名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

巻誠一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

巻誠一郎のプロフィール

巻誠一郎、まき・せいいちろう。日本のプロサッカー選手(FW)。熊本県出身。小学5年からサッカーを開始。駒澤大学卒業後、ジェフユナイテッド市原に入団。FCアムカル・ペルミ(ロシア)、深センFC(中国)、東京ヴェルディ、ロアッソ熊本でプレー。また日本代表選手としても活躍。

巻誠一郎の名言 一覧

昨年は特別な1年でした。いいことも悪いことも経験して、刺激が詰まってましたね。その中で見えてくるものがたくさんありました。


いいところはいろんな人が指摘してくれますし、自分で見ようとしなくても見える。でも悪い部分は指摘してくれる人も少ないし、自分で見つめて修正するしかない。


諦めずに何回もゴールを狙って継続することと、カラダ半分、1センチでも、いえ1ミリでも相手より前に出ることを心がける。それがゴールを獲るために必要だと感じています。


僕は身体能力が高いわけではないし、周りに比べて上手くないし、ヘディングも飛びぬけて強いわけじゃない。だから、どうやってこのチームで生き残るかを常に考えながらプレーしてきました。


自分が見つけた道は、前線からの泥臭い守備や、味方を生かすような動き、そしてもちろん得点力。FWとして絶対に点を獲るという気持ちの強さでやってきました。


シュートミスはアーッとなりますよ。でも、ひきずるのは試合の後。試合中にネガティブになったら、いいことはひとつもない。その代わり、試合後までドンマイドンマイと楽観視するのはマイナスです。冷静に自分のプレーを見つめ直して、ここがよくないと考えることも必要。どんなミスもポジティブに忘れようでは、前進しないと考えてます。


昨年のW杯はブラジル域にスタメン出場したんですが、ピッチに立つ前、整列している相手はテレビで見ていた選手ばかり。ナーバスになってましたけど、その中でプレーできる喜びも感じましたね。ああいう大きい場所に立てば立つほど、すごい力が出ると思いがちなんですけど、僕の場合は違いましたね。あれだけ追いつめられた状況でプレーしても、出せたのは普段やってることだけ。「普段の練習で100%、120%出せ」というオシム監督の言葉が納得できました。


巻誠一郎の経歴・略歴

巻誠一郎、まき・せいいちろう。日本のプロサッカー選手(FW)。熊本県出身。小学5年からサッカーを開始。駒澤大学卒業後、ジェフユナイテッド市原に入団。FCアムカル・ペルミ(ロシア)、深センFC(中国)、東京ヴェルディ、ロアッソ熊本でプレー。また日本代表選手としても活躍。

他の記事も読んでみる

橘俊夫

伸びている会社は間違いなく、何のためにその会社が存在しているのかという、存在価値、経営理念、それがハッキリしています。何のためにこの企業は存続しなければならないのかということが明確で、トップ以下社員みんながそれを信じている会社というのは強い。


熊谷正寿

必要なのは「一番志向」です。昔は営業力でモノが売れた時代もありましたが、インターネットの普及により、モノの情報は瞬時に無料で入手できるようになりました。したがって、偽物や一番以外のものを売っていると、あっという間に分かってしまう。お客様に喜んでもらうためには、「本物」かつ「一番」でなければなりません。ですから、企業家はそのことだけを考えて、一番のものを提供し続ける必要があります。結果として、売上げもシェアも一番になっていく。そこに集中することで、結果皆が笑顔になるのです。


鈴木喬(経営者)

相手に話をしてもらうにはどうしたらいいか。準備がすべてです。私は知らない人と会うときは、徹底的に相手の研究をする。生まれ育ちや家族関係、わかる限りのデータを調べます。その人が本を書いていたら、全部読む。保険のセールスをしていた頃はそれが常識でした。


佐藤龍雄(経営者)

社長に就任して私がまず始めたことは現場に行くことでした。就任日から100日間で北海道から神奈川県までの各管理事務所や工事事務所、管制センター、関係会社などを回って社員との懇親を行ってきました。


葉田順治

我々は資本主義ならぬ、「モノ本主義」でここまでやってきた。「IoT」や人工知能の普及で人間の仕事がなくなると言っても、要するにコンピューティングの新しい形なわけで、パソコン産業は衰退するかもしれないけれど、インダストリーPCやその周辺において、モノ作りの需要は必ず増えていく。


齋藤孝(教育学者)

多くのビジネスマンの方は、自分がどれくらいの時間でひとつの仕事をしているかを、きちんと把握していない。なんとなく時計を見ながら、「15時くらいまでに終わらせよう」と思いつつ、時間どおりに終わらずに焦る。こんなことを繰り返していても、仕事の速度は上がりません。


土井英司

その本に価値があるかどうかは、著者プロフィールを見ればわかります。ポイントは、この人は何のプロなのか、何で評価されている人なのかです。それが本のテーマと合っているかが重要な判断要素です。その際に、僕は著者の肩書はあまり重視しません。たとえば、経営コンサルタントだといっても、経営のプロとは思いません。クライアントとの人間関係を築くプロもいれば、思考プロセスが素晴らしい人、情報収集術が巧みな人もいます。本に著者のノウハウが出ていれば、その本は価値があるわけです。


佐藤隆太

現場に入って、多くの人から刺激をもらえるのが嬉しい。今回の映画では麻生久美子さんや子役の土師野隆之介君にも本当にいい刺激をもらいました。


法華津孝太

若いうちは重荷に感じられても、自分の手に余るような仕事に勇敢にぶつかっていくことが大切である。
【覚書き:20代で日本軍とリットン調査団の英語通訳として同行した時のことを振り返っての言葉。】


ドナルド・トランプ

どんな業界であろうと、誰にでもターゲット市場というものがあり、対象がどんな層かは重要である。


ウィリアム・ウェルドン

短期的な目標だけを追求せずに長期的な視野を持って経営してきたことが、75年連続の増収という長期にわたる成長につながっているのです。


永井孝尚

私は6時15分の電車に乗っているが、20分遅い電車だともう座れない。朝から消耗した状態で働くか、充実した通勤時間を過ごして準備万端の状態で仕事に取り掛かるか。あなたであればどちらを選ぶだろうか。