川本佐奈恵の名言

川本佐奈恵のプロフィール

川本佐奈恵、かわもと・さなえ。日本の英会話教師。英会話スクール「イングリッシュタイム」代表。32歳で3人の子供を育てながら英語の学習を開始。ひと言も話せない状態からスタートし、4年目には子供向け英会話教室を開校。そのほか、英会話カフェの主催、外国人観光客に対する通訳ボランティアなどを行っている。著書に『NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法』など。

川本佐奈恵の名言 一覧

完璧を目指さないで、6~7割できたら先に進むのが、英語の勉強を長続きさせる秘訣です。


ここでやめたら自分は何も達成していないという負い目を感じていた昔の自分に戻ってしまう。そうした自分を変えたいという思いが強かったから、勉強を続けられたのだと思います。実際、性格も変わりました。「忙しいから」「子供がいるから」などと言い訳を言うことがなくなりましたから。


英語の勉強を続けられた一番の理由は、学習仲間をつくったことだと思います。勉強を始めて1年ほどは、NHKのラジオ講座を勧めてくれた友人を相手に、週に1度、ダイアローグ(対話)のロールプレイングをしていました。ディクテーション(聴こえてきた英語を書き取る訓練)を始めてからは、「やさしいビジネス英会話」を聴いている人が集まるメーリングリストを見つけて、そこに自分が書き起こした英文を毎日投稿することにしました。すると、添削してくれる人が何人も現れました。そうなると、勝手にやめるわけにはいきません。「よく聴き取れたね!」といった励ましの言葉も支えになりました。


NHKラジオ英会話を聴き始めて2年後、ディクテーション(聴こえてきた英語を書き取る訓練)も始めました。最初は何度聴いても、何を話しているのかさっぱりわかりませんでした。ノートは穴ぼこだらけ。それでも毎日続けていると、少しずつ聴き取れる部分が増えていくんですね。こうして徐々にですが耳が開いていったのです。正解のテキストがないのがかえって良かったんです。正解が手元にあると、2・3回聴いただけですぐ答えを見ちゃうので(笑)。


英文法は英語の口慣らしをある程度やってから勉強したほうが理解しやすいのです。私はNHKの「ラジオ英会話」を聴き始めて1年後に、文法を基礎から学べる「基礎英語3」という番組も聴き始めたのですが、学生時代に苦手だった文法が面白いように頭に入ってきたので驚きました。おそらく、繰り返し口に出すたびに、言葉の並び方や動詞変化のパターンが自然と頭に入っていたからでしょう。


英文法は後回しでいいのです。文法の勉強って、つまらないですよね。だから長続きしない。でも、音を真似するだけなら、自分が上達していくのが実感できて楽しいし、達成感も得られます。音の模倣から入るのは、飽きずに続けるためのコツでもあるんです。


英語を始めた当初、私はNHKのラジオ英会話を意味がよくわからなくてもとにかく真似をして、少しでも録音された声に近づくようにしました。カラオケで歌を覚えるときと同じです。料理をしているときも洗濯をしているときも、耳にイヤホンを突っ込んで音を聴きながらブツブツ。ご近所にはとても見せられない姿でした(笑)。


32歳で勉強を始めるまで、英語をひと言も話せなかったんです。専業主婦として3人の子育てに追われ、英語とは無縁の生活でした。そんな私が英語の勉強を始めたのは、「このまま何ひとつ成し遂げることなく、歳を取っていくのは絶対に嫌だ」という気持ちがあったからです。


川本佐奈恵の経歴・略歴

川本佐奈恵、かわもと・さなえ。日本の英会話教師。英会話スクール「イングリッシュタイム」代表。32歳で3人の子供を育てながら英語の学習を開始。ひと言も話せない状態からスタートし、4年目には子供向け英会話教室を開校。そのほか、英会話カフェの主催、外国人観光客に対する通訳ボランティアなどを行っている。著書に『NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法』など。

他の記事も読んでみる

岩村水樹

書類をクラウド上で管理し、チームでシェアすれば、離れた場所からもアクセスでき、メンバーと共同で編集できます。この方法を応用すれば、離れた場所で仕事をするメンバー同士がアイデアを膨らませていくことも可能です。困った時には「ちょっといい?」とチャットで聞けば、まるでそばで会話しているかのようにメンバーの反応をうかがうことができる。さらに、ビデオ会議で顔を見ながら話せば、コミュニケーション上の齟齬は減ります。


岡本太郎

よく「どうしてそんなに自信があるんですか」とか、「自信に満ちていてうらやましい」と言われる。だが、僕は自信があるとは思っていない。自信なんてものは、どうでもいいじゃないか。そんなもので行動したら、ロクなことはないと思う。ただ僕はありのままの自分を貫くしかないと覚悟を決めている。それは己自身をこそ最大の敵として、容赦なく闘い続けることなんだ。


野口弘子

パークハイアットに入って驚いたのは、グローバルな視点で情報収集・分析された最先端レベルの知恵が、システム化されて入ってくることでした。


小林達夫(経営者)

当社では営業担当者がお客様と接して、そこですくい上げてきたニーズを技術部隊に投げます。「こういうものが造れないか」「こんなアイデアはどうだろうか」と、現場と技術と営業で議論をして商品を開発します。


岩崎裕美子

働くママの発想がヒット商品を生む。


峯島忠昭

不動産投資というと単純に利回りに注目が集まりがちですが、重視すべきは利回りと借入金利の差である「イールドギャップ」です。これを見極め、毎月しっかりとお金が手元に残る環境をつくることが大事。キャッシュを確保できていれば、リスクに直面したときに冷静に対応することができます。


福岡かつよ

研修依頼のお声がけいただいたら、最初に行うことは、組織の現状や悩み、そして最終的に目指すラインまで細かくお聞きした上で弊社が提案できる内容をご説明し、ご理解いただいた上で「本当に私どもでいいか」を改めて判断していただくことです。研修をすることは、組織にとって最も大切な人材をお預けいただくようなもの。最も重要な資産への投資をお任せいただくわけですから一分の齟齬(そご)があってもいけません。相互の信頼が成り立って初めて成果が生まれるからです。


平野友朗

メールのマナーという観点では、返信のタイミングも重要。すぐに結論が出せない場合でも、何らかの返信を24時間以内に出しておいたほうが、相手は安心します。


成毛眞

もっと柔軟に考え、刹那的でいいと思う。目の前のことに集中し、変化に対応して、ベストのスタンスを維持し続けていくことが大事。


加地倫三

飽きられない努力をすることが大事です。それにはやっぱり新しいものを探すしかないんです。焼肉でも毎日食べていたら飽きちゃうでしょ。でも、視聴率を気にすると、どうしても焼肉、焼肉となる。そうやって守りに入るから、すぐに飽きられてしまうんです。だから僕らは、あえて視聴率を落とすという意識で、新しいことにチャレンジする。それがなくなったら終わりですから。


吉越浩一郎

気力、すなわち「自信とやる気」があってこそ能力を出せるのです。そしてその気力は、体力という基盤がなくては維持できません。これらの基盤を確かなものにするために、休息が不可欠なのです。能力を発揮するには、気力が落ちた段階で休むことが大事。日本人はそこを通り越し、体力が損なわれるまで働いてしまいます。体力を残した状態で週末を迎える欧米のビジネスマンとは対照的です。


ケインズ

私は諸君に乾杯をささげます。王立経済学会のために、経済学のために、ならびに文明の、託者ではなく、……文明の可能性の受託者たる経済学者のために。


樋口潮

スポーツ局転属後、夕方放送していた「ニュースの森」の制作を希望しました。負けず嫌いなんですよ。他のスポーツ番組には同期がいて、彼らの下につくのがイヤだった。あと「ニュースの森」のスポーツコーナーは人数が少なかったので、何でも社員がやらざるを得なかったことも希望理由でした。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

巣箱の利益にならざることは、ミツバチの利益にもなり得ず。
【覚書き:社会・国家と個人との関係について語った言葉。巣は社会や国を、ミツバチは国民をあらわしている】


齋藤勇(齊藤勇)

突然の訪問や急な頼みごとをしたときに、相手が怪訝な顔をするなど、不快感を示した場合には、無理に「そこをなんとか」と詰め寄らず、即座に撤退。そうすることで、相手にネガティブな印象を残すことなく、次の機会をうかがうことができます。一度のアタックで難色を示されても、相手との距離を少しずつ縮めながら根気強く接していくことで、次第に心の距離も縮めることができます。


ページの先頭へ