名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川﨑圭太(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川﨑圭太(経営者)のプロフィール

川﨑圭太、かわさき・けいた。日本の経営者。高級腕時計メーカー「リシャールミルジャパン」社長。東京都出身。大学卒業後、大沢商会、東邦時計などを経てリシャールミルジャパン社長に就任。

川﨑圭太(経営者)の名言 一覧

本当の価値を決めるのはお客様。


私たちは当初から、売ろうとするのではなく、リシャール・ミルの世界観や時計に込められた熱意をお客様に伝えることを心がけ続けています。


当社は常に気遣いを忘れずに、お客様をファミリーのように大切にしながら究極のサービス業に徹するという理念で事業を展開しています。


川﨑圭太(経営者)の経歴・略歴

川﨑圭太、かわさき・けいた。日本の経営者。高級腕時計メーカー「リシャールミルジャパン」社長。東京都出身。大学卒業後、大沢商会、東邦時計などを経てリシャールミルジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

阿部雅行

アセスメント(客観的事前評価)を可視化して原因を分析すると、従業員の健康にメスを入れれば、マネジメントスキルに変化が表れることがわかります。従業員一人ひとりの仕事のパフォーマンスが高まることで売上の向上やコストの削減、そして利益が上がる仕組みが作れます。


中島孝志

たとえば英語でも資格でも、しっかりとものにしている人の多くが、朝の時間を利用して勉強しています。とくに英語などの勉強は、テレビやラジオの英会話講座など、朝の時間に集中しています。朝の頭脳がクリアな時間帯に勉強することで、効率もアップするし、何より本業が始まる頃には、寝ぼけ眼ではなく、フルパワーで仕事が始められるという利点もあります。


小林一光

ビジネスのうえでの先読みとは、相手が何を求め、次にどう動くのかを知ること。ただ次の仕事の段取りを考えているだけではダメ。まずは相手を知ることから始めましょう。


太田光代

「部下に任せておけないから、代わりに自分が挽回する」という発想は捨ててください。短期の成果だけに拘泥せず、地道に部下を育てる。部下の成長が、あなたの成長につながります。


山本梁介

「ピンチはチャンス」という経営理念は、バブル崩壊後の厳しい時期の経験を元にしたものなのです。バブル崩壊というピンチが、1泊朝食付き4980円のスーパーホテルの発想を生み、利益を伸ばす原動力になりました。


出口治明

読書法について言えば、私が一番嫌いなのは速読です。速く読めて時間の有効活用だと思っている人がいるかもしれませんが、速読は時間のムダでしかありません。思考を追体験するというのは、より具体的に言えば「どうしてこう考えたのか?」という思考のプロセスを追っていくことです。丁寧に読むからこそ、思考のプロセスを理解することができるのです。


冨安徳久

私の使命はスタッフに企業理念とビジョンを深く浸透させることです。それを怠ったらもう最初から事業の拡大を夢見てはいけないと思っています。


ケリー・マクゴニガル

ストレスにさらされながらも仕事にやりがいを感じている人は、ストレスの声に耳を傾け、ストレスと上手に関わっています。ストレスが伝えようとしていることを見極め、そこから学び、成長しようとします。これが、ストレスを味方につける第1ステップです。


桜井一紀

上司の多くは「聞く耳を持っているし、聞いている」と言いますが、部下の印象は「聞いてもらっていない」と食い違っていることがよくあります。当社の調査では、日本は世界に比べて「上司が語りすぎ」というデータも出ています。重要なのは部下が主体的に動けるようにすること。上司は「語らない」「教えない」を強く意識し、聞き役に徹することも必要です。


三浦雄一郎

老いぼれるのは結局、自分で諦めているんですよ。年を取ると、できない理由ばかりを一生懸命考え始めるんです。


フランクリン・ルーズベルト

金貸しが努力してきた点は認めよう。しかし、その努力も古臭い伝統の枠から抜け出るものではなかった。信用の破たんに直面して、金貸しはもっと貸し出しを増やそうと提案するのみであった。偽りの指導に従うよう国民を誘導していた利益の誘惑が通用しなくなった時、金貸しは口先でごまかそうと信用を回復するよう涙ながらに訴えた。利己主義者の世代のルールしか知らない人たちなのだ。ビジョンはなく、ビジョンがなければ国民は滅ぶしかない。
【上記は大統領就任演説より。ブラックサーズデーからはじまる株式大暴落後の経済不況中に大統領就任した。上記金貸しは株式大暴落を起こした投機家、機関投資家たちのことを指している】


大谷竹次郎

勲章を胸にかけて思ったことは、この勲章は決して私個人のものではない。私と共に歩んだ演芸、映画人およびその背景にある仕事が頂戴したのだと思う。
【覚書き|文化勲章を授与されたことに対するコメント】