川邊健太郎の名言

川邊健太郎のプロフィール

川邊健太郎、かわべ・けんたろう。日本の経営者。GyaO社長、ヤフージャパンCOO(最高執行責任者)。設立した会社がヤフージャパンに買収される。ヤフーに入社後、ニュースサイト「ヤフーニュース」の責任者などを務めたのち、動画サイト「GyaO」の社長に就任。その後、COO執行役員兼メディア事業統括本部長、副社長COO兼メディアサービスカンパニー長などを務めた。

川邊健太郎の名言 一覧

重要なのは褒めること。実際に働きに報いてこそ、社員は動く。


これだけ変化の激しい時代に、「さて、情報を集めるか」では遅い。普段から「情報感度」を高めておかなくてはなりません。


社員の意識改革を進めています。常にどこよりも早く新サービスを生み出せるようにすることが目標です。


なぜ利益にこだわるかというと、利益は課題解決の尺度だから。お客さんに対して、いい課題解決が提供できているから利益が生まれるということです。


スマホの時代になれば、いろいろなゲームのルールがご破算になる。ですからもう一回、ゲームのルールをつくるところからやります。グーグルとかアップルはそれに気づいてOSからやった。我々は引き続きサービスのエリアでやっていきます。


利益にこだわり、目先の改善をどんどんやっていきます。特に上位25のサービスは、改善すればするほど上に行きますから。そういう目先の改善もあるし、もっとイノベーティブにビックリするようなサービスを作ることにも挑戦する。


切り替える時間がないと、人間は潰れてしまいます。土日はメールチェックくらいに留め、なるべく趣味の時間に当てています。ちなみに趣味は「読書」「釣り」などいろいろありますが、特に釣りに関しては、魚がかかるまではボーッとしているしかないので、自然といろいろなことを考えます。そういったときにこそ、アイデアが浮かんでくるものです。


やはりスピード感をもって新しいことにチャレンジしていくのが仕事の醍醐味だと思いますし、私は学生の頃に起業して以来15年間ずっと毎朝、「今日はどんな楽しいことがあるだろうか」と思いながら目を覚まします。


会社なり自分なりの行動指針を持っておくことも重要です。たとえばヤフーの社員は名刺大のカードを携行しており、そのカードには「課題解決って、楽しい」「爆速って、楽しい」「フォーカスって、楽しい」「ワイルドって、楽しい」と書かれています。行動指針があれば、迷ったときにそこに立ち返ることができる。自分の指針、会社の指針は何かを改めて明確にしておけば、自然と行動は速くなります。


迷ったときは「まずやってみる」ことが大切です。特にデジタルの世界では出してから修正する、ということが可能なので、迷ったらとりあえず出してみて、その結果を踏まえてすばやく修止する、というほうが結果的にうまくいきます。もちろん、そうではない業界もありますが、もしそれができる環境にいるのならば、まずやってみることをお勧めします。


情報感度を高めるには「情報を主体的に捉える」ことが重要です。たとえばニュースである会社の不祥事の謝罪会見が流れたとする。それを見て、「大変そうだなあ」ではなく、「自分だったら防ぐことができたか」「自分だったらどういう態度を取るだろう」などと考える。他人事ではなく自分事として考えるのです。すると、「なぜこうなったのか?」といった疑問が出てくる。そして「ではこの情報も調べてみよう」と、必要な情報が集まってくる。情報を主体的に見ていれば、情報はどんどん集まってくるのです。


物事を決める際には、自分一人で考え込まずに議論をすることも大事です。それも、できれば自分と立場の違う人がいい。同じ会社の同じくらいの階層の人では、視点が同じになりやすいからです。社外の人との交流を持っておくことは、意思決定の速度を高める意味でも重要だと思います。


以前から、時間がある限り社外の人と交流する時間を作るようにしています。人から直接聞いた「一次情報」に勝るものはないからです。


どの会社にも同じように「みんなムダだと思っているのに、なんとなく続けていること」があると思います。特に新人や外部の視点からだと、それが見えてくるものです。


私は月一度、中途採用した社員たちと昼食を食べながら、ヤフーのいいところも悪いところもざっくばらんに話してもらうのですが、そこで多く出てきたのが「会議が多すぎる/長すぎる」「会議にコミットしない人が多い」ということ。そこで社内の人に聞いてみると、管理職含め多くの人が同じように考えていた。実に会議のうちの3割はムダであることがわかってきたのです。そこで、会議とはアジェンダを提示し「決める場」だということを徹底し、単なる情報交換はメールで行なうようにしました。もっとも、言っただけですぐに改善されるとは思えなかったので、会議室を利用するのにチャージ(料金)がかかるようにすらしました。ここまでやれば、会議を減らさざるを得ませんよね。


日本は「言霊」の国などと言われますが、口に出したことが実現するという考え方があります。意識を変えるためにはまず「口に出す」ことが先決です。そして、日本には漢字という強力な表意文字があるのですから、使わない手はありません。「スピード」という横文字より、「爆速」のほうが強く伝わりますよね。そして、この言葉を繰り返すのはもちろん、Tシャツにプリントして経営陣が率先して着る、社内のあちこちにポスターを貼るなど、徹底的に伝えるようにしました。もちろん、それだけでは不十分で、「なぜ爆速が大事なのか」の意味を説明する必要がありますし、社内でスピードが評価される仕組みを作る必要もある。たとえば「今週の爆速賞」というものを設けて表彰したりもしました。「今週の」というところがポイントで、四半期あるいは半年ごとの表彰では遅すぎると考えたのです。


インターネットの技術や世の中のトレンドは、目まぐるしく変化する。失敗してもいいから、スピード感を持って新しいチャレンジをしていかないといけない。


素早くメールを返信する即レスを心がけています。親会社であるソフトバンクの孫(正義)さんが、ヤフーの前社長に井上(雅博)さんを選んだ理由を「あいつが一番メールの返事が早いからだ」と言ったのをよく覚えています。孫さん自身もメールの返事がものすごく早い。


社員が携帯しているカードには、「ヤフーバリュー」と呼ぶ4つの価値観が記されています。「これを体現すれば、評価される」ということを伝えていますし、社員たちも理解してくれています。


「どうすれば評価され、賃金が上がるのか」が社員にも分かるように、人事評価の基準を明確にしました。評価項目にはもちろん、スピードが含まれます。仕事が丁寧でもスピードが遅いと高い評価は得られません。


ネットビジネスの世界では、新サービスを一早く市場に投入した者が勝つことが多いのは事実。製造業や実店舗を持つ小売業などと比べると、スピードの価値が特に高い業界と言えます。


額は大したことないのですが、ウォーターサーバーには象徴的な意味があります。もう一回、ヤフーを今までとは違う次元の成長に持っていく。そのためには、現場のみんなを大事にするんだ、というメッセージを打ち出すためにウォーターサーバーを元に戻しました。
【覚書き|リーマンショック後に経費削減のために撤去したウォーターサーバーを歳設置したことについて語った言葉】


決断を早くすることも重要。それには、決断を他者に委ねずに、自分で下すことです。決断できないのは、責任を取りたくないから他者に決めてほしいという気持ちが隠れているからです。間違うことがあっても恐れず、数多く決断し続ける。そうすれば決断の質もスピードも上がり、ひいては仕事の質も上がるはずです。


評価が1カ月単位だと、「1力月の間に何とかしよう……」と、夏休みの宿題にも似た状態に陥ってしまう。でもこれが1日単位になれば、毎日15時頃には、「今日の目標を達成するために何とかしなくては」と考えるでしょう。こうすると、仕事にスピードとリズムが生まれます。その結果、サイトの改修など以前は半年かかっていた仕事が1カ月でできたり、取引先から「レスポンスが早くなった」と褒められたり、目に見える効果が出始めています。


川邊健太郎の経歴・略歴

川邊健太郎、かわべ・けんたろう。日本の経営者。GyaO社長、ヤフージャパンCOO(最高執行責任者)。設立した会社がヤフージャパンに買収される。ヤフーに入社後、ニュースサイト「ヤフーニュース」の責任者などを務めたのち、動画サイト「GyaO」の社長に就任。その後、COO執行役員兼メディア事業統括本部長、副社長COO兼メディアサービスカンパニー長などを務めた。

他の記事も読んでみる

西川徹(経営者)

我々には守りたい領域があります。当社に近づく企業の中には、全部を囲い込みたいというケースもありますが、それでは協業は進みません。我々も会社を大きくしたい。トヨタの場合、我々の守りたい自由度を保ったまま、一緒にできるやり方を探してくれます。我々が成長したい領域は、最大限尊重してもらっています。


小島順彦

日本ではディベートの授業が活発だという話は、あまり聞いたことがありません。大人でも議論というと、つい感情的になってしまいます。本気で国際人材の育成に取り組むなら、こうした教育にもっと時間を割いてもよいのではないでしょうか。


福沢諭吉

十人に会って、その中の一人とたまたま友人になれれば、二十人と会えば二人の友人を得ることができるという勘定になります。人を知り、人に知られる源は、その辺りにあるのです。


鍵山秀三郎

いろいろな考え方、いろいろなタイプの人が集まって、ある目的のために協力してやっていくのが会社であり、組織です。


山口絵理子

やりたいことをやるために起業しました。でも、つらくなったのでやめる、というのはおかしいと思います。


坂根正弘

とくに難しい仕事を任せられたときはチャンスです。難しい仕事を与えられるということは、期待されている証拠です。重要な仕事を、期待していない部下には任せません。


ショーンK

話し下手の人の方が商談向きかもしれません。自分の話はせず、興味深く相手の話に耳を傾ける。適切な質問を挟み、話を途切れさせることなく、ひたすら聞き続ければいい。その結果、本音を引き出すこともできるでしょう。


山本忠人

モノはいくら進化させたとしても限界があり、価値は低下していく。原点を見つめ直すと、ゼロックスの企業理念は「ベターコミュニケーション」。人間の相互理解を促進する企業でありたい。複写機という狭い範囲ではなく、コミュニケーションをより良くするお手伝いをしよう。複写機一辺倒から変わろうと思った。


山口照美

アイデア不足に悩むビジネスマンは多いはずです。しかし、自分の中にアイデアが存在していないわけではありません。アイデアの種は誰の頭の中にもあります。ただ、先入観や思い込みなどによって鍵がかかり、脳の引き出しから取り出せなくなっているだけのことです。


北嶋一甫

人に教わるのではなく、何としてでも自分で解決していこうと一つ一つ一生懸命に取り組んできました。一つのハードルを越えると、目の前にさらに高いハードルが現れる。その繰り返しです。


相澤賢二

社員採用の面接は3分。私は人を笑わせることが得意だから、笑顔で決めます。作り笑い、愛想笑いは駄目。笑うなら本当に楽しそうに笑ってくれればOKです。面接は、時間をかけるほどわからなくなります。30時間話したら、100人殺した死刑囚でも同情して涙が出て来るでしょう。お客様は5分で社員を見ますから、私も5分以上は使いません。


杉田裕介

当社の強みは圧倒的な全国展開、ネットワーク力だと思います。北は北海道から沖縄まで営業所を展開しています。流通センターも各地に置き、在庫を確保して、当日受注当日配達と言ったことも可能にしています。このネットワークによる対応の早さは強みだと思います。人と物を全国に配置して、スピーディーに対応できるということです。


別所哲也

30代になったばかりのころ、僕は将来に対して漠然とした不安を抱えていました。そこで、思い切って仕事をしばらく休み、役者としての出発点であるロサンゼルスに行くことにしたんです。


稲垣えみ子

恐ろしいのは、お金があれば幸せになれると思っていると、どこまでいってもゴールがないということ。


青木仁志

人づくりとは、短期決戦ではありません。本質的、長期的、客観的な視点で考えることが大事です。


ページの先頭へ