川崎亘一の名言

川崎亘一のプロフィール

川崎亘一、かわさき・こういち。日本のギタリスト。ロックバンド「the band apart(ザ・バンド・アパート)」を結成。

川崎亘一の名言 一覧

のちのち、「あの曲はこう解釈すればよかったのか」と思うことが多いので、昔の曲はライブで成長を繰り返すんです。音源とライブで違うことをしているので、両方楽しんでもらいたいですね。


僕ら全員、好きな音楽が違うんです。だから正直理解できない部分もあって(笑)。でも誰かが良いというものを否定するのではなく、何が良いのか自分で探求するようになってからは、一気に音楽性の幅が広がり、さらに音楽を楽しめるようになりました。


僕たちが中堅になってきたので、次世代のバンドを育てたいと思っていて。でも、その必要がないくらい今の若い子は自己アピールが上手!


川崎亘一の経歴・略歴

川崎亘一、かわさき・こういち。日本のギタリスト。ロックバンド「the band apart(ザ・バンド・アパート)」を結成。

他の記事も読んでみる

幸田シャーミン光代

これからのビジネスパーソンの人生は、「線」ではなく「輪」になっていきます。従来は「勉強して、働いて、休む」という一直線だったのが、もはや10代、20代に学んだことだけで、一生やっていけるような時代ではないのです。多くの人が「勉強して、働いて、休む」というサイクルをずっと回していくことになるでしょう。


吉野真由美

「話が長い」と思われる人の話し方には、共通点があります。一つの文章が長く、また「~ですけれども」「~なんですが」といった否定的な接続詞でつながっていること。


冨山和彦

企業が大ばくちを打つために必要な条件のひとつは、ワンマン経営であることです。ワンマン経営は松下幸之助や盛田昭夫といった創業者の時代で終わっている。今のように熟議を尽くし、ボトムアップで物事を決める日本企業には、基本的に向いていない。日本の電機メーカーは、パワーゲームではノーチャンスです。


鈴木敏文

批判したい人にはさせておいて、我々はこれだと信じたことをやるだけ。


臼井由妃

好感はメール一行で盛り上げることもできるし、落とすこともできる。


上野金太郎

社員には「食わず嫌いになるな」とよく言っています。私自身、一番きつかった部署での日々が、一番充実していたと思うんです。


真壁刀義

20年プロレスでやってきたものがあるから、芸能の現場でも説得力が出るんだと思う。そういうプライドを持たないとだめだと思ってるよ。


渡辺章亘

私は21世紀の日本の文化を支える存在として、職人の世界が再評価されていいのではないかと考えています。自分がデザインしたものが職人によってどのようなプロセスで実現のモノになっていくのか、建築生産の泥臭い現場の部分を学生に教えていこうと思っています。


柴田昌治(コンサルタント)

社内外を問わず様々な人と積極的に関わるようにしてください。個人的な付き合いを通して得られるインフォーマルな情報こそが、最も重要だからです。


芝本裕子

美肌一族を売り出す際、不安がまったくなかった、というわけではありませんでした。でも私には、大勢の女の子が「こんな化粧品、可愛い」と感じたり、「こんな化粧品、使いたい」と思うものがわかっていたので。ある程度、人気を得られるという確信はありました。『JJ』という女性誌で読者モデルをやっていた時代に身につけた感覚なのだと思います。


永野重雄

独りよがりになるな。しかし、いったん信じたことは反対を恐れず思い切ってやれ。


伊藤嘉明(経営者)

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントでマイケル・ジャクソンのDVD「THIS IS IT」の記録的セールスを達成したとき私がやったことの一つが、新たな販売ルートの開拓です。スポーツ用品店やスポーツジムなどは、その一例。これらの店舗や施設は間口が広く、レンタルショップやDVDの販売店などでは貼れない巨大ポスターも展示できる。私から見れば、こんなにメリットの大きい場所はありませんでした。そこで取引先に営業に行ってみると、相手は「いいですよ。うちに置きましょう」と言ってくれて、数万単位で数字が積み上がっていった。


飯沼一元

国民の健康増進に寄与することで社会に貢献したい。


玉塚元一

ファーストリテイリングで知ったのは、商売を成功させるには共通の原理原則があるということ。例えば、明確なビジョンがあるか、経営理念が全社で共有されているか、スピード感をもってPDCAサイクルがまわせているか。その原理原則を叩き込まれ、大きな財産となった。


リチャード・デニス

トレードで運がどれくらいの割合を占めているのか、長い目で見ればゼロだ。一回一回のトレードの結果がもつランダムな性格ではなく、自分が正しいことをやっているかどうかに焦点を当てなさい。(リチャード・デニス、米国の株式投資家、トレーダー、400ドルの元手をトレーディングで数十億ドルへと増やした)


ページの先頭へ