名言DB

9412 人 / 110637 名言

川村治の名言

twitter Facebook はてブ

川村治のプロフィール

川村治、かわむら・おさむ。日本の経営者。「テー・オー・ダブリュー」社長・会長。慶應義塾大学経済学部卒業後、テー・オー・ダブリューを設立。同社を東証一部に上場させた。

川村治の名言 一覧

自分がこれだけやっているのだからお前もやれ、というのとは違う。がむしゃらに仕事をしていると、自然と相手に厳しい言葉が出てくるものなのだ。


「考え方」の基本は利他の心。自分のところではなくお客様の儲かることを考える。当社は広告・宣伝業なので、お客様の商品がいかに売れるかがお客様のためになり、それが自分たちのためになるのです。


「熱意」は、それがあるのとないのとでは同じ提案をするにも、聞く方はその聞き方が非常に違ってきます。同業他社より熱意を持つ。経営陣の熱意は社員に伝わり、その熱意がお客様にも伝わります。


川村治の経歴・略歴

川村治、かわむら・おさむ。日本の経営者。「テー・オー・ダブリュー」社長・会長。慶應義塾大学経済学部卒業後、テー・オー・ダブリューを設立。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

吉原毅

どうしたら組織が活性化するのか、どうすれば社員が幸せに働いて、社会に貢献できるのか。私心なく会社と社会に奉仕できる人こそがリーダーにふさわしい。


ビル・トッテン

昔、大きな間違いをしました。かつてはトップダウンでノルマを決めていました。当然、社員はノルマを見るし、それを達成できなかったときの上司の顔色を気にします。お客様よりもノルマ、上司を気にするようになるんです。結果、売るために商品の欠点をお客様に言わなくなる。つまり、誠実ではなくなります。だからノルマの考え方を根本的に改めました。


永持孝之進

私はこういう人でなければつきあわない、などという堅苦しい信条があるわけではありません。袖振り合うも他生の縁といいます。たくさんの人と出会う中で、無理に選り好みをしなくても、自然に波長の合う人が残り、悪い人は自然と去って行くものです。


久瑠あさ美

人は過去に起こった経験にとらわれがち。「過去→現在→未来」という時間の流れを「未来→現在→過去」と逆に考えること。未来の自分のイメージが現在の自分を創る、というようにトレーニングするといい。


川村隆

「何も変えずに今まで通りに仕事をやっていれば、うまくいく」という考えでビジネスをしていたのが昔の日立。最高益で安心していたら、すぐ昔に戻ってしまうかもしれない。


荻原博子

毎月3万円を積み立てれば、10年後には360万円です。単純ですが、この積み重ねは大きい。投資うんぬんは、そうしたまとまったお金ができてからの話です。まずは借金を減らし、楽にお金が貯まる仕組みをつくりましょう。


小堺桂悦郎

私はこれまで資産家といわれる人をたくさん見てきましたが、そういう人たちに共通しているのは「帳簿にうるさい」ということです。豪快に遊んでいる人でも、帳簿はしっかりしていました。逆に資金繰りで苦しんでいる会社の経営者は、やはり帳簿を疎かにしている場合が多かったです。


羽鳥兼市

今の社名は、お察しの通り童話の『ガリバー旅行記』が由来になっています。実は、あの童話に出てくるガリバーというのは、別に巨人ではなく普通の人なんですよ。標準サイズの、どこにでもいそうなサイズの人間でした。ただ、たまたま小さな人たちの国にたどり着いてしまったから巨人扱いされてしまっただけであって、彼が巨人の国に行くと、今度は小さな人になってしまう。私たちの会社もそうだな、と感じたのです。地方で一番になって巨人のように見せかけても、その本質は変わらない。そうではなくて、目標は大きく掲げるけれど、達成したからといって驕ることなく謙虚な気持ちを忘れないようにしよう、そう思って社名を直前に変えたのです。


大崎洋(大﨑洋)

組織が固まらなければ、アイデアは泉のように湧いてきます。吉本ってなんか変わった会社やなー、わけわからんなー、外からは何やってるのかわからんかったけど、中に入ったらますますわからんなー(笑)。そういうフニャっとしたアメーバみたいな組織のまま、官僚的にならない程度のいいさじ加減で時代の空気を上手く吸っていれば、自然に面白いアイデアが湧いてくると思います。


庄田隆

より良い新薬を継続的に創出していけるかどうかという問題は、企業規模では解決できません。


板尾創路

映画は、各部門の職人が集まって作るもの。監督が頑張り過ぎると、職人さんたちの「遊び」がなくなっちゃう気がします。監督が寡黙だと、みんな考えて動きますよね。そこからいいアイデアが出てくる。


樋口武男

熱意は採用の絶対条件です。その熱意が本物かどうか、それを見抜くのが経営者の仕事。なかなか難しいですけどね。


安岡正篤

最高の教育を受けた人間も、その後の自己陶冶(とうや)を欠いては、立派な人間にはなり得ない。ごく劣悪な教育も、自己陶冶によっては、なお改善され得るものである。いかにも人間は陶冶次第です。「陶」とは焼き物をつくる、「冶」とは冶金の冶で、金属を精錬することであります。土を練り、焼いて、陶器をつくる。鉄を鍛えて鉄器をつくるようなもので、人間もやはり、焼きを入れ、鍛えるということをやらなければ、ものになりません。いくつになってもそうであります。


ジョン・キム(法学者)

上司の指示に戦略的に従うとしても、自分の物差しだけはたえず磨き続けることが重要です。誰でも最初は自分らしく働く気持ちを持っています。しかし、上司の物差しに合わせて仕事をしていくうちに、多くの人が自分に羽があったことを忘れ、いつしかペンギンのようにヨチヨチ歩くだけになってしまいます。やるべき仕事を徹底的にこなしつつ、自分の物差しを持ち続ける。そのためにも、「この仕事は自分の人生にどのような意味を持つのか」と自分に問い続けることが大切です。


阿部祐二

「どうすれば、効率よく英語を学べるんですか?」とよく聞かれるのですが、英語を効率よく学べる方法なんてありません。英語に関しては、様々な方法で勉強してきましたが、最も役立っていることは何かといえば、中学高校時代に英単語や英熟語をひたすら暗記したこと。