名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

市川憲和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

市川憲和のプロフィール

市川憲和、いちかわ・のりかず。日本の経営者。「デジタル・インフォメーション・テクノロジー」社長。東京理科大学理学部二部数学科卒業後、データ通信システムを経て東洋コンピュータシステム(のちのデジタル・インフォメーション・テクノロジー)を設立。

市川憲和の名言 一覧

お客様からのご要望があれば何でもやるので総花的ではありますが、多面多様であることが特徴かもしれません。


経営資源を新たな事業に投入する場合、社内カンパニーを創設します。各社内カンパニーは、それぞれの分野に特化して業界ナンバーワンを目指します。


生産性を上げ、付加価値を高めることが重要ですが、もうひとつ忘れていけないのはマーケティングの視点です。技術をビジネスに転化するために独自の発想でソフトウエアという形で商品化するのです。


当社は地方都市での事業展開に注力していますが、目的のひとつに人材採用があります。東京には人材も多いですが競争も厳しい。そこで地元で働きたいと思っている優秀な人材の確保を狙っているのです。


市川憲和の経歴・略歴

市川憲和、いちかわ・のりかず。日本の経営者。「デジタル・インフォメーション・テクノロジー」社長。東京理科大学理学部二部数学科卒業後、データ通信システムを経て東洋コンピュータシステム(のちのデジタル・インフォメーション・テクノロジー)を設立。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

ジャパネットは商品の先にある幸せを届ける義務があります。「この商品を3万円で仕入れて、10万円で売れば儲かるよ」という話があっても、その基準で商品を選んで売ると会社は駄目になります。


Mr.マリック

本気で没頭していると、絶対に応援してくれる人と出会う。


和田秀樹

途中で勉強を放り投げてしまえば、いままでやったことが無になってしまい、取り戻すためには休んでいた期間以上のリハビリが必要だ。はじめた以上は、毎日ちょっとずつでも続けることである。努力が実って成果を手にしても、そこで満足しないで次の目標を見つけてチャレンジすると言ったことが必要だ。


桜井章一

世間にはいろいろな人がいます。要領の悪い人、人を騙す人……。けれど、彼らからも学ぶ部分はあります。なぜ彼は効率が悪いのか。嘘をつく人にはどんな特徴があるのか。そう考えれば、いろいろな人がいたほうがラッキーだと思いませんか。


北尾吉孝

歴史という視点があると、上司にどう思われるとか、ささいなミスとか、そういうビジネスの本質には関係ない枝葉末節に心を奪われ、思い悩むこともなくなる。


ドナルド・トランプ

相手をどれほど尊敬していようと、好意を持っていようと、お金のやりとりには必ず目を光らせるべきだ。


張本邦雄

これまでトラブルを乗り越えてこられた理由を振り返ってみると、やはり「徹底的に考える」という姿勢は大きいかもしれません。それこそ土下座をする場合でも、「本当に悪いと思っていることを相手に伝える手段は何か?」を考えた結果として出てくる判断。問題解決のためのカードの一枚です。さらに、相手に会っていきなり土下座するのがいいのか、それとも三十分くらい怒られてから「わかりました、申し訳ありません」と頭を下げるのがいいのか、カードの切り方もあらかじめ考えていく。もちろん、謝りにいく前日には眠れないこともあるし、心臓はドキドキしますよ。そんなときこそ、どうやったら問題が解決するのか、結果だけを考えるわけです。


岩野達志

常にアンテナを張って情報を収集し、新しいことに挑戦するつもりです。そのためには、やはり多くの人に会ってその話から刺激を受けていかないと。


藤田晋

「子供は親の背中を見て育つ」とよく言われますが、「背中」からは、良い影響だけでなく、悪い影響も受けます。「愚痴ばかり言う上司」や「やる気のない先輩」などと一緒にいると、その人たちの背中からムダなことを学び、自分の目線が下がることがあります。例えば、目線の低い周囲の人に流され、「この程度でいいか」と妥協した仕事をしてしまう。悪い背中は、「こうなってはダメだな」と、反面教師として見るべきです。知らず知らずのうちに悪い背中に流さないように注意しましょう。


貴島孝雄

技術者に二律背反の解決を要求することを、ためらってはいけません。


田岡敬

毎週ジムに行っていますが、ここ5年ぐらいのことです。ジムに行って40分ぐらいマシンやって、4.5キロぐらい走って、1キロ泳ぐっていうのを1セット毎週やっています。自分の精神は肉体に支配されているなと思いまして、良いアウトプットは健康でないと出ないなとつくづく思ったので。あとは、常に仕事が激動・激変・新しいチャレンジだったので、それそのものが鍛錬という感じですね。


櫻井英明

経営トップの志向や思考や未来像を正確にマーケットや投資家に伝達してくれているのもIR資料。ルーティンな数字の発表や中期計画の紹介など以上にIR担当者は時間と労力をかけていますが、同様に投資家にとっても紙背を読むほど重要な資料であるはずです。