名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川本隆一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川本隆一のプロフィール

川本隆一、かわもと・りゅういち。日本の経営者。INAXの社長。愛知県出身。早稲田大学理工学部卒業後、伊奈製陶(のちのINAX)に入社。取締役、住空間事業本部設備事業部長、経営企画部長、常務、タイル建材事業部長、マーケティング部長、国際事業本部長、専務などを経て社長に就任。

川本隆一の名言 一覧

企画書に必要なのは複数の要素や特徴を落とし込み、読み手を感覚的にひきつける一言です。そのために、その機能の形態を何に例えるとわかりやすいかを考えることが必要になってきます。人間の心の機微をとらえた一言こそが読み手の気持ちを動かします。ものづくりという仕事は、そんな人の心の動きをつかみとる戦略なしには決して成立しません。


企画書で最終的に相手を説得するには、読み手が見たことも聞いたこともないものを、いかに上手な比喩で表現するかも重要です。技術者として図面を描くときは、あらかじめ完成図のブループリント(青写真)が頭の中にできているものです。しかし、部外者に説明するとき専門用語を使っても伝わりません。


企画書で必要不可欠なのは、コスト的な要素です。どんなに魅力的な商品でも、ビジネスとして成立しない企画は論外です。


理想的な企画書とは、何が何でもやるという熱意を大前提に、正確かつ簡潔で、ポイントだけが表現されているものです。ここでいうポイントとは、「Why(なぜやるか)」「What(何をやるか)」「How(どうやってやるか)」の3要素のうち、読み手が必要なものだけをわかりやすく述べることです。


商品開発に携わるようになって最初に手掛けたのは、電源の必要がない自己発電型自動水栓の企画書でした。形式にこだわらず書き上げましたが、綿密な調査をもとにした熱意が伝わったのか無事に実現し、第一回の省エネ大賞を受賞しました。


技術者だったころは、図面さえうまく描けていればよいと思っていました。けれど、商品開発に携わるようになってから、いろいろな人を巻き込み、動いてもらうような企画書を書かないと仕事はできないと思い知りました。


人の自我とは生まれながらのものではなく、親や自分を取り巻く環境によってつくられたものです。けれど、自分の心のありようこそ、最も冷静に見ることが難しいものでもあります。何かに対して怒り、嫉妬、絶望などの感情を覚えるとき、その根源は一体なんなのか。重要な決断を下すとき、私利私欲や邪な心に犯されてはいないか。あえて冷静に振り返るように努めることで、真の解決策が見えてきます。


40歳くらいのとき、仕事で壁にぶつかり、思うように周りから評価もされず、非常に迷っていた時期があります。かの孔子は「四十にして惑わず」と述べていますが、凡人にとっては、なかなかそうはいきません。逆境にあって、人生とは何か、生きるとは何かを真剣に考えさせられました。


仏教の言葉で「実のごとく自心を知る」というものがあります。ありのまま己の心を知るという意味です。自心は自分が一番知っていると思い込んでいるのが、じつは大間違いであり、それとじっくり向き合うことで、真実に気づくことができるのだと説いている言葉です。


経営者にとって、自らの命(めい)、すなわち社会に対する役割を強く意識するようになりました。仕事を通じて社会貢献することを、人生の一部として歩んでいこうと思っています。


私たちが人生です遇する悩みや迷いは、すべて己の心から生み出されるものです。だからこそ、自らのうちにあるものを常に客観的に見る努力を忘れてはいけません。


川本隆一の経歴・略歴

川本隆一、かわもと・りゅういち。日本の経営者。INAXの社長。愛知県出身。早稲田大学理工学部卒業後、伊奈製陶(のちのINAX)に入社。取締役、住空間事業本部設備事業部長、経営企画部長、常務、タイル建材事業部長、マーケティング部長、国際事業本部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

片田珠美

欠点がなさそうに見える人、人生がずっとうまくいっているように見える人ほど、自分が嫉妬の対象になっていないか注意したほうがいい。フェイスブックを開けば、「友達」の暮らしぶりも家族の様子も手に取るようにわかってしまう時代です。不要な嫉妬を招かないためにも、SNSでは自慢と思われかねない投稿は控えたほうがよいでしょう。


柳井正

私は若い人に対して説教をするつもりはない。希望を持て、自分で自分の希望をつくれと言っているのです。私だって若いころはフリーターだったし、縁故入社で入った会社をすぐに辞めてしまって、ダメなやつと思われていた。将来のことなんて何も考えていなかった。他人に説教する資格なんてありません。ただ、仕事を通して研鑽を積んでいくうちに、仕事が面白くなって、一人前の社会人になることができた。私を育ててくれたのは仕事であり、社会です。


渡邉美樹

仕事をするうえで心得ておくべきことは、一にも準備、二にも準備、三にも準備。徹底した準備が仕事を成功させる。そこは当然、お客様を思う心もある。準備と心が揃って、ようやく楽しい時間を過ごしてもらうことができるのだ。


上田健一(経営者)

誰が担当しても同じクオリティ、同じ性能のものがいつでも提供できるような体制にしなければならない。「チームで動き、チームで勝つ」ことをモットーに、これまで培ってきた大手企業やエンドユーザーに信頼される技術力、問題発見および解決能力、それに創造力といった人間力の大切さを、若い世代に伝えていきたい。


高野研

想像できることを突き抜けろ。小さくまとまるな。


スウィフト

朝寝をする人間で、いっぱしの人間になった者など一人もいない。


大江英樹

老後に好きな仕事をするために、「社外人脈を広げる」こと。極論すれば、50歳以降は会社の人とは一切つき合わない。この歳になったら社内のポジション争いはすでに勝負ありです。社内での野心はそろそろ成仏させて、一個人としての働き方を見据えて動くべきです。


渥美育子

日本企業がこれまで取り組んできたのはグローバル化ではありません。国際化です。グローバル化と国際化は似たようなイメージを持たれますが大きく違います。国際化は日本を起点に考えています。日本人は日本の考え方をもとにして海外を見る傾向にあります。逆に海外からどのように見られているかは考えられていません。一方でグローバル化は地球単位で物事を考えなければなりません。


眞鍋政義

監督、選手だけでなくスタッフを含め一丸とならなくては勝てるチームはつくれません。そこで個々のスタッフの役割を明確にして、任せるべきことは任せました。一人一人を責任あるポジションに置けば「自分はこのチームに貢献している」という意識を持ち、チーム全体の一体感も高まるだろうという期待からです。


坂本孝

諦めずに正しいことを続けていれば、必ず花開く。


角田秋生

米国や南米に進出して35年以上が経ちましたが、年数と経験を重ねていくと、だんだんと各国で共通の課題が表れてきます。日本で30年前に起きた課題がいま、北米で起きているということもあります。そんな時は、過去にその課題を解決したことのある日本のインストラクターが北米へ行き、自分の経験を語ることが可能です。日本で長い時間をかけて見いだした解を、知恵として伝授できます。これは、世界中で同じ教材を使っている強みのひとつであり、私たちの価値観を共有するうえでとても役立っています。


横田雅俊

部下の営業活動を的確に把握しようとすれば、目の行き届く人数はおのずと限られる。優秀なマネジャーでも、せいぜい5から6人が限度。それ以上の部下がいる場合は、5から6人単位のチームに分けて、それぞれのチームリーダーをフォローするといったやり方が最適だろう。