名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川西賢志郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川西賢志郎のプロフィール

川西賢志郎、かわにし・けんしろう。日本のお笑い芸人。大阪府出身。水田信二とお笑いコンビ「和牛」を結成。ABCお笑い新人グランプリ新人賞受賞、NHK上方漫才コンテスト優勝、M‐1グランプリ2年連続準優勝。

川西賢志郎の名言 一覧

二人が何を面白がっているのかが、そのままネタに出るのが和牛の漫才。見た人に「好きで漫才やってます!」ってのが伝わるようにしたいね。


周りから「こういう漫才をやるヤツら」っていうイメージが固まると仕事が増えるぞって言われてたんですけど、そこには力を注がず、とにかく好きにやってました。自分たちらしいスタイルは、自然に出来上がった感覚です。


去年の夏に、活動拠点を大阪から東京に移したのを機に、やったことがない仕事にチャレンジできる機会は確実に増えました。なかなか大阪気分が抜けなくて、東京に拠点が移ったんだって思えるようになってきたのは、最近ですね。


養成所を卒業してから2年も経つと、同期はきっちり活動してるか、お笑いを辞めてるかどっちかで、なかなか相方が見つからないんです。困っていたら、同期芸人のバイク川崎バイクが、僕らを引き合わせてくれました。早い段階で、相方(水田信二)のことは「おもろいヤツやけど、曲者だろうな」と(笑)。


川西賢志郎の経歴・略歴

川西賢志郎、かわにし・けんしろう。日本のお笑い芸人。大阪府出身。水田信二とお笑いコンビ「和牛」を結成。ABCお笑い新人グランプリ新人賞受賞、NHK上方漫才コンテスト優勝、M‐1グランプリ2年連続準優勝。

他の記事も読んでみる

野田一夫

大事なことは、100人の知り合いを持つより、1人の友達を持つほうが、長い人生では遥かに価値があるということだ。もし君の周囲が敵だらけであっても、心強い賛同者が1人いればいい。恐れることなんかまったくないと思うべきだ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

コミュニケーションテクニックを「盗む」対象は、必ずしもプロである必要はない。たとえば合コンの席で、話かうまくてあっという間に女の子たちの注目を集めてしまうヤツがいたら、腹の中は穏やかではなくても、ひとまずそれは抑えて、彼が何の話をしたとき座が盛り上がったか、あるいは女性陣から笑いが起きたときの彼の話し方などを、こっそり箸袋の裏にでもメモしておく。そして、家に帰ってからそれを研究し、同じようにできるようになるまで練習するのだ。


葛西敬之

大切なのは、(国内だけでなく)世界の人口動態がどう変わるかということ。日本人だけの人口で測るべきではない。いま日本ではインバウンドが増えている。定住人口も増えていく可能性がありますね。


加納裕三

新たなテクノロジーは非難の対象になりやすいですが、逆に言えばそれだけ革新的だということ。よい部分を知っていただくように頑張っていきます。


松田公太

私が短期間で一店舗から上場企業までステップアップすることができたのは、自分の立てた目標に向かい、使命感と情熱を持って歩んできたからだと思っている。
【覚書き|タリーズコーヒージャパンは3年でナスダックに上場し、株式公開を果たした】


藤巻幸夫(藤巻幸大)

逆境に陥ったりすると、自分ブランドが揺らいでしまうことがよくある。会社や商品であれば、閉塞状態を打開するためにリニューアルをする場合があるよね。そのときに、安易にコンセプトやネーミングを変えたケースは、ほとんど信用を失っている。一方、リニューアルで信用を取り戻したケースは、コンセプトがブレていないんだ。


小林佳雄

海外進出は、日本と異なる環境や文化でビジネスをすることになるので、もちろん失敗するリスクもあります。しかし、行ってみないと分からない部分が多いので、まずは行くしかありません。


横田尚哉

短期プロジェクトの場合、段取りを煮詰めないまま作業を始めると、手戻りが起きてかえって時間を要します。期日が近いプロジェクトこそ、段取りをしっかり組むべきです。


二宮尊徳(二宮金次郎)

道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である。


出雲充

いくら努力しても、新人がそうそう大きな業務を任せられることはありませんが、コピー取りなどの雑務は新人でもベテランでも同じくチャンスがあり、しかも漠然とやっている人が多いので差をつけやすい。工夫して仕事の効率を上げれば時間の余裕ができ、その時間で先輩たちの仕事を手伝えば可愛がられて、「こっちの仕事もやってみる?」といったチャンスも回ってくるわけです。


ビル・ゲイツ

十分な事実があれば、優秀な人材はそこから何かを引き出すことができる。


寺沢大介

今は人気店を食べ歩き、行ったことを自慢する風潮があるけれど、何度も通ってこそ、味わえる魅力ってあると思いますね。