名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

川崎博也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川崎博也のプロフィール

川崎博也、かわさき・ひろや。日本の経営者。「神戸製鋼所」社長・会長。和歌山県出身。京都大学大学院工学研究科修了後、神戸製鋼所に入社。IPP本部建設部長、加古川製鉄所設備部長、執行役員、常務執行役員、専務執行役員などを経て社長に就任。

川崎博也の名言 一覧

行って動かせ、行けば動く。


リーダーとしては「泰然自若」であるべきと自らを戒めた。みんなが焦っても、上司まで焦るとミスリードしてしまう。緊急時ほどゆとりを持つよう心がけた。


マネジメントで重要なことは「行動」。「行」と「動」に尽きる。問題が起きたら、「行って動かせ、行けば動く」。わからなければ、行って聞け、聞けば必ず教えてくれる。


中国や韓国のメーカーも自動車用高張力鋼板をつくれるほど実力が高まり、世界的にも供給力が過剰になっている。もはや、景気循環型の構図は成り立たない。


当社は複合経営の強みで専門家が幅広くいる。行って聞けば必ず教えてくれる。それが総合力の強みだ。


東日本大震災後、現場の不眠不休の働きで2カ月後に奇跡の復活を遂げた高炉を止めることについては悩んだ。ただ、私には従業員、その家族、関連会社の人々に幸せになってもらう責任がある。「川崎が止めた」といわれようと、今しかないと決断した。


火力発電所建設の陣頭指揮を執ったとき、試運転開始後は想定外のトラブルの連続。不安から弱音を吐く技術者たちを「大丈夫だ」「必ず一歩一歩進んでいる」と現場で支えるのが私の役割だった。そのため、部下以上に専門書を読み、必死に考えた。入社以来、一番大変な仕事だったが、失敗の許されない重圧と闘い、完成させてくれた部下には感謝している。


神戸製鋼が今後も鋼材事業を核に、鉄・銅・アルミの素材事業、建設機械などの機械事業を二本柱とする複合経営を続けるにはどうするか。まずは高炉を集約して鋼材事業のコスト競争力を高める。そのうえで得意な品種で利益を確保し、機械系を拡大し、電力供給事業を第三の柱に育てる。それが勝ち残り戦略だ。


川崎博也の経歴・略歴

川崎博也、かわさき・ひろや。日本の経営者。「神戸製鋼所」社長・会長。和歌山県出身。京都大学大学院工学研究科修了後、神戸製鋼所に入社。IPP本部建設部長、加古川製鉄所設備部長、執行役員、常務執行役員、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

渡瀬謙

絶妙なタイミングで、何かを決断した理由やその時の気持ちを聞かれると、つい話してしまうのが人間の心理です。そこで話が盛り上がると、こちらが聞いてもいない話までしてくれます。相手との距離がぐっと縮まります。


加賀見俊夫

私は議論する際、100%とは言い難いですが、90%以上は理論武装するようにしています。


レイ・クロック

いろんな人に会って、いろんな考え方を知ること、いろんな現象を分析する能力がなければ経営はできない。


臼井由妃

結局、どんなに節約しても病気や事故でリタイアすれば元も子もありません。だから、健康でいられる環境を作るためにお金を使うことが、私にとって最高の節約術ですね。


後藤高志

記者会見のときに、座右の銘はと聞かれて、「朝の来ない夜はない」と申し上げましたが、これは外に対してだけでなく、自分自身にも言い聞かせてやってきた。


高城幸司

会社は稼げる人を重宝する半面、そのスキルや経験が1人に集中することを嫌います。将来の事業拡大を担う人材を育成するためにも、仕事はどんどん任せる。この繰り返しが自分、そして組織の「稼ぐ力」を鍛えることにつながります。


永井浩二(経営者)

表層的なものにとらわれず、相手にとって本当に何が必要なのかを考える。そこから生まれた立ち居振る舞いが、いいマナー。


鈴木喬(経営者)

今までやっていたことは全部間違い。ガラガラポンですべて変える。これからは太陽が西から昇ると思え。
【覚え書き|エステーの経営再建着手時の発言】


大江英樹

損をしたくないという気持ちが、結果的に大きな損に繋がる。損をしたくないから、余計な手を打ったり、現実をごまかそうとする。その気持ちを捨てないと勝てない。


石田宏樹

会社とは、特定の理念(理想)を実現するために、人々が集まる「場」です。会社とは、そうした理念にそった価値を生み出す存在であり、他者から資本を預かる限り、成長し続けることを義務づけられています。ここまでは、これまでも、これからも変わらないし、変えてはならないと思います。


神戸貴子

「費用を抑えたいので介護保険を使えるサービスも」との声からヘルパーステーションも立ち上げました。「保険の隙間を補うんだから」という意地がありましたが、地域が求めるなら意固地になっちゃいけない。そうすることで私たちが一貫して利用者の暮らしを見守れるなら、何より安心していただけるでしょうから。


林修

真に優秀な生徒はこれまでで最も悪い点をとったとしても十分、合格圏内に入れるくらいの準備をしています。だから本番でもムリをしようとしなくて済むので平常心で臨めるし、自己ベストが出なくても心が折れるようなこともないのです。