名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

川本佐奈恵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川本佐奈恵のプロフィール

川本佐奈恵、かわもと・さなえ。日本の英会話教師。英会話スクール「イングリッシュタイム」代表。32歳で3人の子供を育てながら英語の学習を開始。ひと言も話せない状態からスタートし、4年目には子供向け英会話教室を開校。そのほか、英会話カフェの主催、外国人観光客に対する通訳ボランティアなどを行っている。著書に『NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法』など。

川本佐奈恵の名言 一覧

完璧を目指さないで、6~7割できたら先に進むのが、英語の勉強を長続きさせる秘訣です。


ここでやめたら自分は何も達成していないという負い目を感じていた昔の自分に戻ってしまう。そうした自分を変えたいという思いが強かったから、勉強を続けられたのだと思います。実際、性格も変わりました。「忙しいから」「子供がいるから」などと言い訳を言うことがなくなりましたから。


英語の勉強を続けられた一番の理由は、学習仲間をつくったことだと思います。勉強を始めて1年ほどは、NHKのラジオ講座を勧めてくれた友人を相手に、週に1度、ダイアローグ(対話)のロールプレイングをしていました。ディクテーション(聴こえてきた英語を書き取る訓練)を始めてからは、「やさしいビジネス英会話」を聴いている人が集まるメーリングリストを見つけて、そこに自分が書き起こした英文を毎日投稿することにしました。すると、添削してくれる人が何人も現れました。そうなると、勝手にやめるわけにはいきません。「よく聴き取れたね!」といった励ましの言葉も支えになりました。


NHKラジオ英会話を聴き始めて2年後、ディクテーション(聴こえてきた英語を書き取る訓練)も始めました。最初は何度聴いても、何を話しているのかさっぱりわかりませんでした。ノートは穴ぼこだらけ。それでも毎日続けていると、少しずつ聴き取れる部分が増えていくんですね。こうして徐々にですが耳が開いていったのです。正解のテキストがないのがかえって良かったんです。正解が手元にあると、2・3回聴いただけですぐ答えを見ちゃうので(笑)。


英文法は英語の口慣らしをある程度やってから勉強したほうが理解しやすいのです。私はNHKの「ラジオ英会話」を聴き始めて1年後に、文法を基礎から学べる「基礎英語3」という番組も聴き始めたのですが、学生時代に苦手だった文法が面白いように頭に入ってきたので驚きました。おそらく、繰り返し口に出すたびに、言葉の並び方や動詞変化のパターンが自然と頭に入っていたからでしょう。


英文法は後回しでいいのです。文法の勉強って、つまらないですよね。だから長続きしない。でも、音を真似するだけなら、自分が上達していくのが実感できて楽しいし、達成感も得られます。音の模倣から入るのは、飽きずに続けるためのコツでもあるんです。


英語を始めた当初、私はNHKのラジオ英会話を意味がよくわからなくてもとにかく真似をして、少しでも録音された声に近づくようにしました。カラオケで歌を覚えるときと同じです。料理をしているときも洗濯をしているときも、耳にイヤホンを突っ込んで音を聴きながらブツブツ。ご近所にはとても見せられない姿でした(笑)。


32歳で勉強を始めるまで、英語をひと言も話せなかったんです。専業主婦として3人の子育てに追われ、英語とは無縁の生活でした。そんな私が英語の勉強を始めたのは、「このまま何ひとつ成し遂げることなく、歳を取っていくのは絶対に嫌だ」という気持ちがあったからです。


川本佐奈恵の経歴・略歴

川本佐奈恵、かわもと・さなえ。日本の英会話教師。英会話スクール「イングリッシュタイム」代表。32歳で3人の子供を育てながら英語の学習を開始。ひと言も話せない状態からスタートし、4年目には子供向け英会話教室を開校。そのほか、英会話カフェの主催、外国人観光客に対する通訳ボランティアなどを行っている。著書に『NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法』など。

他の記事も読んでみる

柴田昌治(コンサルタント)

世の中のあらゆる物事は、混乱を乗り越えて初めてより高いレベルに到達する。裏を返せば、「混乱のない組織は進化しない」ということ。


高田明和

座禅を組んで、姿勢を正すと、この瞬間に精神を集中させる働きがある脳の前頭前野が刺激されます。そのため、過去のことを思い出して、くよくよ悩まなくなるのです。私も毎朝10分座禅をしています。不安定な気持ちになったり、嫌なことが頭に浮かんだら、座禅をするのがおすすめです。


船ヶ山哲

新しい広告の取り組みを行なう際は、今までの常識を一度、脳から追い出し、フラットな状態で顧客開拓を行なってください。そうすることで、今までとは違った顧客層を開拓することができ、新たな収益の柱ができる可能性が生まれます。


田中雅子(経営学者)

日々の仕事のなかに、理念浸透のカギは潜んでいます。だからこそ、チャレンジングな仕事の提供や、成果を上げた人に正しく報いる組織を構築していくことが肝要。


ヨシタケシンスケ

僕の中ではヘンリー・ダーガーがある種の憧れで、死の直前まで存在さえも世間に知られていなかった彼のようにただ好きなものを描き、後に偶然見つけた人に「いったいこれは誰が描いたんだ」と思ってもらえるのが理想です。でも、描いている以上、やっぱり認められたい欲はゼロじゃないし、年を重ねるとつい教訓めいた「いいこと言っちゃいたい欲求」に駆られることもありますが、やっぱりそれをやっちゃうとダメだと思うんです。だから僕の絵や本を見た友達に「楽しそうにやってるねえ」と言われたときはとても嬉しかった。


劉海涛

成長し続けるには変化に対応できるかどうか、それが一番大事。


吉川良三

世界市場に臨むにあたって最も重要なことは、意思決定を速くすることである。物事を速く決めて、とにかく先頭を走る。二番手ではダメなのだ。


宇佐美進典

過去の成功事例に縛られたり、固定概念や先入観にとらわれてしまうのではなく、何のために始めたのか、顧客は誰なのか常に自問自答し、疑問があれば周りのクルーと議論しつくすことも必要です。疑問を持たぬまま、また疑問を持ったまま解決せずに進むことはとても危険です。


藤森義明

部下が自分で限界をつくっているときは、どんな目標を立ててきても、絶対に承諾しません。上司としてもっと高いレベルに引き上げていきます。


鳥羽博道

チャンスは自分から積極的に仕掛けなければならない。さもなければ、目の前を通過する商機をみすみす見逃してしまうことになる。ただし、商機といものは、たとえどんなに自分が正しいと思っていることでも、「時」すなわち時代の大きな流れ・時代的背景・社会の成熟度と、「機」すなわちそのことを起こそうとする機会が合致して初めて、味方になってくれるものだ。商機が到来するまで待つということも大切なことだと思う。


森辺一樹

消費財メーカーにとって、アジア新興国で最も重要なターゲットは中間層であり、全ての戦略軸は中間層になくてはならない。どうしたら彼らに買ってもらえるのかを突き詰めていくことこそが、唯一の成功の近道。


小宮一慶

反省のない人は、物事がうまくいかない原因を自分の外に求める。たとえば、リーマンショックで倒産した経営者の多くは、環境が悪かったと嘆いていました。でも、リーマンショックでも99%の会社は倒産していません。倒産の原因は環境ではなく、あくまで自分にあるのです。