名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川村治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川村治のプロフィール

川村治、かわむら・おさむ。日本の経営者。「テー・オー・ダブリュー」社長・会長。慶應義塾大学経済学部卒業後、テー・オー・ダブリューを設立。同社を東証一部に上場させた。

川村治の名言 一覧

自分がこれだけやっているのだからお前もやれ、というのとは違う。がむしゃらに仕事をしていると、自然と相手に厳しい言葉が出てくるものなのだ。


「考え方」の基本は利他の心。自分のところではなくお客様の儲かることを考える。当社は広告・宣伝業なので、お客様の商品がいかに売れるかがお客様のためになり、それが自分たちのためになるのです。


「熱意」は、それがあるのとないのとでは同じ提案をするにも、聞く方はその聞き方が非常に違ってきます。同業他社より熱意を持つ。経営陣の熱意は社員に伝わり、その熱意がお客様にも伝わります。


川村治の経歴・略歴

川村治、かわむら・おさむ。日本の経営者。「テー・オー・ダブリュー」社長・会長。慶應義塾大学経済学部卒業後、テー・オー・ダブリューを設立。同社を東証一部に上場させた。

他の記事も読んでみる

鍵山秀三郎

一流大学を出た政治家と新幹線で乗り合わせたことがありますが、彼らは向かい合わせに椅子を倒し、飲み食いをした後、椅子を元に戻すわけでなく、後片付けもせずに降りていった。こんな人間はどんなに有名でも、地位が高くとも、人間としての評価はできませんね。世の中を良くしたいのであれば、人のものまで持って降りるくらいの気持ちが欲しいと思います。


宇都宮恒久

世間では当社のことをおもてなしの模範的企業と考えているらしく、「定着のノウハウを教えてほしい」というリクエストをいただく。しかし、秘策などない。長い年月が必要になってくる。


鍵山秀三郎

自分の欲望に基づいた目標達成を強いるのではなく、一人ひとりの社員が現場で注ぐ努力がどれほど尊いかを思い、その尊さに匹敵する公的な目標を設定する。経営者として大切なのは正しい目標をすえ、それに徹する覚悟ではないでしょうか。


高田明(ジャパネットたかた)

私は常々、思っていることがあります。それは人間というのは、年を重ねるにつれ、親や子供、部下、そして世の中全体など、どんどん多くの人を幸せにしたいという想いが生まれてきます。でも、その際に自分のレベルが足りないと、それを実現できません。そんな後悔を、社員にはしてほしくない。だから結局、社員にはどうしても厳しくなります。


柴山政行

部下に与える仕事の内容や難度は、おおむね年数に応じたものがいいでしょう。仕事を1年こなせば、1年分のキャリアはついてくると思うからです。そして、その経験に応じて価値が高まります。バランスシート上の数字には表れないものの、会社の目に見えない財産は着実に大きくなっていきます。


田中ウルヴェ京

実は自分のことは、自分では分からないものです。もしかしたら、あなたの成長を歯止めしているのはあなた自身かもしれません。


原晋

目標を数字や言葉にしようとすれば、嫌でもよく考えます。何度も日にすれば深く浸透しますし、目標への達成意識も強くなります。


大島武(学者)

どんな人でも周囲の評価や承認を常に求めているもの。それが「おだて」になっても、褒めてもらいたいと思っている人を褒めるのは大いにアリです。


田中ウルヴェ京

私の経験からも言えることですが、目標をたてて行動しても、やる気が出てこない時はあります。そんな時は、体を動かすことが大事なんです。やる気を持続させるには、適度に体を使い、刺激を与えることが大切です。たとえば、風邪の時はやる気が出ませんし、元気な時は力がみなぎっていませんか? それは、体の状態が心に大きな影響を与えているからなんです。


森田勉(経営者)

その場で見積もりを作ることが大切。間違えても端数部分の話でしょ。「社に戻って上司と相談して……」なんてやってたら、相見積もりを取られて、チャンスを逃してしまう。その場で見積もりが出せないようじゃ「頼りにならない」「こいつに仕事は任せられない」と思われる。


中山マコト

自分のスキルと個性を出し、スキマに入りこめれば、それなりの固定客ができる。そこで商売ができれば収入は確保できるはず。


竹中平蔵

14世紀イタリアで黒死病が流行した時、人口の約2割が亡くなるのですが、それでも生活水準は上がるのです。その理由は簡単で、痩せた土地を捨てて肥えた土地に集約する、比較優位の考えに立ったからです。つまり、無駄な部分を捨てて、人口が足りないだから競争力があるところに集約するのです。そうすることで生活水準が上がってルネサンスが起こったといわれています。日本もまさに今人口が減っているのだから、無駄な部分を捨てなければなりません。悪い会社は潰すべきです。