名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川野澄人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川野澄人のプロフィール

川野澄人、かわの・すみと。日本の経営者。「ヤオコー」社長。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、日本長期信用銀行(のちの新生銀行)を経てヤオコーに入社。坂戸千代田店店長、グロッサリー部長、取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。

川野澄人の名言 一覧

短期のトレンドと長期のトレンド、自社の現場と社会全体の動き、それらをにらんで仕事をすると、大きな失敗は防げる。


体を動かせば五感も活発に働く。


ライフとワークを分けないのもストレスを溜めない手段。


睡眠とトレーニングで生活のリズムを保てば、多少のプレッシャーには負けない体と心がつくれる。


体調管理のために、週2回のジム通いも欠かしません。トレーニングの日は、バッグにスポーツウエアを入れて出勤します。


私たちの使命は、お客さんの健康に貢献すること。そのためには、まず社員が健康でないと、いくら「この食品は体にいいですよ」とお客さんにすすめても説得力がありません。みんなが明るく健康的で笑顔に溢れている、そんなお店にしたい。


部下のやる気を引き出すのに一番いい方法は、「任せること」と「見る(認める)こと」。当社は個店経営を掲げ、店長に大きな裁量を持たせています。私も必ず週末には店舗を回って、売り場の状態を確認し、店長の話に耳を傾けます。


社長になってから、出店や投資などの重い決断を下して、最終的な責任を負わなければならなくなったので、少なからずストレスは増えています。仕事は際限なくあるのだけれど、のめり込みすぎると体調管理がおろそかになる。体調が悪ければ経営判断の間違いを招きかねません。


長期のトレンドにも目を向けることが大切。消費者の日々の食事は短期的には大きく変わりませんが、長期的には少しずつ変化しています。食べる物、買い物をする場所は急には変わりません。一方で、日々の小さな変化と社会の大きなトレンドを捉えていないと、気が付いたときは店の戦略が消費者のライフスタイルとかけ離れてしまい、回復不可能な状態に陥るリスクがあります。


川野澄人の経歴・略歴

川野澄人、かわの・すみと。日本の経営者。「ヤオコー」社長。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、日本長期信用銀行(のちの新生銀行)を経てヤオコーに入社。坂戸千代田店店長、グロッサリー部長、取締役、常務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

古市幸雄

効率よく勉強するためには、まずは自分がどのような能力を身につけたいのか、どんな英語力が必要なのかを見極めましょう。


松村清

相手に正しく伝え、理解してもらい、納得したうえで動いてもらう。そこまでがビジネスのコミュニケーションです。


佐藤和則(経営者)

諦めなければ、たどり着ける。


松井忠三

リーダーに必要だと考える条件はいくつかあります。その中でも、これ以上大事なものはないと言えるのが当事者意識です。これは責任感と言い換えてもいいでしょう。


徳重徹

本を読めばある程度のことはわかるが、私が知りたいのは、血が流れるようなリアルなやりとりの最中に発揮される、その経営者の真の凄みの部分である。だが、そういう話は不特定多数の読者を対象とした本にはなじまないためか、なかなか表には出てこない。会って聞き出すしかない。


橋下徹

議論の当事者の立場・価値観が根本的に、決定的に異なるのであれば、いくら議論をやっても妥協の余地はなく、延々平行線。これは議論の中身の問題というよりも、どちらの立場・価値観に立つかの問題。すなわち議論には土俵があるんだよね。同じ土俵に乗らないと意味のある議論にはならない。そもそも議論の当事者が考えている土俵が違うのであれば、まずどちらの土俵で議論するかを決めなければならない。これができない人たちの議論は永遠に解決の光が見えない自己主張と批判の応酬になるだけ。


石渡美奈

大きな成功をしたときと違い、小さくて目立たない工夫や成果はなかなか褒められないものですよね。すると「こんなことをしていても意味がないのか」と思ってしまうかもしれません。それを見逃さずに褒めれば、社員も「自分のやっていることは間違っていない」と安心するし、自信もつきます。小さな自信こそ大切で、集まれば、大きな自信になると思うのです。


野村忠宏

気持ちの持ちようは大きい。ただ、気持ちだけでは、結果は変えられないとも思います。若い頃から地道に築いてきた経験という「土台」、そして「何が何でも五輪で金を獲得する」といったブレない「軸」が必要です。


竹田和平

しがらみ、過去の成功体験や人情がらみに縛られると、うまくいかないね。


橋本雅治

我々の事業は一言で言うと、「感性のものづくりメーカー」です。これまで世界を牽引してきた日本のメーカーは、機能と価格に照準を絞って成長してきました。しかし、現在は消費者が多様化し、感性も豊かになっています。その中で、我々は基本的な機能はしっかり作りつつ、そこに感性を入れたデザイン重視の商品を作っているのです。


萩尾望都

やっぱり私は少女漫画が好きなんです。色々なことがその中に入っているし、可能性もあるし。


清水喜彦

一貫して法人営業畑を歩んできた。当時から心がけていることは、必ず現場を自分の目で見ること。