川村誠の名言

川村誠のプロフィール

川村誠、かわむら・まこと。日本の経営者。京セラ社長。愛知県出身。静岡大学工学部卒業後、京都セラミック(のちの京セラ)に入社。ソーラーエネルギー事業部副事業部長、機械工具部長、取締役、機械工具統括事業部長、執行役員常務などを経て社長に就任。

川村誠の名言 一覧

50歳を過ぎたら、新しいことを覚えるのは難しいという話をよく耳にします。あれは間違いですね。必死になってやれば、アルファベット3文字の業界用語も頭に入ってくるものです。


私は、経営は駅伝と同じだと考えています。経営者はある期間を全力で走る。それを終えたら、後任にたすきを渡す。このたすきが経営理念です。


リーマンショックの後、京セラは人員削減をすることなく難局を乗り切ることができました。経営理念のひとつに「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」とあったからです。おかげで、動じることなく雇用を守り続けることができました。社員に安心感を与えることもできたと考えています。


リーマンショックの時は、2008年の後半から翌年の春まで受注高が急減。ある月の受注額は前年の半分くらいに落ち込み、工場では余剰人員も生まれました。本当につらかった。どちらの時も稲盛が作った経営理念が支えになりました。


経験したことのない事業がたくさんあったため、社長になって最初の1年間は休日返上で勉強に取り組みました。週末も資料を家に持ち帰り、読み続けました。ほかにも、工場の現場に足を運んだり、それぞれの事業を担当する部長から話を聞いたり。この時、常に重視したのは、各事業の「現状」「課題」「今後どうしたいのか」を押さえることです。


80近くある理念の中で「私心のない決断をする」を重視しました。すべてをこなすのは難しい。なので、このひとつにとことん取り組むことにしました。最も応用範囲が広く、自分自身はもちろん周囲も良い方向に導く効果があると考えたからです。とはいえ、これを貫き通すのは、言うは易く、行うは難しです。でも、逃げないで取り組むことが大事と考えました。


社長に就任して最も意識したのは、これまで経験したことのない事業の投資案件などを決裁しなければならないことでした。京セラの事業領域は電子部品から医療クルマまでとても広い。私自身は機械工具事業部が長かったので、経験したことのない事業がたくさんありました。であるにもかかわらず、私が決断しないと事業が進まないのです。


社長になったばかりの私に稟議を上げてくる社員は、私がその事業に詳しくないことを知っています。最初は、判断を仰ぐことに不安を感じた人もいたでしょう。しかし、私が京セラの経営理念に基づいて判断することが分かっていたので、その分は不安が少し軽くなったのではないでしょうか。


会長に退いて以来、私はそれまで以上に現場を回り、受注が落ち込んで元気をなくしていたさまざまな職場を励ますように心掛けました。行く先々で「コンパ」(京セラ独自の社内懇親会)を開いては、社員の決意や悩みに耳を傾け、「自分はこう思う。経験ではこうや」とアドバイスしています。


稲盛(和夫)から間接的に学んだことは数えきれません。たとえば「高い目標を持つ」ということ。私は入社2年目の後半から機械工具の部署に移り、生産管理を担当しました。当時、この業界は財閥系の名門企業が市場を握っていて、あとは小規模メーカーと海外メーカーでした。当時社長だった稲盛は「世界一の工具メーカーになるんや!」と、繰り返し叱吃激励していました。ベンチャーである我々が、伝統ある財閥系に立ち向かうという構図です。燃えましたね。「ひと泡吹かせてやろう」という気持ちでした。結果、国内シェアの10%近くを占める業界トップクラスに育ったのですが、これも稲盛が最初に高い目標を掲げたからだと思います。


社長になって最初に稲盛(和夫)から言われたのは「あなたは見てきた領域が小さいから、全社的に学びなさい」ということです。私の管轄だった機械工具事業の売上高は約300億円。全社の3%程度です。自分でも「3%社長」と言っていたほどです。そこで、まずは現場をくまなく回って、全事業の把握に努めました。


部下が自分の役割として、すべきことをしていないとき、いい加減に取り組んで判断を間違えたときは、真剣に叱りました。チームとしていい方向に導き、目標を達成するという使命がありますから。当時の部下から「怖かった」と言われます。


私は入社後に鹿児島県の川内工場に配属され、入社2カ月で「アメーバリーダー」に任命されました。資材の発注、納期の管理、経費項目の按分、他部署との調整なども任きれましたが、若造の言うことなど誰も聞いてくれません。どうやったら人に動いてもらえるか。自問自答しながら、他者との接し方を学びました。比較対象がない中で、ごく素直に京セラ流を吸収していったのです。


私の社長就任と同時に、稲盛は京セラ取締役を退任しました。以後、毎日出社するということはなくなり、意識して京セラから離れ、後進に任せようとしたのではないかと思っています。


川村誠の経歴・略歴

川村誠、かわむら・まこと。日本の経営者。京セラ社長。愛知県出身。静岡大学工学部卒業後、京都セラミック(のちの京セラ)に入社。ソーラーエネルギー事業部副事業部長、機械工具部長、取締役、機械工具統括事業部長、執行役員常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

高田旭人

私はもともと理系ですが、思考はロジカルに組み立てながらも、合理性だけでなく人間味や温かさがないといけないと思っています。皆がゴールに向かって走りやすい環境を作ることが目指しているスタイルです。


三谷宏幸

部下との意思決定の納得性を高めるために、自分では答えが見えていたとしても、情報収集や最終的な判断に至るプロセスを部下と一緒に行うことで、部下と認識を一体化する方法もあります。


大坪速男

事業経営は人生にとって最もやりがいがあり、一生懸命に専念していく内に味が出てくるものなのです。


内田和成

よく「ビジネスマンが読むべきものは何か」と聞かれるが、一律の答えはない。特定の目的で情報を集める場合は別だが、自分の感性に合うものを読めばいい。5分しかない日は5分を使った読み方、週末など時間があれば1時間を使った読み方をする。読むべきものや読み方を固定せず、感性の赴くままに目に留まったものを読めばいい。


三木雄信

議事録については、社内でフォーマット化しておくことを勧める。できればA4一枚を基本とし、記載は必要の最低限のポイントのみで、わかりやすく書き記す。そして、上司にもプリント配布かメール送信で報告し、チェックを受けよう。


藤田紘一郎

日本人はマスクや殺菌剤などで菌を排除する傾向にありますが、実は非常にもったいないこと。菌は私たちにとってむしろ、良い働きをしてくれることが多いのです。空気中や土壌、そして人の身体についている雑菌と呼ばれる菌は、むしろ積極的に身体に取り込むべきです。


大久保幸夫

若いころは会社に委ねてきたキャリアプランも、45歳を過ぎれば他人任せにせず、自己責任でしっかり判断し、組み立てていく必要があります。


木村英文(木村飲料)

私はカレーが好きでして、とくに小学校の給食に出たカレースープが大好物。給食のカレー味のラムネを作ったら同世代は泣いて喜ぶに違いないと確信して開発しました。ま、実際に、「まずいまずい」と喜んで買ってくれるのは30代までの若者ですけどね。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

私はいつも「試飲」「試食」「試聴」「試着」「試読」の「5つの試」を心がけている。試読は立ち読みのこと。時間があれば本屋に飛び込んで目についた本や雑誌を開くようにするだけでも、雑学の幅はどんどん広がっていく。


大塚辰男

当社は「めげない、逃げない、あまり儲けない」などと変なことを言っている会社なので、今度も私たち自身がワクワクし、お客様も「なんじゃ、これは!」と言っていただくくらいの方がいいなと。


ジョン・キム(経営者)

バーガーキングの日本のライセンス権を獲得した投資ファンドからスカウトされました。社長ポストを打診された時、とても興奮したのを覚えています。長年、夢見てきた社長の仕事は初めてですから。そして何より、日本でのバーガーキングの事業拡大にチャンスを感じたからです。


高田明(ジャパネットたかた)

ITが発達し、これだけ情報過多の時代になっていくと、変化に対応しているだけでは、お客さんを振り向かせることができなくなるんじゃないですか。むしろ、自分たちから「変化をつくり出していく」という気概がないと。変化対応では、もう遅いので、どう変化をつくり出していけるかがこれからの企業の課題になるでしょう。


鎌田靖

難しい話をそのまま難しく話しても面白くありません。ちょっとした驚き、お得な情報、トリビア的な雑学、何でもいいから「へぇ」と思わせなければ関心を持ってもらえません。関心を持ってもらえなければ、いくら丁寧に説明しても理解は進みません。


永守重信

企業買収は、全体を100とすると買収時点ではまだ20なんですよ。残りの80はPMI(買収後の一体化)。それを考えないとダメ。


三枝利行

不動産ビジネスの醍醐味はヒト、モノ、コトさまざまなものに興味を持つことが仕事につながっていく点だと思います。興味関心の集積体が形となって現われてくる世界、とでも言えばいいでしょうか。


ページの先頭へ