名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川端康成の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川端康成のプロフィール

川端康成、かわばた・やすなり。日本の小説家。大阪出身。東京帝国大学国文学科卒業。数多くの名作を執筆し、日本文学史に功績を残した。ノーベル文学賞を受賞。代表作に『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』ほか。

川端康成の名言 一覧

一人のよき友は、地上のすべての宝玉よりも、どんなに勝っていることか。


人間はみなに愛されているうちに消えるのが一番よい。


川端康成の経歴・略歴

川端康成、かわばた・やすなり。日本の小説家。大阪出身。東京帝国大学国文学科卒業。数多くの名作を執筆し、日本文学史に功績を残した。ノーベル文学賞を受賞。代表作に『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』ほか。

他の記事も読んでみる

所ジョージ

大人になると夢中になることが少なくなりますね。「時間がもったいない」とか「お金にならない」とか「これは認めてもらえるのか?」などと、ついつい余計なことを考えがちです。そんな気持ちで行動することに慣れてしまうと、出てくる発想もありきたりのレベルに収まってしまう。


藤原和博

将来のキャリアを考えるときには、希少性を高めるだけでなく、人生の複線化も欠かせない。人生が仕事一本の単線だと、その道が先細って狭くなったときに行き詰まってしまう。そこで会社のほかに、自分が属すコミュニティを複数つくり、人生に保険をかけておくことが重要。


後藤芳光

王貞治会長の存在も大きいです。野球人としてだけでなく、ビジネスマンや人間としての立ち居振る舞いを見て、どうしてここまで気配りできるのかと自分が恥ずかしくなることが多いのですが、王会長の背中を見て、選手も切磋琢磨していると思います。


上田祐司(経営者)

ホームページの文章を作成するとき、まず、どんな人に来てもらいたいかを考え、それに関連したキーワードをできるだけ多く書き、そのキーワード検索で上位にランキングされる工夫をすることです。社員ブログや自社関連のメルマガ、SNSなどにキーワードをちりばめ、そこから自社のオフィシャルサイトに飛べるようにするのもひとつの方法でしょう。


桜井一紀

「部下の話はいつも聞いてるよ」と主張する人でも、その実、コミュニケーションがとれていないケースは多くあります。「腑に落ちる」話し方でなければ、部下はなかなか理解できないし、ついてもきません。相手が本当に理解できるかどうかを意識的に振り返り、十分でないと気づいたら自分の話し方、聞き方を軌道修正すべきです。


若園浩史

何をやりたいかという観点と、何がやれるのかという観点の両面から検討していくと、現実的な次の一手はかなり絞られる。なるべく具体的に自身の可能性を見極めた上で、選択的に活動の幅を広げ、「自分らしい起業」を実現して下さい。


山田昭男

「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」は禁止。極力、現場で判断してもらったほうが効率的だし、たいてい、どうでもいいような相談が多い。先日、ある部長が私のところに相談にきたから、「お前、今後、相談にきたらクビにするぞ」って脅かしてやった。いまの私の肩書きは相談役だけど、日本の会社で相談したら怒る相談役は私だけやろうね(笑)。


森下一喜

先日は、「社内でオバケが出るらしい」という噂話を流しました。何人かのスタッフと共謀して、あるスタッフの周りでわざとオバケが出る話をさせたんです。そうしたら、そのスタッフが「社長、この会社、出るらしいですよ」とか言ってくるわけですよ。「俺、霊感とかないからわかんないなー」と答えましたけど、もうおかしくてね。こんなことを繰り返しているので、社員からは「小学生レベル」と言われます(笑)。


前澤友作

売上は二の次です。社員が楽しければ、おのずと売上が増え、利益が生み出されると信じています。その証明をこれまでもしてきたつもりだし、この先も続けていくつもりです。


鈴木喬(経営者)

最近の経営者は、理屈が多い印象を受けます。みんな枕詞のように「我が国の経済は低迷して、だから業績も危機的状況で……」と言う。そんなの関係ないですよ。ちょっと具合が悪いと、「リーマンショック以来の危機」とか言って騒ぎ出す。歴史を見れば分かる通り、いつだって危機なんですよ。そこをどうするか考えるのが社長でしょう。


桜井章一

硬直した思考からは、硬直したもろい心しか生まれない。


朝田照男

初動を早くするということは、常にポジティブな心を持つということです。どんなに悪い環境であっても、必ずその先にはバラ色の未来が待っているんだという明るい気持ちでいることが大事です。