名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川村謙(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川村謙(経営者)のプロフィール

川村謙、かわむら・けん。日本の経営者、格闘家。「シナジーネットワークス」社長。神奈川県出身。旅行者と現地の人をつなぐSNS「SOMEATT(サムアット)」を開設。

川村謙(経営者)の名言 一覧

使い方はユーザーが自由に生み出す。「何かが起こるかもしれない」。そんな期待を込めて我々も作っていますし、ユーザーにも使っていただきたい。自由に使ってもらって、利用者がそれぞれに活用の仕方を考えてくれる、そういうサイトにしたい。


格闘技、身体を鍛えることが趣味です。まず習ったのが空手。極真の道場が家の近くにあったので入門しました。その後、仕事が忙しくなったのでしばらく離れていたのですが、28歳くらいで再開した時には、総合格闘技ブームだったので、そっちにいって、今はボクシングもしています。やるからには一生懸命やろう、と思って打ち込んでいたら、いつの間にかギャラを貰ってリングに上がるようになっていました(笑)。先日も中国に行って試合をしてきました。


ソフトハウス会社に入ってプレイングマネージャーみたいなことをしていたんです。しかし、そういう会社はどうしても下請けの仕事ばかりで。自分たちで仕事を創造していくことは難しい。ある時、会社のSEたちと将来不安だね、仕事がなくなったらどうしょう、なんて話をしていた時に、だったら自分たちで会社を立ち上げよう、となったのが発端ですね。


あまり収益性も考えていないし、バイアウトのことも今のところは考えていないんです。自分が旅が好きなので「旅先での出会いやガイドブックだけでは体験できない思い出をたくさん作りたい」という旅行者のニーズは必ずある、と思ったのが、そもそものきっかけ。だから目的が先行していてそれ以外は何も考えていない(笑)。


まだ付けたい機能が沢山あって、どんどんアップデートしています。特に急務なのは使い勝手をよくすること。サイトでもユーザーの皆様から欲しい機能を募集したりしています。


川村謙(経営者)の経歴・略歴

川村謙、かわむら・けん。日本の経営者、格闘家。「シナジーネットワークス」社長。神奈川県出身。旅行者と現地の人をつなぐSNS「SOMEATT(サムアット)」を開設。

他の記事も読んでみる

菅広文

継続するためには、自己嫌悪に陥らないようにすることが大切。僕の場合は、本を執筆するときの話ですが、自分を嫌いにならないようなスケジュールの組み方をします。たとえば、3か月後までに6万字書く必要があるとしたら、早めに取りかかり、1日のノルマを簡単にできる千字程度に設定するのです。すると、1日に2千字書けたときは、「1日分、貯金できたな」と思えて、気持ちが良い。「また貯金をしよう」と思えて頑張れるんです。


井上康生

私は一撃必殺の内股を持っていた。でもそれだけでは勝てない。武器というのはいっぱい持っていた方がいいし、一つの技だけに満足していたら勝ち続ける選手にはなれない。


石本他家男

社員にあまり大きな責任は課すな。しかし相当な権限を与えよ。


楠木建

ポジショニングにせよ、ブルーオーシャンにせよ、ホワイトスペースにせよ、あらゆる戦略論の考え方は「違いのつくり方についての論理」を提供しています。


小林一光

最初から「商品を売ってやろう」という意気込みはお客様に威圧感を与えるだけ。「もうあの人には会いたくない」と思われてしまいます。商品を売り込まないほうが、会ってくれる人が増えます。結果、売上げがアップするんですよ。


清水喜彦

じつは読書は決断力のトレーニングにも効果的。私はいつも3冊を並行して読んでいます。同じ時代を舞台にした作品を並行して読むと混同が起きがちですが、ページをめくればその本の世界にすぐ入り込める。こうして頭を切り替える力を磨いたおかげで、次々と降りかかる現実ビジネスの問題にも瞬時に対応できるようになりました。


山崎将志

「面倒な仕事ばかり降ってくる」「やらされ仕事ばかりだ」と不平を言っている人は、「○○がやりたい」を口ぐせにしてみてほしい。


ジャック・ドーシー

業界の力学を変え、自分たちの存在価値を証明するには、決済のボリュームを増やすことがとても重要だった。いまや年間決済額は100億ドルを超えるようになったが、これは非常に重要なことだ。


森川亮

同じ人がずっとトップに居続けるのはいいことではありません。


岡島悦子

努力して積み重ねることができるので、「技(スキル)」を身に付けている人は相当多いと考えるべき。「技」だけで、自分を差別化できると考えるのは危険です。


明石康

後から来たカエルが前のカエルに乗って、最後に追い越してしまう「リープフロッグ現象」というのがあるでしょう。日本はこのままだと追い越されると思います。その前に私たちは前進のための種を蒔かなくてはいけません。


柳弘之

ステークホルダー、特に一般従業員には、説明をいかにシンプルにするか日々努力しています。分かりやすさへの努力を続けることも、経営として大事なことではないかと思います。