうのです。


市橋和彦の経歴・略歴

市橋和彦、いちはし・かずひこ。日本のコンサルタント。「ブリッジマン」社長。慶應義塾大学商学部卒業、ミシガン州立大学でMBAを取得。紀文国際事業企画室長、P&Gブランドマネジャー、RoC化粧品副社長、ヘレンカーチス専務取締役などを経てブリッジマンを設立。

他の記事も読んでみる

辻庸介

マネックス証券時代、配属先はCEO室だったのですが、やはり、松本(大 社長)さんから得た学びは大きかった。あれだけの能力を持つ人が、あんなに努力している。秋元康さんが「夢は手を伸ばした1ミリ先にある」と語ったそうですが、1ミリ伸ばすための不断の努力と、そのためのもうひと踏ん張りをできる人だけが果実を得られる。古い言葉ですが、「ローマは1日にして成らず」は真実なのだと、肌で感じました。


石破茂

失敗しても取り返しがきく。やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいい。そういう人がいないと、世の中は変わらない。今さえよければいいのではない。


盛田昭夫

もし、死ぬときに「俺は大事な人生を、あんなところでムダに過ごしてしまったな」と思ったとしたら、これほど不幸なことはない。やはり、「俺はソニーで働けて幸せだった」と思って死ぬようにしてあげることが、社員に対する最大の務めだと思う。


メンタリストDaiGo

人によって集中できる時間帯は違うと思いますが、朝に起きて夜に寝る生活をしている人なら、基本的には、午前中に思い切り集中力を発揮して仕事をし、午後から夜にかけては集中力が必要とされないことをする、というのが効率的です。


堀義人

「社長が決断してくれない」なんてことは絶対に社員に言わせたくないです。メールの返信や判断は、24時間以内にすべて行うようにしています。そういうスピード感をトップが持つということは、すごく必要だと思います。


小郷三朗

当社は、販売数量増による成長を基本に置きながらも、高付加価値商品を手がけることで、不毛な過当競争に巻き込まれないことを心がけてきた。


堀義貴

私が新卒で入社したラジオ局では、毎日のようにビアホールに行ってしまった。そこでワイワイやっている中で、仕事に対するヒントが、ふっと思い浮かぶことも少なくありません。饒舌になったり感情が高ぶると、面白い発想が出てくる。


橋本秋人

将来に向けての対策はこれから、という人がとても多い。理由の一つとして、不安はあっても、何が不安なのか、具体的につかめていないということがあります。例えば、毎年「ねんきん定期便」が送られてきていても、自分の年金額を把握している人は案外少ない。また月々の家計の収支についても同様で、あまり意識されていない。具体的な数字が頭に入っていないため、不安が漠然としたレベルでとどまってしまうのです。


中村礼子

私はおっとりしてると言われるけど、「こうしたい!」と思ったら突き進んでしまう迷惑な人なんです(笑)。


オカダ・カズチカ

プロレスの面白さは、勝ち負け。どれだけいい試合をしても、勝たなければ意味がない。


小松節子

100個作った時にもし不良品が出たら、どこが悪かったのか、作る過程を繰り返し見直し、徹底して問題を見つけ、解決していく。そうしたやり抜く粘り強さが不可欠。


安田弘

子供の時には怖い大人、おっかない人がいなければ駄目なんです。今の子供がかわいそうだなと思うのは、おっかない人が周りにいないことです。私の子供の時はどうだったかというと、祖父や父がいつも怖い顔で後ろにいたんです。ですから「こんなことをやったら大変だ」という気持ちは、しょっちゅう頭にありました。