名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川崎博也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川崎博也のプロフィール

川崎博也、かわさき・ひろや。日本の経営者。「神戸製鋼所」社長・会長。和歌山県出身。京都大学大学院工学研究科修了後、神戸製鋼所に入社。IPP本部建設部長、加古川製鉄所設備部長、執行役員、常務執行役員、専務執行役員などを経て社長に就任。

川崎博也の名言 一覧

行って動かせ、行けば動く。


リーダーとしては「泰然自若」であるべきと自らを戒めた。みんなが焦っても、上司まで焦るとミスリードしてしまう。緊急時ほどゆとりを持つよう心がけた。


マネジメントで重要なことは「行動」。「行」と「動」に尽きる。問題が起きたら、「行って動かせ、行けば動く」。わからなければ、行って聞け、聞けば必ず教えてくれる。


中国や韓国のメーカーも自動車用高張力鋼板をつくれるほど実力が高まり、世界的にも供給力が過剰になっている。もはや、景気循環型の構図は成り立たない。


当社は複合経営の強みで専門家が幅広くいる。行って聞けば必ず教えてくれる。それが総合力の強みだ。


東日本大震災後、現場の不眠不休の働きで2カ月後に奇跡の復活を遂げた高炉を止めることについては悩んだ。ただ、私には従業員、その家族、関連会社の人々に幸せになってもらう責任がある。「川崎が止めた」といわれようと、今しかないと決断した。


火力発電所建設の陣頭指揮を執ったとき、試運転開始後は想定外のトラブルの連続。不安から弱音を吐く技術者たちを「大丈夫だ」「必ず一歩一歩進んでいる」と現場で支えるのが私の役割だった。そのため、部下以上に専門書を読み、必死に考えた。入社以来、一番大変な仕事だったが、失敗の許されない重圧と闘い、完成させてくれた部下には感謝している。


神戸製鋼が今後も鋼材事業を核に、鉄・銅・アルミの素材事業、建設機械などの機械事業を二本柱とする複合経営を続けるにはどうするか。まずは高炉を集約して鋼材事業のコスト競争力を高める。そのうえで得意な品種で利益を確保し、機械系を拡大し、電力供給事業を第三の柱に育てる。それが勝ち残り戦略だ。


川崎博也の経歴・略歴

川崎博也、かわさき・ひろや。日本の経営者。「神戸製鋼所」社長・会長。和歌山県出身。京都大学大学院工学研究科修了後、神戸製鋼所に入社。IPP本部建設部長、加古川製鉄所設備部長、執行役員、常務執行役員、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

羽鳥成一郎

社員への働きかけでは、私にも失敗があります。社長就任直後、身近にいた役員を飛び越して、社員全員に改革をアピールしました。ところが、疎外感を抱いた役員との間で軋轢が生じ、状況はより悪くなってしまいました。改革は一人ではできません。全員とコミュニケーションをはかるのは物理的に不可能ですが、直属の部下を無視してはいけません。


田原総一朗

商売で成功する秘訣はよくわかりません。ただ、失敗するパターンはある。それは値下げ。価格を下げることでしか勝負できなくなったら、たとえ名経営者でもかなりの確率で失敗する。


澤田秀雄

現場では「お客様目線」で、つまりお客様が感動するかどうかを基準にして、サービスやレストランの味など、あらゆることを見ています。ペンキが剥げていないか、場内の案内板はわかりやすいか、ゴミは落ちていないかなど、お客様が不満に感じるだろうことすべてに目を光らせ、至らない点が見つかれば、すぐに改善を指示しています。


松井賚夫

人は成長するには時間がかかります。しかし変化するには一瞬で足りるのです。ある地方都市で、入社5年目でBMWの新車を年間122台売って日本一になったセールスマンがいました。その彼も入社1年目にはたった7台しか売れませんでした。「田舎では新車は売れない。会社を辞めよう」と思ったそのとき、支店長が言いました。「ここで一花咲かせてみろ。いま辞めたらどこに行っても同じことの繰り返しだぞ!」。この一言が彼の迷いを吹き飛ばしました。平凡なセールスマンが凄腕セールスマンに返信した一瞬です。


酒井誠(経営者)

ベンチャーキャピタルで経営者と接することで経営とはどのようなものかを学びました。会社に営業、技術、管理があるとすると、営業が弱ければ技術が強くても売れない。技術と営業が良くても管理が杜撰であれば行き詰まる。経営にはバランスが必要だと学びました。


箭内道彦

博報堂時代、頭を金髪にして、ど派手な服を着ていました。そんなふうにしたのは、弱い自分を隠すためです。金髪なのに、つくっているものがつまらなかったらカッコ悪いですよね。先に金髪にして、それに見合う面白いものをつくらなきゃ、と自分を追い込もうと思ったのです。


前澤友作

ZOZOTOWNは通販事業のため、大きな物流センターが必要ですが、これは期間限定で借りているものです。借金をして自前で大きな倉庫をもって、何かあったときに周りに迷惑をかけてしまってはいけない。そう考えると、臆病というか慎重になります。でも、身軽でいるからこそいろんな挑戦ができるという面もあります。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

「同期のあいつがマンションを買ったから」と、横並び意識から無理をするのも禁物です。たとえ給料が同じでも、その人の実家は資産家なのかもしれませんし、奥さんがご主人以上に収入があるのかもしれません。また、金回りがよさそうに見える人でも、家計の内実は火の車で長続きしないケースも多いのです。


田才昭二

いつも貧乏してかけ蕎麦ばかり食べていたので、少し成功すると天ぷら蕎麦を食べたくなる気持ちは誰にでもある。でも、さらなる成長を求めるなら、贅沢は一週間だけと決めて、常に顧客の視線まで降りてこなければならない。


三浦善司

私が手帳に細かく書き込むのは、自分の頭を整理するためです。仕事をしていれば当然、小さなことから大きなことまで、いろいろなことが押し寄せてくるでしょう。それを一つひとつ覚えておこうとすると、頭の中がぐちゃぐちゃになってしまいます。そんな時は、やるべきことを手帳に言いて「忘れる」。つまり、書いてリセットすることで、頭を整理するわけです。そのため、「やるべきこと」ばかりでなく、「自分が弱気になっていること」も手帳に書き込んで、意識的に忘れようとすることもあります。


高田明(ジャパネットたかた)

失敗と言えば私も何度か、本番中に携帯電話を鳴らしたことがありますよ。しかも電話に出て、「ごめん、いま生放送中」って(笑)。まあ、これは好き勝手にやりすぎかもしれませんが、失敗を過剰に恐れる必要はないと思います。


大野直竹

管理職や経営者は、長期的視点を持つ一方で、短期的視点を兼ね備え、自ら「いまの現場」を回り続けることが必要。私は社長時代、「現場に最も近い経営者であり続けよう」と考えていました。