名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

工藤将太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

工藤将太郎のプロフィール

工藤将太郎、くどう・しょうたろう。日本の経営者。「クレア・ライフ・パートナーズ」社長。大分県出身。西南学院大学卒業後、日本生命保険相互会社を経てクレア・ライフ・パートナーズを設立。

工藤将太郎の名言 一覧

自分が本当にやりたいことを、会社を理由に実現できないなんておかしい。


保険会社だと節税は保険商品で、証券会社だと株でという話になってしまう。もっと効率的に資産の運用・保全を図りたいというニーズが顕在化してきています。当社は一商材に偏らない、本来あるべきポートフォリオの実現が可能です。さらにそれらすべてが、ワンストップで対応可能な点が当社の最大の強み。


工藤将太郎の経歴・略歴

工藤将太郎、くどう・しょうたろう。日本の経営者。「クレア・ライフ・パートナーズ」社長。大分県出身。西南学院大学卒業後、日本生命保険相互会社を経てクレア・ライフ・パートナーズを設立。

他の記事も読んでみる

藤井義彦

人は成長するにつれ、社会の規範に合わせ鎧をまとうようになります。自分を守るために内面を隠すわけです。その鎧を取り外し、自分を突き動かしているものは何かをつかむために、徹底的に自身と対峙する。リーダー自身がよい状態のとき、悪い状態のとき、それぞれどのような性格が出てくるかを知り、自身を受容し、人の多様性を認めてはじめてチームを活かし動かすことができます。


辻晴雄

クモの巣では駄目だ!ミツバチになれ!情報が来るのを待つな!みずから求めて動き回れ!


大嶋利佳

釣りをするときには、釣ろうとする魚によって餌も仕掛けも変えますよね。それと同じように、相手によってふさわしいコミュニケーションの取り方があるのです。相手によって会話のテクニックを使い分けることは、「伝える」ために必要な技術だと考えましょう。


冨安徳久

私は事あるごとに、祖母から「自立しなさい」と教えられてきました。「なぜ自立しないといけないのか」と聞くと、祖母は「自分は先に生まれたから先に死ぬ。だから、あなたも自分の力で生きていけるようにならなければならない」と答えました。これが、私が死生観を学んだ原点です。


茂木健一郎

これからの会社にどうしても必要な人材とは、「点」にこだわる人ではなく、「点」と「点」をつないでいくような人であろう。逆に言えば、そのようなイメージで自分の能力を高め、人脈を築いていけば、いつまでも会社にとって必要な人材でいられる。


吉野浩行

常にお客様の視点で考える企業は元気です。現在苦しんでいるのは、官との結びつきで伸びてきたとか、規制に守られて仕事をしてきた企業だと思うんです。僕らは以前から世界中のお客様の目線に合わせて仕事をしてきたから、国に頼るという気持ちはありません。


樋口武男

人様に後ろ足で砂をかけるような生き方をすれば運は逃げてしまう。


わたなべぽん

最初は簡単なことでいいと思うんです。自分が生活していく中で、「なんか不便だな」「もうちょっといい方法ないかな」ってところから始めるのはいかがでしょう。「こうすべき」という考えを取り払って、自分らしい方法でやればいいと思いますよ。洋服屋さんで、自分に合う洋服を探すのって楽しいですよね。それと同じように、自分の暮らしでも「これは必要だな」「これは要らないかな」っていろいろ試すのも楽しみのひとつだと思います。何かを変えることって、すごくワクワクしますよ。


平林実

既存の大手チェーン3社がしのぎを削る牛丼市場に参入するのは無謀という見方がありました。しかし、私は「工夫すれば隙間は必ず見つかる」という強い信念をもっていました。
【覚書き|牛丼チェーン「東京チカラめし」を開業したときを振り返っての発言】


堤幸彦

会社員を取り巻く環境はここ数年、確かに厳しいと思います。でも僕は、若い人にはあえて10年くらい棒に振ってもいいんじゃないかと言いたい。もちろん、僕のように生きるのがいいというつもりはもちろんないけれど、地を這うようにもがいている間に、人に譲れないものをひとつでも見つけられたら、それは大きな財産になります。


手倉森誠

気が抜けている選手がいたら叱ります。でも、叱らざるをえないような最悪の状況になる前に、自分で気づくようもっていくことが多いですね。


上條淳士

当時のマンガのセオリーからすると、背景は場面転換の際に必要なコマであって、「死にゴマ」などという業界用語までありました。だけど、映画では普通に使われている手法ですよね。僕はマンガよりも、むしろ映画や音楽、小説から受けた影響が大きいのかもしれません。マンガのセオリーどおりではない表現をやりたかったんです。