名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

工藤泰三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

工藤泰三のプロフィール

工藤泰三、くどう・やすみ。日本の経営者。日本郵船社長。大分県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本郵船に入社。主に自動車船部門に従事し、日本車メーカーの海外進出に尽力した。セミライナーグループ長、自動車船グループ長、経営委員、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

工藤泰三の名言 一覧

信頼関係が仕事の基本。


提案力の向上は、どの企業も直面する課題です。ただ地道に提案し続ければ、国内外を問わず相手も応えてくれます。


海運会社は競合他社との違いを出しにくい。顧客が抱える課題にいかに的確な解決策を提案するかで差が付く。


幅広い視点でものごとを見る目が養われてくると、船会社の人間であっても「今回はエア(空輸、航空便)でいこう」とか「船で間に合うな」といった発想で柔軟に考えられるようになります。現場に学び、お客様に学ぶ。これが私の最高の教科書なのです。


シッピングカンパニー(船会社)として生き残るためには、モア・ザン・シッピングカンパニー(船会社を越えた船会社)でなければなりません。日本の自動車メーカーがロシアのサンクトペテルブルクに新しい自動車工場をつくる場合、港から内陸の工場まではかなり距離があります。しかも、通関手続きが非常に煩雑で難しいときています。そういうとき「うちなら全部解決できます」と提案するために、当社は早くから現地に進出して準備を整えていました。船で運ぶだけでなく、現地での倉庫の手配や、実際の入出庫オペレーションも行うのです。


私は「誠意・創意・熱意」を重視しています。ハードの差別化は限界があります。となると、あとは知恵比べです。その知恵の源泉としては、現地経験だけでは十分でなく、お客様の立場でものを見る目も必要になってきます。


当社では半年間の入社研修プログラムで倉庫などの実際の現場で働いてもらっています。その後、船舶運航の実務を2年間義務付けています。現場の経験が豊富になると、お客様との商談でも迫力が違います。経験に裏打ちされた知識が自信につながっていくからです。


船の世界はどの会社もコスト構造がほとんど同じなため、明らかな運賃差は生まれません。船舶の可能性は新造船で燃費を向上させてもすぐに他社に追随されますし、船乗りの質が高くても操船効率が大幅に高まったりはしないからです。それでも日本郵船を選んでいただくには、何らかの付加価値が必要です。たとえば、期日までに部品を届けることができなければ、現地の工場は操業できず、お客様に迷惑がかかります。「そういう問題を回避してくれるなら、少しは高くても利用したい」と判断していただけるのであれば、それは付加価値が高い船会社といえます。


社長就任後に新入社員のキャリア形成を見直し、船の運航にかかわる部署に必ず配属するようにしました。現場から始めると海運会社の本質をより理解できる。そんな自分の経験を人事政策に反映させました。


入社後最初に配属された課を当初は「傍流」と感じましたが、そこにいたから経験できたことも多かった。会社人生を振り返っても、一番勉強になった気がします。


工藤泰三の経歴・略歴

工藤泰三、くどう・やすみ。日本の経営者。日本郵船社長。大分県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本郵船に入社。主に自動車船部門に従事し、日本車メーカーの海外進出に尽力した。セミライナーグループ長、自動車船グループ長、経営委員、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

宇佐美進典

私がサイバーエージェントの役員を務めていた時、同社と弊社の違いについて考えました。そして、サイバーエージェントは企業文化に強みがあると気付いたのです。自社をより良くするには、良い文化を醸成する必要があると感じ、人材育成や企業文化の醸成に責任を持つCCO(チーフ・カルチャー・オフィサー)という役職も設置しました。


角田太郎(経営者)

恵まれたポジションを手放すからには、アマゾンでは絶対できないことをしたい。そう思った時部屋のなかを見渡したら約1万本のカセットが並んでいたわけです。僕はおそらく世界的なカセットコレクター。市場らしい市場がないのでカセットの入手は困難。でも入手困難だからこその「ありがたみ」があります。それこそ定額で音楽聴き放題の時代になって失われてしまったもの。


童門冬二

厳しい状況を乗り越えるために必要なのは自己信仰、自分を信ずることに尽きます。どんなに不安定な状況に追い込まれても、それを乗り越える力は自分には残っているのだと信じ続けること。


小路明善

全国のお得意先を回るとき、必ず現地の事業所の社員と懇談会をします。これは社員との距離を縮めることが第一の目標です。顔を突き合わせて話すと、社長と社員の距離が一気に縮まります。すると、メッセージを発したときも、社員が耳を傾けてくれると思うのです。


三遊亭歌る多

最初は師匠のお世話をするために、この世界に入ってきたわけではないと思うかもしれません。でも、そのお世話は自分自身の修行なんです。師匠に気配りできることが、やがて高座で話すようになったときに、お客様の求めるものを敏感に察知できることにつながります。


塚本康浩

大学院で研究をしながら、夜は大学近くの動物病院でバイトもしていたんです。現場はすごかったですよ。コワモテの飼い主が闘犬によって傷ついた土佐犬を連れて泣きついてきたり、自分とお揃いのマニキュアをプードルに塗り「除光液で皮膚炎が起きた」と嘆く飼い主が現われたり……。大阪ですから、めちゃくちゃですわ。でもそんな風に研究室に閉じこもっていられない性分だったから、ダチョウと出会えたんです。


齋藤知久(斎藤知久)

番組を作る資金が潤沢ではない。そういう中で、最少の制作費で最大の効果を上げるために何をすべきか、それをチームのみんなが真剣に追求し、一所懸命取り組んでくれました。


伊東孝紳

トータルで600万台という目標数値に意味があるのではなくて、各々の地域がお客様に継続的に喜ばれる活動ができる地盤を作り上げることが大事。


横川竟

平成に入ってからの外食のデフレの原因を、デフレ経済の影響だとする言い方を何度も耳にしましたが、それは違うと思います。デフレ経済の下で、外食産業は商売の基本をおろそかにしたから「外食デフレ」になったのでしょう。経済のデフレとは違うところで起こったデフレです。経済のデフレに便乗して、消費者の期待に応える努力を怠ったことが原因です。新しい価値を創ることができないから、価格でしか勝負できなかったのです。


江上治

基準の低い人と付き合うと、何かを得るのではなく、逆に奪われてしまう。だから、慎重に相手の考える基準を見定めて、高い人とのみ付き合うことだ。そうして、価値あるものを提供するのである。


藤井フミヤ

自分自身を振り返ってみても、20代の男はガキだよね(笑)。30代でようやく女性の20代のような感じ。だから、失敗を恐れずじゃないけど、ガムシャラでいいんじゃないかな。


ゴーギャン

苦しいときには、自分よりもっと不幸な男がいたことを考えろ。