名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川端裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川端裕のプロフィール

川端裕、かわばた・ひろし。日本のコンサルタント、行政書士、カウンセラー。日本市民法規事務所代表。北海道大学経済学部卒業後、オリックスに入社。オリックス・コールセンター(株)の設立を担当し、総務マネージャーとして採用、研修、人事労務管理、メンタルサポート、総務、経理、財務、システム運営など管理業務の全般を経験した。その後、独立し日本市民法規事務所を開設。主な著書に『5年後に勝ち組となる就活の極意』『会社を辞めて成功する人失敗する人』など。

川端裕の名言 一覧

私が多くの企業を訪れて実感することは、いまの日本の企業に部下の邪魔をしてやろうという上司はほとんどいないということです。部下を見殺しにするような上司がいたとしても、それを会社が放置することはありません。ですから、自分の新しい提案が組織の硬直した枠組みのせいで通らないのだと思うことなく、コミュニケーション能力を高めて情報を収集し、かゆいところに手が届くような提案を心がけましょう。


提案を通すのに大切なのはプレゼン能力ではありません。それは全体の2割ほどです。残り8割は段取りです。日ごろのコミュニケーションを通じて、上司の仕事を理解し、そのことを上司にも気づかせておく。そういう能力がビジネスマンにとって、一番必要だといっても過言ではないと思います。


自分の提案を上司に受け入れてもらうためには、日ごろのコミュニケーションがいかに大事かということです。上司がどんな仕事を抱え、何を重要視し、何を一番求めているのかを知る必要があるからです。


わからずやの上司や、完全に仕事へのやる気を失っている上司がいて、それがボトルネックになってしまっている場合でも、上司の立場に立ってモノを考えるという姿勢は崩してはいけません。たとえば、その人が仕事ではなく家での時間を大切にしているということがわかったら、提案も「あなたの仕事が楽になって、家に早く帰れます」というところを強調して説得すればいいのです。


新しい提案というのは、現在の状況と未来像とのギャップが大きいのです。上司は自分が理解できないことにイエスとは言いません。でもそのギャップを埋めていくように、細かくステップを区切って状況説明をしていき、上司にとっても会社に利益になるということを順序よく説明できればいいのです。


提案が斬新であればあるほどリスクを伴うことも多いはずです。ルーティンワークに慣れきっている上司ほど、提案を拒絶しがちになります。しかし、いまこの提案を受け入れなければ、もっと大きな痛手を会社が負うことになるということと、そのリスクを上手く越えることができれば大きなメリットを手にすることができるという2つのことを上手く説明できれば、ほとんどの上司がノーからイエスへと変わるのではないでしょうか。


上司の立場を理解したうえでこの提案をしているんだ、ということが上司に伝わる提案をすれば、「こいつ、よく俺の立場をわかっているな」となります。


「この提案が通らないのは上司のせいだ」と、あなたが思っているうちは、自分の意見を通すことはできません。まずは提案書に問題がないか考えてみるといいでしょう。なぜ上司は、この企画にゴーサインを出さないのか、その理由を考えるようにします。たとえば、営業利益を上げることが頭の8割を占めている上司に対し、それ以外の仕事を提案しても聞く耳を持つわけがありません。


川端裕の経歴・略歴

川端裕、かわばた・ひろし。日本のコンサルタント、行政書士、カウンセラー。日本市民法規事務所代表。北海道大学経済学部卒業後、オリックスに入社。オリックス・コールセンター(株)の設立を担当し、総務マネージャーとして採用、研修、人事労務管理、メンタルサポート、総務、経理、財務、システム運営など管理業務の全般を経験した。その後、独立し日本市民法規事務所を開設。主な著書に『5年後に勝ち組となる就活の極意』『会社を辞めて成功する人失敗する人』など。

他の記事も読んでみる

藤原洋

日本のメジャーな大学は大企業に卒業生を送り込むことで仕事をしている気になっていますが、アカデミアの本来の役割は、新産業を創出することです。大学には、持っている知識を知識のまま留めておくのではなく知恵とし、社会に影響力を持ち、新産業を生み出す存在になって欲しい。


溝畑宏

経営というのはずっと同じ事をやっていたらいつまでも守備に徹してしまいます。チャレンジしていかないと、成長もしません。


田島弓子

「自分の言いたいことを言う」のではなく、相手がどう言えば受け容れてくれるかを考えるのがコミュニケーションです。


藤野英人

超成長株の条件

  1. 私たちの生活を快適で楽しいものにすることに貢献している。
  2. 20年後、30年後にも必要であり続ける。
  3. その会社ならではの強味がある。
  4. 進化し続けるDNAがある。
  5. 高い理想に基づく明確なビジョンがある。

古森重隆

日本企業にはホワイトカラーが多すぎるように思います。SGA(販売費及び一般管理費の売上に対する比率)が米国企業と比べて5~10ポイント高い。つまり間接スタッフが多いということですね。彼らの生産性を高めるか、あるいは人を減らすしかないのです。


野村克也

「酒」でダメになるという人間が、圧倒的に多いんだ。理由は簡単だ。女性に関しては相手の都合がある。ギャンブルはカネがいる。しかし、酒だけは24時間飲むことができる。タダ酒の機会もあるし、自制心がないと転がるように酒に溺れてしまう、という仕組みだ。多少は遊んでも構わないだろう。しかし、酒は思っている以上に怖いんだよ。自制が利かないなら、飲まないほうがいい。俺はそう思い、酒を飲まなかったんだ。


田島弓子

会社員時代に半年や一年といった中長期のプロジェクトに取り組む際、中だるみしないために私が実践していたのは目標を細分化し、それをひとつひとつつぶしていくという方法です。大きな目標も小分けにしてリスト化し、達成できたものから蛍光ピンクのマーカーで塗りつぶしていきます。リストがピンク色になっていくのを確認することで、ちゃんとできたという達成感が持てます。


安渕聖司

基本的に情報共有のための会議はやりません。情報を共有するだけならメールやイントラネットでやればいい。


根岸秋男

女性の強みは粘り強さ、持続性です。仕事をしっかりととらえて、それをコツコツと積み上げていく。その強さというのはすごい。男性もいいところがあるし、女性もいいところがある。多様な人を認め合って、融合して、組織として化学反応を起こしてくれればと思っています。


小笹芳央

ネガティブな言葉を繰り返し口にすると「自分はダメなヤツなんだ」と自己暗示にかかり、やがて「できなくても仕方がない」と思うようになる。そして実際に失敗し、言い訳ばかりするようになるのです。その結果、いつまでたっても自分の殻を破れず、成長しないまま年齢を重ねてしまう。


逢沢明

格差社会っていうと、なんか大上段に構えて話してしまう人が多いけど、そこで勝ち上がっていくのは、意外に小さなことの積み重ねだったりします。それができない人が負け組に落ちてしまう。


岡島悦子

役員になれる人と部課長止まりの人。その間に、若いうちから一見してわかるような違いはありません。大きく差がつくのは、途中、修羅場の経験をしたかどうかということです。