名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

市原敏雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

市原敏雄のプロフィール

市原敏雄、いちはら・としお。日本の経営者。「アベールジャパン」社長。東京出身。工業高校卒業後、小型トランスメーカー、総合エンジニアリング会社などを経て54歳でアベールジャパンを創業。

市原敏雄の名言 一覧

経営者は儲かる仕組みをつくることを考えればいい。それができれば景気に関係なく会社を成長させられる。


第一に現場主義。現場の心を忘れた経営は発展しない。


景気が良くても悪くても、仕事というのはあるところにはある。


起業当時は景気が悪く、会社がどんどんなくなっている時期だったこともあり周囲は不思議がりましたが、私は常々「こういう時期だからこそ会社をつくるんだ」と言ってきました。


広い分野を総合的に手掛けているため、仮に1つの業界で受注が減っても、他の分野でカバーできるという点は間違いなく当社の強みになっています。


市原敏雄の経歴・略歴

市原敏雄、いちはら・としお。日本の経営者。「アベールジャパン」社長。東京出身。工業高校卒業後、小型トランスメーカー、総合エンジニアリング会社などを経て54歳でアベールジャパンを創業。

他の記事も読んでみる

堀場厚

課題もある。急速なグローバル化に経営側が追いついていない。海外業務を経験した日本人をどんどん日本に呼び寄せており、いまは日本の社員の3割、役員以上だと9割以上に海外駐在経験がある。記事にはならないけど、実は10年前から英語で会議している。次のステップとして、外国人を日本の本社のボードメンバー(役員)に入れる必要が出てきた、と考えている


飯野正子

強調しておきたいのは長い人生の中で脇見をしたり、脇道に踏み込んでみるのはマイナスなどではない。


樋口健夫

毎日アイデアを出し続けることによって脳はすみやかに思考発想モードに入り、次々とアイデアが浮かぶようになる。


三枝匡

私が効率よく問題点を探すことができた理由は簡単です。問題を整理するためのフレームワークを持っていたからです。事業再生の経験で、病気の事業の原因を見極める目が肥えていたのです。すなわち、過去の経験を「経験談」ではなく、フレームワークの形で蓄積していたことを意味します。行く先々で「このフレームワークが合うかな」と引き出しから出して、眼前の状況に当てはめていき、正常と異常の判定を次々と繰り返していったということなのです。


間寛平

東京行きを決めたとき、はじめは周りのみんなから反対されたんです。「寬平ちゃんの芸は大阪向きやから、東京では無理ですよ。絶対、ウケませんから」って。でもやっと、神様が降りてきてくれたんやないですかね。東京の初代マネジャーだった比企啓之という男の頑張りもあって、ギリシャの鉄人レース・スパルタスロンで走っている姿を、テレビが放映してくれて、すごく話題になった。そこから仕事も一気に増えて、僕の人生もどーんと変わっていったんです。


山田昇(ヤマダ電機)

頭だけで考えるのは駄目です。答えは現場にいって確認しないと。


小山薫堂

「人を喜ばせる」といっても、何をすれば人が喜ぶのかは人によって異なります。自分が「これがいいんじゃないか」と思っていることと、相手が求めているものがピタリと一致すれば素晴らしいですが、ずれるということも往々にして起こります。ですから、なるべくその人の好みや価値観を把握して、それに合わせる努力は必要です。ただし、人によっては、この「ずれ」そのものを面白がってくれる場合もあります。そういう人にはあえて好みに合わせるのではなく、その人が予期しないような、こちらが面白いと思うものに徹してやってみるということも考えられます。企画もサービスも、一人ひとりの相手次第というところがあるわけです。


浅田次郎

僕自身も戦後生まれだから、戦争はまったく知らない。知らなさのレベルはおそらく皆さんと同じです。僕が物心付いた昭和30年代には東京は完全復興していました。焼け跡もなければ闇市もなくて、戦争は遠い昔話だった。でも、年代が物理的に近い分、多少は戦争についての生の声を聴いています。父が軍人だった世代だし、母だって学徒動員で工場に行っていた世代ですからね。だから、今の若い人より多少はリアルに戦争を書けるのかもしれません。


伊藤明(伊東屋)

思いついたら、さっと書けるのは紙ならでは。我が社の商品企画室は厳しくて、社長の提案も簡単には通らない(苦笑)。ふと浮かんだ良いアイデアを逃さないように、ノートはいつも手元に置いています。


梅原誠

僕が子供の頃、ずっと母親から前向きな言葉をかけられ続けて育ちました。「お前はもっとできる」「伸びるよ」と、呪文のように吹きこまれた。だから宿題も真面目にこなせた。試験勉強も運動も、何にでも挑戦できた。


守屋洋

戦略戦術とは、わかりやすく言えば、戦いの駆け引きである。駆け引きなどというと、高潔な人は眉をひそめるかもしれないが、実はこれには二つの種類があるのだ。ひとつは人を騙したり陥れたりする駆け引き。もうひとつは、仕事を成し遂げるための駆け引きである。自分を活かし人も活かすための駆け引きといってもいい。これは社会人として世の中に立っていくためには、ぜひとも必要な駆け引きといってもよい。


鈴木純(経営者)

イギリスでは予算づくりのために膨大な書類づくりに追われたり、外国人スタッフたちとのコミュニケーションに悩まされたり、とにかく苦労が絶えなかった。イギリスでの3年間で、ビジネスパーソンとしてひと皮むけたと思っている。