名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

川村謙(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川村謙(経営者)のプロフィール

川村謙、かわむら・けん。日本の経営者、格闘家。「シナジーネットワークス」社長。神奈川県出身。旅行者と現地の人をつなぐSNS「SOMEATT(サムアット)」を開設。

川村謙(経営者)の名言 一覧

使い方はユーザーが自由に生み出す。「何かが起こるかもしれない」。そんな期待を込めて我々も作っていますし、ユーザーにも使っていただきたい。自由に使ってもらって、利用者がそれぞれに活用の仕方を考えてくれる、そういうサイトにしたい。


格闘技、身体を鍛えることが趣味です。まず習ったのが空手。極真の道場が家の近くにあったので入門しました。その後、仕事が忙しくなったのでしばらく離れていたのですが、28歳くらいで再開した時には、総合格闘技ブームだったので、そっちにいって、今はボクシングもしています。やるからには一生懸命やろう、と思って打ち込んでいたら、いつの間にかギャラを貰ってリングに上がるようになっていました(笑)。先日も中国に行って試合をしてきました。


ソフトハウス会社に入ってプレイングマネージャーみたいなことをしていたんです。しかし、そういう会社はどうしても下請けの仕事ばかりで。自分たちで仕事を創造していくことは難しい。ある時、会社のSEたちと将来不安だね、仕事がなくなったらどうしょう、なんて話をしていた時に、だったら自分たちで会社を立ち上げよう、となったのが発端ですね。


あまり収益性も考えていないし、バイアウトのことも今のところは考えていないんです。自分が旅が好きなので「旅先での出会いやガイドブックだけでは体験できない思い出をたくさん作りたい」という旅行者のニーズは必ずある、と思ったのが、そもそものきっかけ。だから目的が先行していてそれ以外は何も考えていない(笑)。


まだ付けたい機能が沢山あって、どんどんアップデートしています。特に急務なのは使い勝手をよくすること。サイトでもユーザーの皆様から欲しい機能を募集したりしています。


川村謙(経営者)の経歴・略歴

川村謙、かわむら・けん。日本の経営者、格闘家。「シナジーネットワークス」社長。神奈川県出身。旅行者と現地の人をつなぐSNS「SOMEATT(サムアット)」を開設。

他の記事も読んでみる

土岐大介

人はわかりやすい説明には興味を持ちやすく、簡潔な答えには反応を示しやすい。


林野宏

私は39歳のときに西武クレジット(現:クレディセゾン)に転籍を命じられます。西武クレジットの前身は緑屋という月賦販売専門の小売業です。当時、すでに倒産していて、銀行の管理下にありました。着任時、社内の雰囲気は真っ暗でした。適当に働いていればいいやという意識が蔓延していました。セゾングループのテコ入れでやっと存続しているという状況です。私はまず「必ず勝てる」と訴え続けることにしました。社内の沈滞ムードを払拭し、気迫を植え付けて、運とツキを呼び込める土壌をつくるところから始めたのです。


伊藤義剛

私たち岩崎電気は1949年、日本初の反射型白熱ランプの開発から始まった会社です。照明をコツコツ技術開発してきましたが、それだけでは次のステップには到達できません。異質で多様なものが交じり合わないと、新しいものは生み出せないし、イノベーションは起こせないのです。そこで岩崎電気テクノセンター、通称「ヒカリウム」も開設しました。これもイノベーションの種を生むための試みの一つです。部門ごとで抱えていた研究開発部門の技術者を1か所に集約し、国内外のパートナーも自由に参加できるオープンな施設にしました。


サイモン・クーパー(経営者)

従業員が楽しみながら働いてこそ、サービスの質を高めることができます。お客様を喜ばせた感動のエピソードは、ラインナップ(朝礼)時に紹介され、みんなでユーモアのセンスを共有し合い、仕事が楽しいという気持ちを分かち合います。


ネルソン・マンデラ

私は基本的に楽観主義者です。楽観的であるということは、頭を上げて太陽に向かうことであり、足を前に前にと運んでいくことなのです。


林修

マイナス経験を糧にできるか不満の材料にするのか。これで次に勝つか、負けるかが決まる。


酒井光雄

ハーレーダビッドソンジャパンでは、ディーラーがハーレーオーナー同士のツーリングを企画して実施している。オートバイというモノを売るだけでなく、仲間と走る喜びも提供することで、顧客の時間価値を高めているのだ。


鈴木敏文

自社と他社とを比較して、「自分たちの商品は90点、他社は80点程度だから自社のほうが勝っている」と思っても、それは売り手側の勝手な思い込みであって、顧客から見れば評価は大差なく、どちらも70点程度かもしれません。


岡野雅行(岡野工業)

腕がいいのは当たり前。黙ってちゃ誰も評価してくれない。


高田明(ジャパネットたかた)

これは女性向け、これは若い人向けというように決めてかかっていることが多い。しかし発想を変えればまだまだ市場を創造することができる。


工藤真由美(コンサルタント)

全力で仕事を終わらせた後、定時に帰り、プライベートを充実させましょう。仕事以外の時間を充実させることで、明日への意欲につながります。そして、十分な睡眠を取ることは、意欲の低下を防ぎます。また、仕事以外の時間で新たな気づきがあり、仕事へ還元できるアイデアが浮かぶかもしれません。


小山進

「なかなか結果が出ない」と言って頑張ることを諦めてしまう人は、掲げる目標が大きすぎていることが多い。目標を小分けにすれば、「今、何をすればいいのか」が明確になるし、達成感もすぐに味わえる。