市原敬久の名言

市原敬久のプロフィール

市原敬久、いちはら・たかひさ。日本の経営者。八百鮮創業者。岐阜県出身。京都産業大学経営学部在学中、NPO法人経営パラリンピック委員会設立に携わる。卒業後、人材ビジネス関連の会社の営業職、スーパーマーケットのタチヤで修行したのち、大学時代の友人達とともに八百鮮を創業。人気店となった。

市原敬久の名言 一覧

お客さんが喜ぶことだったら、何をやってもいい。お客さんのためになることで、やってはいけないことなどひとつもない。


ぼくが八百鮮をつくった目的は、感動ある人生を歩むことであり、従業員にも歩んでもらうことであり、もっと言えばお客さんにもそういうことを感じてもらうことです。それがぼくの人生のすべての目的です。


創業したときの約束は、物事の判断に迷ったときは、「感動」だけを判断基準にしようということでした。苦労する道としない道があったら、苦労する道、非効率な道を選んだほうが、絶対に10年後には感動できる人生になっているはず。どうせ一回きりの人生なのだから、そういう人生を一緒に歩まないか。そう約束しました。この一点は狂いなく共有できています。


ぼくは、従業員一人一人が社長で、会社はその集合体だと思っています。だから従業員に粗利管理まで担当者にさせています。一人一人が経営者であり、戦略家でなければなりませんから。「よきテーマを与えれば、人は勝手に成長する」という山本先生(恩師の山本憲司教授)の教えのおかげで自分は楽しい人生を得られましたから、従業員にもそうしてほしいと思っています。


山本先生(恩師の山本憲司教授)はよく、「よきテーマを与えれば、人は勝手に成長する」とおっしゃっていましたが、自分たちの徹夜の議論もまさにそのとおりで、勝手にやっていたものでした。先生は経パラも、「これは学生が主体の大会や。きみたちが主役なんやから、すべてきみたちが決めていい」と任せてくれたんです。だからそこで初めて本気で考えるようになったんです。


市原敬久の経歴・略歴

市原敬久、いちはら・たかひさ。日本の経営者。八百鮮創業者。岐阜県出身。京都産業大学経営学部在学中、NPO法人経営パラリンピック委員会設立に携わる。卒業後、人材ビジネス関連の会社の営業職、スーパーマーケットのタチヤで修行したのち、大学時代の友人達とともに八百鮮を創業。人気店となった。

他の記事も読んでみる

新浪剛史

ローソンの社長就任時、商社出身で40代前半の私は、当時、コンビニ業界の異端でしたが、今もコンビニ業界には、過去の成功にあぐらをかかず、異なるものを受け入れる柔軟さが必要だと思います。


ルディー和子

単純に値段を下げてしまうと、経営者の弱気が消費者に伝わるんです。そしてさらにもっとさげるだろうと消費者は考えます。安い値段をありがたがらなくなります。


村上綾一

日頃から数字や計算に触れてアレルギーをなくし、身近にしていくことが、数字に強い脳を作る前段階と言えるでしょう。


堤清二

職制上の縦のルートがあるだけでは、経営者にとって都合の悪い話は上がってきません。労組ルートを別に設けることで、横からの情報が入りやすくなり、会社の実態がつかめるに違いないと考えました。堕落を防ぐためには、意識的に批判者をつくろうとしたのです。
【覚書き|西武百貨店に入社する前に、入社の条件として労働組合をつくることを提案したことについて語った言葉】


森川亮

ユーザーが求めているものと企業が求めているものがズレると、当然、ユーザーは離れていきます。そこをどれだけイコールにできるかがチャレンジ。それをやり続ければ、つぶれることはない。


デイル・ドーテン

新しいアイデアというのは、新しい場所におかれた古いアイデアなんだ。


藤田晋

整理のコツは、どこまで潔く捨てられるかにかかっている。


津賀一宏

顧客に喜ばれないもの、値段以外の要素で選ばれないものはやらない。日本のような成熟市場では、白物家電の需要が急拡大しないのは承知しています。ですから多少高くても、良い製品に買い替えたい、という顧客がターゲットです。それは新興メーカーにはできません。


中村邦夫

当時、ソニーさんやシャープさんに比べて国内の流通コストが8%も高かった。これでは競争になりません。改革を一気呵成に進めるうえでも聖域から手を付けることが不可欠と考えたのです。
【覚書き|社長時代、社内で聖域とされていた国内の家電流通改革を断行した理由について語った言葉】


國分文也(国分文也)

成長していくためには儲けがなければいけないのは当然のこと。利益の面での成長もベースですが、もう一つ拠り所が大事。我々はなぜ働くのかと。


宮内義彦

ガバナンスのために企業があるわけではありません。極論すれば、ガバナンスを無視しても、世の役に立つ企業は存在しえる。ただ、ほとんどの場合、あまりうまくいかないので、ガバナンスを大事にしようと言われているんですね。


渡邉英彦

すべては「ネーミング」です。市のイベントで知り合ったNHKの記者に「富士宮やきそば学会という組織があり、そのG麺が市内のやきそば店を夜な夜な調査して回っているんです」という情報を流した。単に「やきそばを使った町おこし」では面白くない。庶民的な「やきそば」にアカデミックな「学会」を足せば、うさんくさくて「何、それ?」と興味を持ってもらえるかなと。活動についてもはじめに言葉ありき。中身は後からともなうと考えました。結果、NHKのニュースで取り上げられました。


姜尚中

どんなに後悔に満ちた人生でも、過去は変えられない。神様だって否定できない。だから、自分がここまで生きてきた過去という事実に誇りを持ってほしい。


井上陽介

過去からの大きなトレンドや根底の変化をとらえることは不可能ではありません。そのためには一にも二にも「ファクト」。すなわち過去、実際にあった事実のみを頼りに、その積み重ねに基づいて、どういう変化が起こっているのかを考える姿勢や読み解く能力が必要。


谷好通

お客様が持っておられる我々の技術に対する期待に応え続けることが大事だ。そして、原点は何なのかを考えよう。


ページの先頭へ