名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

川村謙(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川村謙(経営者)のプロフィール

川村謙、かわむら・けん。日本の経営者、格闘家。「シナジーネットワークス」社長。神奈川県出身。旅行者と現地の人をつなぐSNS「SOMEATT(サムアット)」を開設。

川村謙(経営者)の名言 一覧

使い方はユーザーが自由に生み出す。「何かが起こるかもしれない」。そんな期待を込めて我々も作っていますし、ユーザーにも使っていただきたい。自由に使ってもらって、利用者がそれぞれに活用の仕方を考えてくれる、そういうサイトにしたい。


格闘技、身体を鍛えることが趣味です。まず習ったのが空手。極真の道場が家の近くにあったので入門しました。その後、仕事が忙しくなったのでしばらく離れていたのですが、28歳くらいで再開した時には、総合格闘技ブームだったので、そっちにいって、今はボクシングもしています。やるからには一生懸命やろう、と思って打ち込んでいたら、いつの間にかギャラを貰ってリングに上がるようになっていました(笑)。先日も中国に行って試合をしてきました。


ソフトハウス会社に入ってプレイングマネージャーみたいなことをしていたんです。しかし、そういう会社はどうしても下請けの仕事ばかりで。自分たちで仕事を創造していくことは難しい。ある時、会社のSEたちと将来不安だね、仕事がなくなったらどうしょう、なんて話をしていた時に、だったら自分たちで会社を立ち上げよう、となったのが発端ですね。


あまり収益性も考えていないし、バイアウトのことも今のところは考えていないんです。自分が旅が好きなので「旅先での出会いやガイドブックだけでは体験できない思い出をたくさん作りたい」という旅行者のニーズは必ずある、と思ったのが、そもそものきっかけ。だから目的が先行していてそれ以外は何も考えていない(笑)。


まだ付けたい機能が沢山あって、どんどんアップデートしています。特に急務なのは使い勝手をよくすること。サイトでもユーザーの皆様から欲しい機能を募集したりしています。


川村謙(経営者)の経歴・略歴

川村謙、かわむら・けん。日本の経営者、格闘家。「シナジーネットワークス」社長。神奈川県出身。旅行者と現地の人をつなぐSNS「SOMEATT(サムアット)」を開設。

他の記事も読んでみる

糸井重里

競争社会という言葉を耳にする機会が多かった頃は、「ビジネス」や「スキル」が時代を象徴するキーワードだったと思うんです。競争で得られるものは栄誉とお金です。でも今は、その価値が相対的に下がり、「栄誉はおまえにやるよ、俺は楽しい方がいいから」という、自分の中の「生き方」という項目のパーセンテージが大きくなってきた。出世より、もっと休んで趣味を楽しみたいとかね。インターネットによる人とのつながりや、シェアリングサービスの拡大もあって、お金をかけなくても案外何でもできるし、同時に自分のために大金を使っている人が素敵でないようにも見えてきた。NPOが人気の就職先になったり、慈善基金団体のためにお金を使うビル・ゲイツをカッコいいと思えたりするわけです。


村瀬治男

プレゼンの成否を分けるのは、資料などではなく、きちっと結論を出し、意思を明確にするための本当の準備です。


宮内大介

まず基礎力が必要。基礎力をツールにして、その先を考えることができる人が伸びていく。


小笹芳央

私は講演のとき、必ず参加者からのアンケートに目を通します。そこから自分の現状の課題も見えるし、成長実感もつかめます。そうやって小ジャンプの成長実感を持てれば、やる気も長続きするものです。


南部靖之

ものすごく忙しい人は何を頼まれてもこなしてしまうように、忙しく働けば働くほど、不思議とゆとりがみえてくるものです。「忙しい」ばかり口にして、時間に振り回されている人は、働き方が中途半端になりがちですね。


黒田武志

我々は「ビジネスを通じて偉大な作品をつくる」という企業理念を掲げています。ここでいう作品とは、宅配便を使ったリサイクルの仕組みのことを指しています。私が歳をとって企業家人生を振り返るときに、「いい作品をつくった」と人々に言ってもらえるような仕組みが完成すれば、それに勝る喜びはありません。


出口治明

実はライフネット生命を設立する8年前頃にも、ネットで生命保険を販売するアイデアをかたちにしようと動いていたのですが、その時は時期尚早と判断し、断念しました。風がなければ、凧は揚げられませんからね。


松澤昭(工学博士)

エレクトロニクス業界でも、デジタルの力を使いたいという動きは続いています。問題はそれをシリコンでやろうとすると、マスク代など開発コストが非常に高くなることです。様々な企業の方が相談に来ますが、結局、システムを開発する側は作りたくても、販売量が多くならず赤字になってしまいます。そこで、同じ分野で何社かまとまって、ひとつのチップを作るという方向に向かっているようです。そして、インタフェースやソフトウエアの書き換えで差異化していくのです。


溝呂木斉

闊達にやっていた時代のように企業文化を良くして先に行くにはどうしたらいいかと2年くらい議論をした。その頃は半導体が産業の中に広がっていき、当社も成長の時代だったから、そんなことを考えなくてもいいと思われるかもしれない。でも、そうは考えなかった。経営は、価値観とか理念が大事だと感じていたのだろう。米国には有名な「クレド(我が信条)」という経営理念を持っているジョンソン・エンド・ジョンソンのようないい会社がたくさんある。そういう良さを持って、もともと当社が持つ闊達さのような部分を合わせて先に行くにはどうしたらいいかと考えたわけだ。そういう中から生み出したのが今のディスコバリューズだ。


ジェリー・ドリザス

日本人は非常にチームスピリットが高く、それはそれで大変な美質だと思いますが、そうした文化的な特徴は、もう少し変わっていった方がいいように思います。チームの構成員それぞれが、自分自身のリーダーでもあるというか、自分自身の主人であるという意識をより強く持った方がいい。そうした意識が高まっていけば、自分自身の考え方で、イノベーションやマーケットの変化に対応していけるようになるのではないでしょうか。


宗次徳二

どんなに計画を立てても、大小様々な予想外のことが起こり、予定通りに事は運ばない。その都度、対処するしかない。つまり、「日々一所懸命に、超お客様第一主義で頑張り続ける」姿勢こそが経営には求められます。


カルロス・ゴーン

私の第一言語は何度も変わりました。幼少のころはポルトガル語、レバノンではアラビア語とフランス語、フランスではもちろんフランス語でした。それがブラジルに戻って、またポルトガル語となり、米国では英語になりました。このうち、一番親しみのある言語はフランス語ですが、コミュニケーションの道具として仕事で使うのであれば、やはり英語が一番だと思います。