名言DB

9413 人 / 110706 名言

市橋和彦の名言

twitter Facebook はてブ

市橋和彦のプロフィール

市橋和彦、いちはし・かずひこ。日本のコンサルタント。「ブリッジマン」社長。慶應義塾大学商学部卒業、ミシガン州立大学でMBAを取得。紀文国際事業企画室長、P&Gブランドマネジャー、RoC化粧品副社長、ヘレンカーチス専務取締役などを経てブリッジマンを設立。

市橋和彦の名言 一覧

実際の消費活動は好き嫌いや快不快といった、情動に基づいたものが大きく関与している。だからこの部分に訴える必要がある。


市場調査でどんなにアンケートを取っても、結局は言語化されたもの。無意識のニーズはなかなか反映されず、表層的になりがち。


じつはいま、商品の購入の7割は女性が決定しているというデータがあります。女性は厳しい選択眼を持っていると同時に、非常にその基準が捉えにくく、言葉には表せない無意識領域で判断していることが多い。


消費者の7割が女性だというのに、肝心の企業の発想自体がいまだに男性的なのです。とくに景気が悪化してコストダウンや効率化などが叫ばれると、ただでさえ左脳優位の男性的思考がさらに強まって、分析や理論、データに頼った商品開発をしがち。結局消費者のニーズから離れた、独りよがりな商品やサービスをつくってしまうのです。


市橋和彦の経歴・略歴

市橋和彦、いちはし・かずひこ。日本のコンサルタント。「ブリッジマン」社長。慶應義塾大学商学部卒業、ミシガン州立大学でMBAを取得。紀文国際事業企画室長、P&Gブランドマネジャー、RoC化粧品副社長、ヘレンカーチス専務取締役などを経てブリッジマンを設立。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

「衆知を集める」と言えば聞こえはいいですが、社員が集まって商品名を決めるとロクなことがありません。意見を出した人たちの顔を立てるために、妥協点として誰の心にも響かないネーミングを落としどころにしてしまいます。


坂根正弘

私が社長時代、社内に徳政令を出し、今回は不問にするという条件で、過去のバッドニュースをすべて吐き出してもらいました。悪い報告を躊躇するのは、「いま不正やミスを報告すれば、過去のこともバレるかも」という心配があるからです。


小暮真久

若い人は発想力や企画力には優れていても、それを事業化するために必要な経営的視点や社会的信用が不足している。そこで、日本のビジネスシーンで求められるスキルや経験を身につけたベテランが若者の弱みをサポートすれば、実現する可能性は格段に高まる。


野村克也

大人になってからの恥は、屈辱的だ。プライドはずたずたになり、気持ちも揺さぶられる。しかし、そうやって深く沈んだ時こそ、人は高く飛び上がれるものだ。恥を存分にかいたのなら、存分に取り戻さなければ損だろう。


赤江珠緒

ABCを辞めたことをすごく後悔したこともありました。なんで自分は東京にいるんだろう……って。でも後ろを振り返ってもしょうがない、いまできることを全力でやろうと決めました。


清水浩(電気自動車)

「やるべきこと」「やりたいこと」「やっていること」が一致した瞬間、これこそが人生の幸せだと思います。


松下幸之助

「あの人は自分のことをわかってくれない」とか、「せっかくいい提案をしているのに、うちの上司は無理解だ」と思うようなことがあれば、一度とらわれず、人を見て法を説いているかどうか、静かに考えてみることも大切だと思います。


井浦新

この映画(『光』)は珍しく、映画の方から観る人たちに挑戦しているような作品。もしかしたら「何も感じ取れなかった、ヤバい」と思わせてしまうかもしれないし、「何も共感できない、登場人物最悪」と感じてしまうかもしれない。観る人たちを、映画が試しているようなところもあるので、ぜひ、その挑戦を受けていただきたいなと。


西田文郎

昔の人は「石の上にも3年」と言いました。どんな仕事でも苦しい先には光が見えてきます。ところが多くの人は苦労を嫌い、上手くいかないことを他人のせいにしているので、常に不快の状態にあって面白くありません。仕事も上司に言われるからやるのであって、これは消極的自己犠牲にすぎず、一生懸命ではあっても本気ではありません。本当に人生を楽しめるのは、積極的自己犠牲ができる本気の人です。


原田泳幸

経営にとって「やるべきこと」というのは大抵はっきりしているんです。たとえば客数を増やす。客単価を上げる。コストを下げる。それらの取り組みによって売上高と利益を上げる。やればいいんです。ただ、それらを全部一度にやったらどうなるか。どれも実現できなくなります。


三村明夫

物事は悪いことを見ればきりがないし、いい側面も見ればきりがない。その中で世界は動いていく。要は、それぞれ正確に事態をつかまえながらやっていく。


桜田厚(櫻田厚)

リアルな世界では状況が違えば、ふさわしい答えも違う。その都度、自分の頭で考えて正解を作っていくしかない。


伊藤雅俊(味の素)

市場の揺籃期や高度成長時代であれば、新しい事業も割と社内の賛同を得やすく、推進しやすいものです。ところが、市場が成熟してくると、新しいことをやりたくてもみんなが賛成してくれるとは限りません。そこで諦めずに反対派・懐疑派にどうしてもやりたいという熱い思いを伝え、論理的にわかりやすく説得して、チャンスを勝ち取っていく必要があります。その強い思いとは、野心といってもいいでしょう。面白いことに、常にそういう強い思いを発信し、野心をもって突き進む人のもとには、必要な情報や知識が自然と集まってきます。


高橋秀実(髙橋秀実)

うちは、私が怒ると、妻から100倍の怒りが返ってくるんです。でも、結果として「その通りだ」と思うことが多いんです。というのは、観察力、記憶力、決断力、すべてにおいて彼女のほうが優れていますから。


押味至一

私が現場第一主義を掲げるのは、利益の源泉が施工現場にあるからにほかならない。現場こそ我々の生業そのものといっていい。