名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川崎貴聖の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川崎貴聖のプロフィール

川崎貴聖、かわさき・たかまさ。日本の経営者、公認会計士。「レッドホースコーポレーション」社長。茨城県出身。東京大学農学部卒業後、あずさ監査法人を経て、株式会社コーポレイト・ディレクションに参画。同社中国法人社長を務めた。香港科技大学でMBAを取得。レッドホースコーポレーション社長を務めた。

川崎貴聖の名言 一覧

当然のことですが、海外進出の戦略は国ごとに違います。その国を深く理解している人材がいなければ成功しません。そこで、当社が徹底しているのは、現地の人に任せるということです。


戦後の世界は、あまりにも西洋的な論理の価値観に覆われてしまっています。けれども、論理だけではダメ。アジアの価値観を見直すべき時期に来ている。急成長のなかで改めて生き方が問われるようになった現在、その価値が再認識される可能性があります。それを、ビジネスを通じて発信していきたい。


日本を愛し、日本の良いものをアジアに広げたいと考えるからこそ、日本のやり方の押し付けは禁物です。だから、現地の人材を起用するし、コミュニケーションを重視する。私はどんなに忙しくても中国語の勉強を欠かしませんし、たとえ一通のメールであっても疎かにはしません。


現地の人に任せるということは、使う言語が違う、育った文化も違う人材を登用して仕事をしていくのですから、コミュニケーションの苦労はあります。たとえば、「例の件、大丈夫?」と聞いて、「大丈夫です」と答えても、日本人と中国人では「大丈夫」の基準が違います。良い悪いではなく、コミュニケーションの前提がお互いに違うということを理解しなくてはいけません。


当社では北京・上海・台湾のオフィスをすべて現地の人に任せています。任せることで、現地のことを深く理解して事業を展開できるため、このやり方は私たちの大きな強みになっていると考えています。


政治の動きを注視すること、そして、戦略の前提が崩れたらすぐに手を打つことが、中国でビジネスをするうえでは欠かせません。


「試しに小さくやってから、大きく育てよう」という発想で事業を立ち上げる企業が多い。成熟市場である日本にはそれが適した方法なので、クセになっているのでしょう。しかし、巨大な中国市場では、砂漠に水を撒くようなことになってしまいます。これでは勝てません。


川崎貴聖の経歴・略歴

川崎貴聖、かわさき・たかまさ。日本の経営者、公認会計士。「レッドホースコーポレーション」社長。茨城県出身。東京大学農学部卒業後、あずさ監査法人を経て、株式会社コーポレイト・ディレクションに参画。同社中国法人社長を務めた。香港科技大学でMBAを取得。レッドホースコーポレーション社長を務めた。

他の記事も読んでみる

二村俊一郎

忙しく働きつつ、「リタイアしたらあれもしよう、これもしよう」と楽しみにしているのが一番いい。


石渡美奈

もともとは直感から会話を組み立てるタイプなので、ビジネス・シーンの論理的な話し方になれるのは苦労しました。経営に携わるようになって、これではいけないと本を読んだり、コーチングを受けたりして、意識してトレーニングした結果、少しずつできるようになってきました。


北尾吉孝

自分の能力を自分で限定し自らの限界を自ら規定しないためにも、夢は出来るだけ大きく持ち続けるということが大事だと思います。


新藤兼人

かつて人生50年と言いました。医学が進歩し、環境が整備されたいまは、人生80年です。それも枯れ木のように老いた期間が長引いたのではなく、才能や知識、見識、経験が頂点に達した期間が引き伸ばされました。いまの80歳といったら、昔の60歳くらいでしょう。まだまだ能力はあります。しかも、それは挫折と闘い、それを乗り越えてきた能力だから、覚悟とか勇気とか生き方とか若い人にはないものが含まれます。そういう年齢自体がひとつの才能です。


太田光代

性格が合う人がいる一方で、合わない人もいる。人間関係はそれが当たり前。たまたま、あなたとその人のウマが合わなかっただけのことです。どちらかが悪いという話ではありません。


岸見一郎

多くの人が質的な幸福を求めて働けば、会社の雰囲気もまた変わるかもしれません。量的な成功ばかりを追求する会社では、疲弊して、誰も働きたくなくなるからです。結果的に、生産性も低くなるでしょう。しかし、質的な幸福を求めればどうでしょうか。誰かの役に立っているという「貢献感」が、やりがいを見出すきっかけとなり、仕事がより楽しいものに変わる。結果として、生産性も上がるはずです。また、生活のために仕方がなく働くのではなく、嬉々として働いている姿を家族が見れば、家庭にも良い影響が出てきます。そうすれば、ワークライフバランスが、単なる時短を目的とした取り組みではなく、もっと本質的な意味で議論されてくるのではないでしょうか。


是枝伸彦

当社は会計、財務、税務のソフトを独自開発し、それを専用機に載せて販売しています。それぞれの会社向けに作りこんだコンピュータですから、顧客はすぐにその機会を動かせる。そこを評価されて、当社は業績を伸ばしてこられたわけです。当社の製品は他の機器と接続しないスタンドアローン方が主流だったのですが、最近は企業の情報システムが変わり、ネットワーク型でないと買ってもらえなくなった。しかも、インターネット対応型でないと駄目なんです。


加留部淳

両社の社員を融和させるため、お互いのよさを認め合うことを重視した。旧豊田通商出身者は、任された仕事をしっかりやる農耕民族型。旧トーメン出身者は、自ら商材を見つけ出して顧客を開拓する狩猟民族型だ。どちらの人材にも利点があるが、両者が学び合うなかで、両方のよさを持ち合わせたハイブリッド型も生まれている。
【覚え書き|トーメンとの合併について】


嶋浩一郎

相手に合わせたたとえ話や言葉は成否を分けるポイントとなる。神は細部に宿る。疎かにしてはならない。


植木理恵

頭のいい人と聞くと、図書館に本がずらりと並んでいるように、脳内に知識がみっちりと詰まっている様子を連想しますが、実はそうではなく、せいぜい本棚が5つから7つくらい。逆に言えばそれしか本棚がないから、整理整頓が行き届いて、必要な本を素早く取り出せるのです。


厚切りジェイソン

苦労してTOEICで高い点数を取ったのに英語が話せない? 当たり前だよ! 出世のために実用性のない英語を勉強しても意味はないよ。いつまでも英語が話せない人は、話そうとしていないだけ。話せるようになるかどうかは「場数」で決まる。米国の赤ちゃんが英語を話せるようになるのは「場数」を踏むからだよ。今は、日本にいても無料で英語も聞けるし、外国人も増えたから、英語を話せるチャンスも増えているはず。


川口能活

試行錯誤はしたんですが、なかなか思うような結果は出ませんでした。そんななか、ようやくシーズン終盤になってたどり着いたのが、原点に戻ることです。とにかく明るい雰囲気を作ること。ここにいる選手もスタッフもみんな最初はサッカーが楽しくて、好きでボールを蹴り始めたんだと思うんですよ。その原点に戻り、たとえ勝てなくても雰囲気を良くしよう、と。リーグ戦の残り5試合ぐらいからはあえて厳しいことを言わずにいました。選手一人ひとりの力を、みんなを信じてやっていこうと。入れ替え戦では、その気持ちが、最後の最後で報われたのかなと思います。